2015年06月05日

山口県長門市仙崎「魅力あふれる交流拠点を考えるシンポジウム」(2)

 今日の山口県長門市旬の情報は、6月3日(水)午後6時30分から仙崎公民館2階講堂で開催された「魅力あふれる交流拠点を考えるシンポジウム」その2を、ご案内致します。

 石本成長戦略推進課長による仙崎地区グランドデザイン基本計画の概要説明のあと、「直売所が果たす役割と地域経済」と題した講演が行われました。

 講師は、昨年までながと成長戦略検討会議で委員長を務めた内田恭彦山口大学経済学部教授で、他地区の道の駅での実例紹介や(直売所の)オープン後の経営のありかた等について提案がありました。

 地元の人にとって当たり前のことが、市外から来た人にとっては特別なもの、すばらしいものであるという認識のズレがあるということや、観光客だけでなく市民がその場所をどう活用するか、市民に愛される場所になるような取り組みが必要であると話されました。


 直売所が果たす役割と地域経済・今日のお話.jpg

 内田教授説明.jpg

 講演の後、内田教授がコーディネーターになり、4名の地元代表者をパネラーとしてパネルディスカッションが行われました。
 パネラーからはこれからの直売所整備に期待する声や、成功させるために何が必要なのか、などの意見が出されました。

 司会の大下さん.jpg

 内田教授.jpg

 パネラー.jpg

 パネルディスカッション.jpg

 会場からも、この直販所が水産業の活性化・地域の活性化につながるよう期待している、ぜひ成功させたい、との意見が出されました。
 出席者から要望.jpg

 仙崎「魅力あふれる交流拠点を考えるシンポジウム」が終りました。
 終了.jpg

 平成29年の「直売所・ウオーターフロント」のオープンが待ち遠しいいですね!

 青海島育ちのマッサン


【関連する記事】
posted by 青海島育ちのマッサン at 16:48| 山口 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 仙崎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック