2019年06月18日

山口県長門市仙崎「海外引揚げ上陸跡地仙崎港」

 仙崎港は戦後、引揚港に指定され、敗戦の翌月の9月2日、全国で最初の引揚船となった「興安丸」が、釜山港から第一次の引揚者7千人を載せて仙崎港に入港しました。
 以後、昭和21年末に仙崎が引揚港の役割を終えるまでの約1年間、仙崎港に上陸した人々は約41万4千人、仙崎港から朝鮮に帰った人々が約34万人におよび、合計75万4千人の人が仙崎の地を往来しました。

 海外引揚げ上陸跡地2.jpg

 海外引揚げ上陸跡地は、青海大橋の仙崎側の袂にあります。

 海外引揚げ上陸跡地1.jpg

 海外引揚げ上陸跡地3.jpg

 青海島育ちのマッサン






 
 
【関連する記事】
posted by 青海島育ちのマッサン at 17:06| 山口 ☁| Comment(0) | 仙崎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: