2017年10月07日

福岡ソフトバンクホークス本拠地最終戦はサヨナラ勝ち

 今日の福岡市旬の情報は、10月6日(金)の ホークス
本拠地最終戦
サヨナラ勝ち 延長12回に吉村が代打弾
を、ご案内致します。

 今回の記事と画像は、西日本新聞社HPより引用させていただきました。

https://www.nishinippon.co.jp/nsp/hawks_flash/article/364218/
 ありがとうございました。

 ◆ソフトバンク4−3オリックス(6日・ヤフオクドーム)
 ソフトバンクがレギュラーシーズン本拠地最終戦をサヨナラ勝ちで飾った。
 最大3点をリードされたが中村晃が5回に6号ソロ、7回に犠飛を放ち1点差。
 9回は2死二塁から上林が右前適時打を放ち土壇場で同点に追い付いた。
 延長に入ると両軍とも得点できず今季142試合目で初の引き分けかと思われたが、12回無死、代打の吉村が左中間席に2号ソロ。昨年4月17日以来、自身通算4本目のサヨナラ弾で、チームに94勝目をもたらした。

 2年ぶりにリーグ制覇した今季のソフトバンクは本拠地での強さが際立ち、1993年に開業したヤフオクドームでの最多白星を更新する48勝(19敗)で勝率7割1分6厘。
 最終戦セレモニーでマイクの前に立った工藤監督は「クライマックス(シリーズ)、日本一を奪回するために、選手たちは100パーセント以上の力を出して戦うことを誓います。ファンの皆さんも絶対日本一になるんだという強い思いで、応援していただきたい」と後押しを呼び掛けた。

 7回から2番手で登板し、2回を無安打に抑えた和田
 7回から2番手で登板し、2回を無安打に抑えた和田.jpg

 7回無死一、三塁、中村晃の左犠飛で生還する三走・デスパイネ
 7回無死一、三塁、中村晃の左犠飛で生還する三走・デスパイネ.jpg

 9回2死二塁、同点の右前打を放つ上林
 9回2死二塁、同点の右前打を放つ上林.jpg

 9回2死二塁、上林の同点打で生還した代走・川島(4)らに最敬礼の千賀 
 9回2死二塁、上林の同点打で生還した代走・川島(4)らに最敬礼の千賀.jpg

 サヨナラ本塁打を放つ吉村
 サヨナラ本塁打を放つ吉村.jpg

 延長12回、サヨナラ本塁打の吉村(左端)の生還を迎えるソフトバンクナイン
 延長12回、サヨナラ本塁打の吉村(左端)の生還を迎えるソフトバンクナイン.jpg

 ホーム最終戦セレモニーで紙吹雪を背に「ワンダホー!」のポーズを決める工藤監督(中央)
 ホーム最終戦セレモニー.jpg

 10月20日のクライマックスシリーズ・ファイナルステージ第3戦に出かけ、ホークスへの熱烈応援をする予定です。

 青海島育ちのマッサン




posted by 青海島育ちのマッサン at 07:18| 山口 ☔| Comment(0) | 福岡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: