2022年12月15日

山口県萩市「世界遺産登録!萩反射炉」

 今日の山口県萩市旬の景色は、12月12日(月曜)午後の「世界遺産登録! 大砲鋳造のためにつくられた金属溶解炉 萩反射炉」を、ご案内致します。

 萩反射炉は、西洋式の鉄製大砲鋳造を目指した萩藩が、安政3年(1856)に建設した反射炉の遺跡です。
 当時は鉄製大砲を建造するには、衝撃に弱い硬い鉄を粘り気のある軟らかい鉄に溶解する必要があり、その装置として反射炉を用いていました。
 高さ10.5mの煙突にあたる部分が残り、反射炉が現存するのは、静岡県の韮山と萩の2ヶ所のみです。


 PC120084.jpg

 PC120082.jpg

 PC120083.jpg

 PC120085.jpg

 PC120088.jpg

 PC120087.jpg

 PC120090.jpg

 PC120091.jpg

 PC120093.jpg

 青海島育ちのマッサン



【関連する記事】
posted by 青海島育ちのマッサン at 16:04| 山口 ☔ | TrackBack(0) | 萩市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック