2017年05月31日

長崎県の旅(9) 中島川に架かる石造二連アーチ橋「眼鏡橋」

 今日の長崎県の旅(9)は、中島川に架かる石造二連アーチ橋「眼鏡橋を、ご案内致します。

 眼鏡橋の位置
[ここに地図が表示されます]


 中島川・浜町界隈の長崎さるくモデルコース
 中島川・浜町界隈の長崎さるくモデルコース.jpg

 眼鏡橋の駐車場・・・賑橋パーキングセンター
 賑橋パーキングセンター.jpg

 眼鏡橋の説明
 中島川の第10橋。日本最古の石造アーチ橋で、寛永11年(1634)興福寺唐僧黙子禅師によって架設された。
 橋の長さは22m、幅3.65m、川面までの高さは5.46m。2つの半円を描くアーチ形式の石橋で、水面に映しだされた姿が眼鏡のように見えるところからこの名がある。


 眼鏡橋説明.jpg

 長崎市の人気スポット「眼鏡橋」
 眼鏡橋1.jpg

 眼鏡橋2.jpg

 眼鏡橋3.jpg

 眼鏡橋4.jpg

 長崎市では5月20日〜6月11日まで、この眼鏡橋やグラバー園などで「ながさき紫陽花まつり」が開催されています。
 ながさき紫陽花まつり開催案内.jpg

 眼鏡橋と紫陽花・・・季節を感じさせられます。
 眼鏡橋と紫陽花1.jpg

 眼鏡橋と紫陽花2.jpg

 次回は長崎県の旅(10)中島川公園を、ご案内致します。

 青海島育ちのマッサン




【関連する記事】
posted by 青海島育ちのマッサン at 14:52| 山口 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック