2013年09月23日

熱血の詩人・憂国の詩人「児玉花外」と青海島剣舞

 今日の青海島旬の情報は、長門郷土文化研究会発行の「郷土文化ながと24」に寄稿しました「花外と青海島」の中から、「青海島剣舞」をご紹介致します。

 「青海島剣舞」
  青海島の一角の
  あゝ高山のいただきに
  剣舞せんか緑風
  剣のさきに来る雲
  鴎も鷲も波高く
  向うに笛ふき揚雲雀
  昔ワシントンの独立も
  自由も消えた亜米利加に
  吹いて飛ばさん剣の風


 高山は、青海島一の高い山(標高320m)で、古い死火山と言われ、山頂には日清、日露の戦争時の軍の望楼が設けられ、今もそのなごりがあります。

 高山の山頂で、春風に吹かれながら剣舞せんとする花外、海の彼方には鴨も鷲も飛んでいます。青海部落の近くからは、雲雀のさえずりが聞こえてきます。
 この高山を観察しながら遠くワシントン・アメリカに思いを馳せるとは、熱血詩人の面目躍如です。

 今の高山にはオートキャンプ場がありますが、花外がこのキャンプ場の景色を見てどのような詩を作るか興味にかられます。


 高山


 高山1.jpg



 高山2.jpg



 高山の眼下には、好漁場「水谷」が望めます。

 好漁場「水谷」.jpg



 高山オートキャンプ場

 高山オートキャンプ場.jpg



 青海島育ちのマーくん







【関連する記事】
posted by 青海島育ちのマッサン at 06:05| 山口 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 青海島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック