2017年05月14日

山口県長門市「大日比いきいきサロン・西の京やまぐちの旅」(6)

 今日の山口県長門市旬の出来事は、5月9日(火)の青海島大日比いきいきサロン西の京やまぐちの旅その6を、ご案内致します。

日本歴史公園100選の香山公園」には、国宝の瑠璃光寺五重塔ほか司馬遼太郎文学碑、露山堂、枕流亭などの史跡、大内弘世の銅像や雪舟の胸像、若山牧水歌碑などがあります。

 瑠璃光寺五重塔のたもとに司馬遼太郎さんの「街道を行く」文学碑が建っています。
「長州はいい塔をもっている、と惚れぼれするおもいであった」の一節が刻まれていました。
 NHKスペシャル「司馬遼太郎・街道を行く」のプロデューサー・大井徳三氏は、仙崎出身の方です。


 司馬遼太郎の「街道をゆく」には長州は、 いい塔をもっている石碑.jpg

 長門・周防国の守護に任じられた24代大内弘世(おおうちひろよ)は1360年ころ政庁を山口に移し、京に模した街づくりをはじめたと言われています。
 大内弘世公之像.jpg

 大内弘世公之像説明.jpg

 幕末の藩主、毛利本家の歴代諸霊のお墓があります。
(15代毛利元昭・夫人美佐子、13代毛利敬親・夫人妙子、14代毛利元徳・夫人安子)
 香山墓地.jpg

 うぐいす張りの石畳 通路に立ち石段に向かって手を叩くと「あら 不思議」美しい音が反響します。
 この日は残念ながら、雨が強くせっかくの音が聞けませんでした。

 香山墓地・うぐいす張り石畳説明2.jpg
 香山墓地・うぐいす張り石畳説明1.jpg

 枕流亭(ちんりゅうてい)
 幕末薩長連合を推進するために、慶応3年(1867)9月薩摩藩の重臣小松帯刀、西郷隆盛らが続々と山口にやってきました。当時道場門前にあった安部半助方の枕流亭の2階で会見し、盟約がなって、幕府を倒す連合討幕軍の結成を誓いました。

 明治維新遺跡・枕流亭説明2.jpg

 明治維新遺跡・枕流亭説明1.jpg

 露山堂(ろさんどう)
 毛利敬親が藩庁を山口に移鎮した際、今の県庁内の一露山の麓に建てられた茶室で、藩主敬親が茶事にことよせ、家来らと討幕の密議をこらした建物で、明治24年にここに移築されました。

 露山堂説明2.jpg

 露山堂説明1.jpg

 雨の中・・・香山公園の案内が終わりました。
 ガイドさんの分かりやすく・楽しい説明、ありがとうございました。
 お世話になりました。

 ガイドさんお世話になりました。.jpg

 香山公園を堪能して、マイクロバスへ・・・ほっと一息
 
 車中.jpg

 明日は、山口県長門市大日比いきいきサロン西の京やまぐちの旅その7を、ご案内致します。

 青海島育ちのマッサン





【関連する記事】
posted by 青海島育ちのマッサン at 06:08| 山口 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大日比 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449857622
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック