2020年12月04日

山口県長門市青海島大日比「悲運の武将 大内義隆公の陶象」

 今日の山口県長門市の景色は、青海島大日比悲運の武将 大内義隆公の陶象を、ご案内いたします。

 青海島・大日比地区商人(あきうど/地名)の県道沿いにある清涛山(せいとうざん)の中腹に、大内義隆公の陶像が立っています。
 商人1.jpg

 DSC_0147.jpg

 DSC_0142.jpg

 大内義隆公陶象1.jpg

 大内義隆公陶象2.jpg

 この陶像は、昭和38年(1963)に建立されたもので、総高2m79cm、像の高さは1m86cmで、束帯姿の立像です。
 最初は大日比地区の六浦(もうら/地名)の小高い丘の上に建立され、のち、現在地に移されました。
 六浦の大内義隆公の陶像4.jpg

 大内義隆公の陶像3.jpg

 天文20年(1551)8月、山口を追われた義隆一行は、ここ商人の地にたどりつき天龍院(西圓寺の前身)で疲れを癒した。一行はここから海路脱出を図ったが、風波に阻まれて果たせず、9月1日、義隆は湯本・大寧寺で自害する(上利家文書)

 長門市ケーブルテレビ「ほっちやテレビ」制作
 大内義隆公陶像
 https://www.youtube.com/watch?v=Jnzi7vMNWcI

 この中で、説明役として青海島育ちのマッサンが出演しています。😊

 青海島育ちのマッサン




【関連する記事】
posted by 青海島育ちのマッサン at 07:59| 山口 ☀| Comment(0) | 大日比 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: