2015年11月05日

山口県長門市青海島・大日比いきいきサロン「歴史探訪・三隅地区」

 今日の山口県長門市旬の出来事は、11月1日(日)午前の青海島大日比いきいきサロン歴史探訪・三隅地区 楫取素彦旧邸村田清風記念館その2を、ご案内致します。

 今回の記事と写真は、大日比自治会福祉部員の中原さんから、提供していただきました。
 中原さん、ありがとうございました。

 大寧寺を後にして、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」で、人気スポットになりつつある三隅地区・二条窪の楫取素彦旧宅跡(桜楓山荘)へ向かいました。

 楫取素彦旧宅跡(桜楓山荘)
 楫取素彦(小田村伊之助)が明治維新後に一時隠棲した旧宅跡。
 静寂な三隅二条窪地区に構えられ、現在ではその跡地に石垣と庭石が残っています。


 桜楓山荘跡説明.JPG

 桜楓山荘跡.JPG

 楫取素彦旧宅跡を後にして、同じ三隅地区にある「村田清風記念館」に向かいます。

 明治維新の基礎を築いた村田清風の記念館
 幕末の激動する政治情勢の中にあって、藩政改革の中心人物として手腕を揮った郷土の先賢村田清風と周布政之助の功績と人柄を、遺品や資料を通して紹介しています。併せて民俗資料も展示し、失われようとしている昔の産業や人々の生活に触れることもできます。

 企画展 楫取素彦と妻・寿展「旅立ちの地」
三隅で過ごした楫取素彦・寿夫妻について紹介する企画展が開催されています。
夫妻が過ごした三隅二条窪での隠棲生活を中心に、成長〜動乱〜隠棲〜飛躍〜晩年と、2人のあゆみが紹介されています。


 村田清風記念館.JPG

 村田清風記念館の隣には、村田清風の旧宅(三隅山荘)があります。
 村田清風の生家でもある国指定史跡「三隅山荘」は、吉田松陰をはじめ、多くの政客が往来したといわれています。
 旧宅のほかには柴田式籾倉、湯殿、馬屋などが旧規模のまま残されており、明治維新の基礎づくりを成し遂げた村田清風の当時の生活の様子をうかがい知ることができます。


 三隅山荘.JPG

 今回の「大日比いきいきサロン」は、少し早目の紅葉狩りと歴史探訪の小旅行でしたが、参加されたみなさんは長門市のよさを再認識されたようです。
 また、参加者の間のコミニュケーションが図られ、大日比地区の絆もこれまでより強くなったようです。

 今回のいきいきサロンを企画・運営された福祉部員のみなさん、ありがとうございました。
 お疲れ様でした。

 青海島育ちのマッサン



posted by 青海島育ちのマッサン at 07:23| 山口 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大日比 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック