2016年10月16日

山口県長門市の魅力発信(12)三隅地区「香月泰男美術館」

 長門市は、12月15日(木)に、日露首脳会談が開催されることになり、世界から注目集めています。

 日露首脳会談.jpg

 長門市では、日露首脳会談への万全の準備を期すとともに、国内外に長門市の魅力を積極的に発信しています。


 この長門市は、山口県の北西部に位置し、北長門海岸国定公園「青海島」をはじめとした美しい海岸線に加え、「元乃隅稲成神社」や「千畳敷」、「東後畑の棚田」など豊かな自然に恵まれ、長門湯本温泉など特色をもつ五つの温泉郷があります。

 今回は、三隅地区「香月泰男美術館を、ご案内致します。

 三隅地区「香月泰男美術館」の位置
[ここに地図が表示されます]


 香月泰男は1911(明治44)年、現在の山口県長門市三隅に生まれた画家です。
 32歳のとき戦争に召集され、旧満州ハイラルで終戦を迎えました。終戦後はソ連軍によりシベリヤに抑留されたため、帰国できたのは終戦の2年後でした。
 帰国後は故郷である三隅の地で創作活動を続け、1974(昭和49)年3月に62年の生涯を終えました。
 2015年2月12日に、300点を超える油彩画、2,000点を超える素描画や資料類が、香月の遺族から美術館に寄贈されました。


 香月泰男美術館1.jpg

 香月泰男美術館2.jpg

 香月泰男美術館3.jpg

 企画展 画家からの贈りものU
 この企画展では、香月の死後40年以上の間大切に保管されていた絵画作品のうち、初期から晩年までの油彩画や日常を描いたスケッチ、海外の風景を描いた作品、香月が収集したルオーなどの海外作家の作品、香月の制作に関わる資料などが、幅広くご紹介されています。
 どの作品も当美術館で初めて展示されるものです。


 画家からの贈りもの1.jpg
 画家からの贈りもの2.jpg
 画家からの贈りもの3.jpg

 香月泰男美術館HP
 http://www.city.nagato.yamaguchi.jp/~kazukiyasuo/index.html

 みなさんも、山口県長門市三隅地区「香月泰男美術館」に、出かけられてはいかがでしょうか!
 
 青海島育ちのマッサン




posted by 青海島育ちのマッサン at 10:08| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 三隅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック