2017年07月20日

山口県長門市青海島・大日比「夏みかん原樹と百日紅の花」

 今日の山口県長門市旬の景色は、7月12日の青海島大日比夏みかん原樹百日紅の花を、ご案内致します。

 大日比の夏みかん原樹の位置

[ここに地図が表示されます]


 夏みかんは長門市・青海島の大日比が発祥地です。
 安永年間(1772〜1780)頃に、大日比に暮らす西本チョウという女性が、海岸に漂着した果実から種を取って育てたと伝えられています。
 昭和2年に「国の史跡及び天然記念物」として、指定されました。

 西本さん宅の「夏みかん原樹と百日紅(サルスベリ)」

 百日紅の花と夏みかん原樹1.jpg

 百日紅の花と夏みかん原樹2.jpg

 百日紅は樹皮がツルツルして、猿が登ろうとしても滑ってしまいそうなことに由来しますが、実際には滑ることなく、猿は簡単に登ってしまうそうです。
 百日紅の花言葉は、「雄弁」「愛嬌」「不用意」とのことです。

 青海島育ちのマッサン




【関連する記事】
posted by 青海島育ちのマッサン at 06:05| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 大日比 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック