2016年10月18日

平成28年度長門郷土文化研究会・歴史探訪 下関市豊北町(6)

 今日の山口県下関市旬の景色は、10月11日(火)の平成28年度長門郷土文化研究会・歴史探訪 下関市豊北町その6として、毛利秀包(もうり ひでかね)公廟所等を、ご案内致します。

 毛利秀包公廟所・西楽寺の位置

[ここに地図が表示されます]


 村田記念公園を後にして、次に、浄土真宗・西楽寺の裏山寺領にある「毛利秀包公廟所」に向かいました。
 西楽寺本堂と鐘突き堂
 浄土真宗・西楽寺.jpg

 西楽寺の鐘突き堂.jpg

 久留米13万石の太守・毛利秀包公説明
 秀包公は関ヶ原の一戦で敗れ帰国途中、赤間ヶ関で病死、毛利輝元公の命で豊北町滝部の西楽寺に葬られた。

 毛利秀包公説明.jpg

 豊北郷土文化友の会・熊井会長の説明
 熊井会長の説明.jpg

 毛利秀包公廟所 
 毛利秀包公廟所1.jpg

 毛利秀包公廟所2.jpg

 秀包公の生前の功徳を顕す神道碑

 毛利秀包公廟所3.jpg

 こちらは、豊北町出身で潟Nラブコスメチックス社の創立者・中山太一・豊三兄弟らが眠る「中山家の墓所」
 中山家の墓.jpg

 明日は、平成28年度長門郷土文化研究会・歴史探訪
下関市豊北町
その7を、ご案内致します。

 青海島育ちのマッサン




【関連する記事】
posted by 青海島育ちのマッサン at 17:16| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 下関市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック