2017年01月12日

山口県長門市青海島・通地区の家並みと漁港

 今日の山口県長門市旬の景色は、1月10日(火)午後の青海島地区の家並み漁港を、ご案内致します。

 青海島の東に位置する通地区は、現在約584世帯・1,265名が在住され、その多くの方が定置網・はえ縄・一本釣り等の漁業に携わっておられます。

 通では延宝元年(1673)鯨組が長州藩に取り立てられ、明治41年(1908)まで235年間にわたり、網捕り捕鯨が続いたことから、古式捕鯨の里として知られています。

 また通には、国指定文化財の青海島鯨墓・早川家住宅・長門捕鯨用具、住吉神社・向岸寺等の神社仏閣があります。

 最近では、日露首脳会談に伴い「日露兵士の墓碑」が注目を集め、参拝者が増加しています。


 通地区1.jpg

 通地区2.jpg

 通地区3.jpg

 青海島育ちのマッサン



【関連する記事】
posted by 青海島育ちのマッサン at 15:45| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック