2021年09月14日

山口県萩市国指定史跡「初代内閣総理大臣 伊藤博文 旧宅・別邸」

 今日の山口県萩市旬の景色は、9月13日(月)午後の国指定史跡「初代内閣総理大臣 伊藤博文 旧宅・別邸を、ご案内いたします。

 明治の日本を確立した初代内閣総理大臣・伊藤博文
 明治新政府では参与、兵庫県令などを歴任。明治4年(1871)条約改正のため、岩倉使節団の一員として欧米各国を歴訪。帰朝後、参議、工部卿などの要職を経て明治18年(1885)初代内閣総理大臣となりました。(計4回内閣を組閣)


 伊藤博文略年譜.jpg

 旧宅そばには、萩焼でつくられたほぼ等身大の伊藤博文の陶像が、建立されています。
 伊藤博文の陶像1.jpg

 伊藤博文の陶像2.jpg

 伊藤博文旧宅は、木造茅葺き平屋建ての約29坪の小さな家。もとは萩藩の中間 伊藤直右衛門の居宅でしたが、安政元年(1854)に伊藤博文の父・林十蔵が伊藤家の養子となったため、一家をあげて伊藤家に入家。その後、博文が明治元年(1868)に兵庫県知事に赴任するまでの本拠となった家です。
 ※伊藤博文旧宅は、屋根葺替等の保存修理工事のため、一般公開が中止されています。
 (工事期間は、2021年12月末の予定)


 伊藤博文旧宅1.jpg

 伊藤博文旧宅2.jpg

 旧宅の隣には、東京より移築された伊藤博文別邸があります。
 伊藤博文別邸.jpg

 青海島育ちのマッサン




posted by 青海島育ちのマッサン at 16:26| 山口 ☔| Comment(0) | 萩市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: