2018年07月10日

元乃隅稲成神社 山口県長門市油谷地区津黄(1)

 今日の山口県長門市旬の景色は、7月10日(火曜)午後の油谷地区津黄に建立されている「元乃隅稲成神社」その1を、ご案内致します。

 元乃隅稲成神社(もとのすみいなりじんじゃ)は、昭和30年に、地域の網元であった岡村斉(おかむらひとし)さんの枕元に白狐が現れ、「これまで漁をしてこられたのは誰のおかげか。」と過去からの関わりを詳細に述べた後、「吾をこの地に鎮祭せよ。」というお告げがあったことにより、建てられました。
 商売繁盛、大漁、海上安全は元より、良縁、子宝、開運厄除、福徳円満、交通安全、学業成就、願望成就の大神として、地域の人々の信仰を集めています。
 昭和62年から10年間かけて奉納された123基の鳥居が、龍宮の潮吹側から100m以上にわたって並ぶ景色は、アメリカのCNNが日本の最も美しい場所31選のひとつとして取り上げました。


 表参道から元乃隅稲成神社を目指します。
 元乃隅稲成神社1.jpg

 朱色の鳥居は123基あります。
 元乃隅稲成神社2.jpg

 元乃隅稲成神社3.jpg

 元乃隅稲成神社は、断崖絶壁の上に建立されています。
 元乃隅稲成神社4.jpg

 元乃隅稲成神社5.jpg

 元乃隅稲成神社は、赤・青・緑のコントラストが美しいパワースポット!です。
 元乃隅稲成神社6.jpg

 明日は、元乃隅稲成神社その2を、ご案内致します。

 青海島育ちのマッサン










posted by 青海島育ちのマッサン at 17:42| 山口 ☁| Comment(0) | 油谷 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山口県長門市青海島・青海地区「仙崎八景 花津浦」

 今日の山口県長門市旬の景色は、7月9日(月)の青海島青海地区「仙崎八景 花津浦を、ご案内致します。

 仙崎出身の童謡詩人金子みすゞが、仙崎周辺の美しい風景をうたった童謡八編を「仙崎八景」といいます。
 @花津浦(はなづら)、A弁天島(べんてんじま)、B王子山(おうじやま)、C小松原(こまつばら)、D極楽寺(ごくらくじ)、E波の橋立(なみのはしだて)、F大泊港(おおどまりみなと)、G祇園社(ぎおんしゃ)

 仙崎八景のひとつ花津浦は高さ20m、穴の直径およそ8mの小岩島です。
 「花津浦」とは、牛の鼻の先という意味と、愛しい我が子を抱いて朝鮮を眺めた須佐之男命が、離れづらいと言われたためともいわれています。
 みすゞさんはこの話をうたい込み、自らも入日に燃える海をみつめ深い郷愁の念を抱いたといわれています。
 

 花津浦2.JPG

 花津浦1.JPG

 青海島育ちのマッサン









posted by 青海島育ちのマッサン at 06:53| 山口 ☁| Comment(0) | 青海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする