2013年05月22日

長門大津くじら食文化を継承する会総会・講演会(4)

 今日の長門市深川湯本・旬の出来事は、5月18日(土)午後5時から、白木屋グランドホテルで開催されました「長門大津くじら食文化を継承する会・総会・講演会」その4を、ご案内致します。

 講師の「財団法人日本鯨類研究所 顧問 大隅清治 博士」のお話を、熱心に聴いておられる皆さん


 熱心に聴いておられるみなさん.jpg



 食糧危機を救う道

 1食糧危機を救う道.jpg



 畜産の問題点

 2畜産の問題点.jpg



 畜産と捕鯨の比較

 3畜産と捕鯨の比較.jpg



 クジラは海に放し飼いした牛である

 4クジラは海に放し飼いした牛である.jpg



 古い商業捕鯨と新しい日本型捕鯨の対比

 5古い商業捕鯨と新しい日本型捕鯨の対比.jpg



 新捕鯨構想

 6新捕鯨構想.jpg



 IWC(国際捕鯨委員会)に対する日本の今後の対応についての予測

 7IWCに対する日本の今後の対応についての予測.jpg



 ご清聴有難うございました。

 8ご清聴有難うございました。.jpg



 大隅清治 博士のお話が終り、長門大津くじら食文化を継承する会の上田会長から、大隅博士に謝辞が述べられています。

 謝辞.jpg



 講演会が終り、ほっちゃテレビさんが、上田会長にインタビューされています。

 インタビュー.jpg



 総会・講演会が終った後のロビー・・・この後、クジラ料理の試食会・懇親会が行われたそうです。

 ロビー.jpg



 今回の講演会における大隅博士のお話で、「くじらに感謝すること」や「くじ食文化の継承の必要性」等を学びました。
 大隅博士、長門大津くじら食文化を継承する会のみなさん、ありがとうございました。

 
 青海島育ちのマーくん











 

posted by 青海島育ちのマッサン at 17:15| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 湯本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック