2018年05月15日

平成30年度第1回大日比いきいきサロン「宇部市ときわ公園を満喫する旅」(2)

 今日の山口県長門市青海島旬の出来事は、5月13日(日)の平成30年度第1回大日比いきいきサロン宇部市ときわ公園を満喫する旅」その2を、ご案内致します。

 世界を旅する植物館受付

 世界を旅する植物館受付.jpg

 受付前で.jpg

 コンシェルジェ・・・とても分かりやすい説明をしていただきました。
 コンシェルジェ.jpg

 世界を旅する植物館は、「世界を旅し、感動する植物館」をコンセプトに、原産地の植生を再現した8つのゾーンに特徴的なシンボルツリーを植栽し、世界を旅するように珍しい植物や花、果実に出会えます。
 また、ときわ公園で作出された美しい花を咲かせるオリジナルサボテンでは、他では見ることの出来ない貴重なサボテンです。ほかにも、ランやカトレア、食中植物なども展示しています。

 世界を旅する植物館MAP
 世界を旅する植物館MAP.png

 世界を旅する植物館に入場
 世界を旅する植物館入場.jpg

 ケッペンの気候区分世界地図世界8ゾーン説明パネル
 ケッペンの気候区分世界地図.jpg

 世界8つのゾーン説明パネル.jpg

 スタートは「熱帯アジアゾーン
 一年中、高温多湿で気温差があまりない地域です。
人の背丈以上に草木がおい茂る、うっそうとした熱帯雨林の雰囲気が演出されています。
シンボルツリーは、バニヤンツリー(絞め殺しの木)です。

熱帯アジアゾーン.jpg

 バニヤンツリー(絞め殺しの木).jpg

 金運を運び、幸せを呼ぶ木「ヒカゲヘゴ」 
 沖縄やんばる昔話
 むかしむかし、ヤンバルの山奥に正直者の木こりがいました。 ある日、きこりは、山でこれまでに見たことのない不思議な木に出会いました。
 その葉は、まるで巨大な鳥の羽のようで、その幹には小判がぎっしり張り付いた様な、光輝くヒカゲヘゴの大木でした。
 木こりはヘゴの木の横に小屋を建てました。木こりはくる日も、くる日もヘゴの小判の紋をさすりながら願い事をとなえ、一生懸命働きました。やがて、木こりは大金持ちになりました。
 それ以来、ヘゴの木は金運を運び、幸せを呼ぶ木として、今日まで 人々に言い伝えられてきました。
 ヘゴの小判紋に触れると、金運に恵まれ幸せになれるそうです。

 青海島育ちのマッサンもヘゴの小判紋を、しっかりとさすりました。

 金運スマイル.jpg

 金運・ヒカゲヘゴ.jpg

 メディニラ・マグニフィカ
 ピンク色のおおきな苞の中からブドウの房のように細かく枝分かれした花房が出てきます。花を包んでいた苞はパラシュートのように大きく開きます。花の大きさは径2cmほどで、一房に付き数十輪が咲きます。花びらはピンク色で雄しべの葯の部分が淡い青紫、花糸(雄しべの軸部分)は黄色くなり、小さいながらカラフルです。

 メディニラ・マグニフィカ.jpg

 オウゴンココヤシ
 オウゴンココヤシ1.jpg

 オウゴンココヤシ2.jpg

 明日は、平成30年度第1回大日比いきいきサロン宇部市ときわ公園を満喫する旅」その3を、ご案内致します。

 青海島育ちのマッサン






posted by 青海島育ちのマッサン at 16:12| 山口 | Comment(0) | 大日比 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: