2013年11月30日

長門市「冬の海上アルプス青海島」男岩VS男波(1)

 今日の長門市青海島旬の景色は、11月29日(金)午後の「冬の海上アルプス青海島男岩VS男波その1を、ご案内致します。

 長門市が設置した「長門市観光案内図」で、青海島の位置を確認ください。

 〜 青海島一生ものの風景ここにあり 〜

 青海島一生ものの風景ここにあり.jpg



 海上アルプス青海島」のメインスポット「青海島自然研究路」の案内図

 青海島自然研究路案内図.jpg



 夏場は賑わっていた「青海島キャンプ村」は、今はひっそりとしていました。

 青海島キャンプ村.jpg



 船越の浜と長浜群洞・・・男波が浜や男岩に激しく押し寄せています。

 船越の浜と長浜群洞.jpg



 冬の「海上アルプス青海島」・・・男岩と男波との勝負を、ご覧ください。

 海上アルプス青海島1.jpg



 海上アルプス青海島3.jpg



 海上アルプス青海島2.jpg



 青海島の最西北端にある「竹の子鼻」

 竹の子鼻1.jpg



 竹の子鼻2.jpg



 セムラ
 眼下に見える岩礁は、岩がたくさんあるところから、瀬叢(セムラ)と呼ばれています。
 日本を代表する東山魁夷画伯の手による皇居宮殿・・長和殿波の間の壁画「朝明けの潮」の岩は、このセムラをモデルに描かれたものです。


 セムラ.jpg



 青海島ミニビジターセンター内に「青海島と東山魁夷」のエピソードを紹介するパネルが設置されました。
 このパネル大きさは、縦1.2m、横2.4mのサイズで、東山魁夷画伯が皇居宮殿・長和殿波の間に描かれた作品「朝明けの潮」です。


 朝明けの潮.jpg



 明日は、長門市「冬の海上アルプス青海島」男岩VS男波その2を、ご案内致します。

 青海島育ちのマーくん



【関連する記事】
posted by 青海島育ちのマッサン at 07:26| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 紫津浦・船越・静が浦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック