2015年12月17日

山口県萩市松陰神社「世界遺産の松下村塾」

 今日の山口県萩市旬の景色は、12月16日(水)午後の「松陰神社明治日本の産業革命遺産 松下村塾」を、ご案内致します。

 松陰神社の12月主要祭典案内

 12月主要祭典案内.jpg

 松陰神社境内の観光客
 今年は、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」と世界遺産登録で、松陰神社の観光客は前値比80%の増加とのことです。

 境内の観光客.jpg

 観光客の一番のお目当ては、世界遺産登録の「松下村塾」です。
 松下村塾は、明治維新の先覚者吉田松陰が主宰した私塾です。
 松陰は海防の観点から工学教育の重要性をいち早く提唱し、自力で産業近代化の実現を図ろうと説きました。
 黒船来航で欧米の軍事力を目の当たりにした松陰は、自分の目で海外の実情を確かめたいと考え、国禁を犯してまで黒船に乗り込んで海外密航を計画しました。

 松陰の教えを受け継いだ塾生らの多くが、のちの日本の近代化・工業化の過程などで重要な役割を担いました。

 松下村塾1.jpg

 松下村塾2.jpg

 松下村塾3.jpg

 松陰神社の二の鳥居と社殿 
 松陰神社.jpg

 青海島育ちのマッサン



 
posted by 青海島育ちのマッサン at 17:22| 山口 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 萩市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック