2019年03月02日

山口県萩市「世界遺産・萩城下町 国指定重要文化財 菊谷家住宅」(1)

 今日の山口県萩市旬の景色は、2月27日(水)の「世界遺産・萩城下町 国指定重要文化財 菊谷家住宅」その1を、ご案内致します。

 藩の御用達を勤めた豪商・菊屋家の住宅は、江戸初期の建築、現存する商家としては最古の部類に属し、400年の歴史があります。
 菊屋家は、大内氏時代には武士でしたが、毛利輝元公萩城築城の際には有力町人として萩に入り、町づくりに力を尽くしました。
 主屋、本蔵、金蔵、米蔵、釜場の5棟が国指定重要文化財に指定され、約2000坪の敷地の約3分の1が現在公開されてます。
 すばらしい庭や美術品、民具、古書籍など貴重な資料が数多く展示されており、往時の御用商人の暮らしぶりが偲ばれます。


 菊谷家住宅説明.jpg

 菊谷家住宅パンフレット1.jpg

 菊谷家住宅パンフレット2.jpg

 菊谷家住宅の沿革と見どころ
 菊谷家住宅の沿革と見どころ.jpg

 菊谷家住宅入口
 菊谷家住宅入口.jpg

 御成門
 御成門.jpg

 菊谷家住宅庭園
 菊谷家住宅庭園1.jpg

 菊谷家住宅庭園2.jpg

 時代を感じさせる展示品
 展示品1.jpg

 展示品2.jpg

 展示品3.jpg

 展示品4.jpg

 明日は、山口県萩市「世界遺産・萩城下町 国指定重要文化財 菊谷家住宅」その2を、ご案内致します。

 青海島育ちのマッサン











 
posted by 青海島育ちのマッサン at 07:03| 山口 ☁| Comment(0) | 萩市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする