2018年05月08日

長門の幸をガッツリと!青海島「第14回通なんでも市」(4)

 今日の山口県長門市旬の出来事は、5月4日(金)午後の長門の幸をガッツリと!青海島第14回通なんでも市その4を、ご案内致します。

 第14回通なんでも市のチラシ

 第14回通なんでも市8.5.4.jpg

 長門の幸をガッツリと!
 1番人気の魚つかみ取り

 小学生のみんなが、お魚とのバトル・・・大物をゲット

 魚つかみ取り1.jpg

 魚つかみ取り2.jpg

 魚つかみ取り3.jpg

 こちらは、ミニ魚つかみ取り
 ミニ魚つかみ取り.jpg

 通鯨唄保存会のみなさんによる「通鯨唄」
 通鯨唄.jpg

 青海島育ちのマッサン





posted by 青海島育ちのマッサン at 17:32| 山口 ☔| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山口県長門市青海島「大日比ナツミカン原樹開花」

 今日の山口県長門市旬の景色は、5月7日(月)午後の青海島大日比ナツミカン原樹開花を、ご案内致します。

 大日比ナツミカン原樹の説明

 大日比ナツミカン原樹説明.jpg

 大日比ナツミカン原樹は、西本家の庭にあります。
 大日比ナツミカン原樹.jpg

 この大日比ナツミカン原樹は、昭和2年4月8日、 国の史跡及び天然記念物に指定されています。
 大日比ナツミカン原樹説明石柱.jpg

 大日比ナツミカン原樹説明碑2.jpg

 大日比ナツミカン原樹の花
 ほのかな芳香をもつ白い花は山口県花にもなっています。

 大日比ナツミカンの花1.jpg

 大日比ナツミカンの花2.jpg

 長門ナツミカン物語
 原樹の真向かいにある、もう一本の小さなナツミカンの木は、この木も原樹と同じDNAを持っています。
 当時の橋本県知事から「山口県萩柑きつ試験場」に、「 大日比ナツミカン原樹が弱っているので守っていほしい」という電話があり、依頼を受けた山口県萩柑きつ試験場の方によって、昭和56年に原樹の枝の一部を切り取り、試験場内の一角に植えて大切に育ててきたそうです。

 そして平成20年3月末、試験場閉鎖に伴い、生まれ故郷の長門大日比に帰ってきました。


 長門ナツミカン物語説明.jpg

 大日比ナツミカン原樹DNA.jpg

 みなさんも、長門市青海島「大日比ナツミカン原樹」に、出かけられてはいかがでしょうか。

 青海島育ちのマッサン






posted by 青海島育ちのマッサン at 07:34| 山口 ☁| Comment(0) | 大日比 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする