2015年11月21日

宮崎県西臼杵郡高千穂町「国の名勝、天然記念物・高千穂峡」(2)

 2015九州の秋を満喫する旅その6は、宮崎県西臼杵郡高千穂町「国の名勝、天然記念物・高千穂峡(2)を、ご案内致します。

 高千穂峡・真名井の滝
 日本の滝百選に指定されている名瀑で、約17mの高さから水面に落ちる様は、高千穂峡を象徴する風景です。

 高千穂峡・真名井の滝説明.jpg

 真名井の滝2.jpg

 真名井の滝1.jpg

 鬼八の力石
 鬼八の力石説明.jpg

 鬼八の力石.jpg

 仙人の屏風岩
 仙人の屏風岩説明.jpg

 仙人の屏風岩.jpg

 槍飛
 槍飛の説明.jpg

 槍飛.jpg

 高千穂峡の代表的な景観・・・3代橋(3つの橋)
 3つの橋.jpg

 高千穂峡の石碑・・・記念撮影
 名勝・高千穂峡石碑.jpg

 高千穂峡の秋色
 高千穂峡の秋色.jpg

 次回は、2015九州の秋を満喫する旅その7を、ご案内致します。

 青海島育ちのマッサン



posted by 青海島育ちのマッサン at 11:18| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宮崎県西臼杵郡高千穂町「国の名勝、天然記念物・高千穂峡」(1)

 2015九州の秋を満喫する旅その5は、宮崎県西臼杵郡高千穂町「国の名勝、天然記念物・高千穂峡(1)を、ご案内致します。

 高千穂峡の位置
[ここに地図が表示されます]


 高千穂峡周辺ガイドマップ
 高千穂峡周辺ガイドマップ.jpg

 高千穂峡周辺ガイド
 高千穂峡周辺ガイド.jpg

 駐車場は満車状態
 駐車場.jpg

 高千穂峡の秋色・・・ややくすんでいました。
 秋色.jpg

 駐車場のそばには、高千穂峡淡水魚水族館があります。
 高千穂峡・淡水魚族館説明.jpg

 高千穂峡・淡水魚族館.jpg

 この高千穂峡淡水魚水族館そばの橋から観た高千穂峡
 高千穂峡.jpg

 高千穂峡の説明と遊歩道の入口
 

 高千穂峡説明.jpg

 高千穂峡入口.jpg

 高千穂峡遊歩道にある「まがたな
 まがたな.jpg

 遊歩道は、満員御礼が出ていました。
 遊歩道は満員御礼1.jpg

 遊歩道は満員御礼2.jpg

 次回は、宮崎県西臼杵郡高千穂町「国の名勝、天然記念物・高千穂峡(2)を、ご案内致します。

 青海島育ちのマッサン



posted by 青海島育ちのマッサン at 07:21| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月20日

熊本県上益城郡山都町「歴史・自然との触れ合いステーション道の駅・通潤橋」

 今日の熊本県旬の景色は、上益城郡山都町「日本最大級の石造アーチ水路橋・通潤橋近くの、歴史・自然との触れ合いステーション「道の駅・通潤橋を、ご案内致します。

 道の駅・通潤橋の位置
[ここに地図が表示されます]


 道の駅・通潤橋
 道の駅・通潤橋.jpg

 道の駅・通潤橋案内板.jpg

 物産館「虹の通潤館」では、山都町の特産品である矢部茶や、ゆず加工品、清酒、農産品などが販売されています。
 物産館「虹の通潤館」入口.jpg

 物産館「虹の通潤館」1.jpg

 物産館「虹の通潤館」2.jpg

 物産館「虹の通潤館」3.jpg

 物産館「虹の通潤館」4.jpg

 お食事処いしばしでは、ご当地ならではのお食事から珈琲までお楽しみ頂ける喫茶兼用のレストランです。
 お食事処いしばし.jpg

 通潤橋史料館では、通潤橋をはじめ、山都町近隣の歴史的、地理的な資料が公開・展示されています。
 通潤橋史料館.jpg

 ご当地の民俗資料館
 民俗資料館.jpg

 民俗資料館のそばには、地元のお祭りで登場するモニュメント「ヤマと森の女王」が展示してありました。
 モニュメント.jpg

 道の駅・通潤橋からの眺望・・・通潤橋が望めます。
 道の駅・通潤橋からの眺望.jpg

 青海島育ちのマッサン

posted by 青海島育ちのマッサン at 17:26| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

熊本県上益城郡山都町「日本最大級の石造アーチ水路橋の通潤橋」(2)

 今日の熊本県旬の景色は、上益城郡山都町長原の「日本最大級の石造アーチ水路橋通潤橋その2を、ご案内致します。

 通潤橋の上からは、「道の駅・通潤橋」等が望めます。
 通潤橋上からの眺望.jpg

 通潤橋の西側の放水が始まりました。
 西側の放水1.jpg

 西側の放水2.jpg

 次に、東側の放水が始まりました。
 東側の放水1.jpg

 東側の放水2.jpg

 東西の放水
 東西の放水.jpg

 通潤橋の放水担当者の藤原さん
 通潤橋の歴史・構造や山都町の見所等を分かり易く説明していただきました。
 お世話になりまして、ありがとうございました。

 藤原さん.jpg

 迫力満点の通潤橋の放水・・・大勢のみなさんから、
スゴイ・すごい・凄い・・・の声が出ていました。

 迫力満点の放水.jpg

 通潤橋の放水1.jpg

 通潤橋の放水2.jpg

 次回は、熊本県上益城郡山都町「日本最大級の石造アーチ水路橋・通潤橋近くの「道の駅・通潤橋を、ご案内致します。

 青海島育ちのマッサン




posted by 青海島育ちのマッサン at 11:11| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

熊本県上益城郡山都町「日本最大級の石造アーチ水路橋の通潤橋」(1)

 今日の熊本県旬の景色は、上益城郡山都町長原の「日本最大級の石造アーチ水路橋通潤橋その1を、ご案内致します。

 通潤橋の位置
[ここに地図が表示されます]


 通潤橋は、嘉永7年(1854年)、水不足に悩む白糸台地に水を送るため、矢部の惣庄屋 布田保之助が全力を傾けて造った日本最大の水路橋です。

 種山石工の技術を結集したこの橋は、高さ約20m、橋上の幅6,3m、アーチの水路28.18mで中央には飲用と潅漑用の3本の水道が通っています。
 水道は一方の高い所に取水口を設け、平坦な橋を通り、その勢いで対岸の高い所に水を吹き上げる逆サイホンの原理を応用、一昼夜で15,000立方mの水を送り、100haの水田を潤す力を備えています。
 水圧や地震に充分耐え得るような鞘石垣や鎖石の工法を用いた高度な技術力と、均整のとれた美しさが高く評価され、昭和35年には国の重要文化財に指定されました。


 説明板・布田保之助像.jpg

 通潤橋の説明
 通潤橋説明1.jpg通潤橋説明2.jpg

 布田保之助の像
 布田保之助像.jpg

 放水前の通潤橋
 通潤橋1.jpg

 通潤橋2.jpg

 通潤橋の上部
 通潤橋の上部.jpg

 この時期の放水時間は午後1時・・・放水直前の打ち合わせ
 水栓抜きタイミング話し合い.jpg

 水路の栓を抜くために使用されるハンマー
 水栓抜きハンマー.jpg

 カウントダウンの後、藤原さんによる放水路の栓抜きが始まります。
 水栓抜き.jpg

 次回は、熊本県上益城郡山都町「日本最大級の石造アーチ水路橋通潤橋その2を、ご案内致します。

 青海島育ちのマッサン



posted by 青海島育ちのマッサン at 06:51| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月19日

熊本県上益城郡山都町長原「通潤橋の花嫁さんと花婿さん」

 11月15日から古稀の祝い「2015年秋の九州を満喫する3泊4日の旅」で、ゆっくりとリフレッシュしてきました。
 この間はブログの発信をお休みさせていただきました。

 今日の熊本県旬の情報は、この九州を満喫する旅1日目最初の見所、上益城郡山都町長原の「通潤橋(つうじゅんきょう)」でのサプライズ・・・「花嫁さんと花婿さん」を、ご案内致します。

 通潤橋は、日本最大級の石造アーチ水路橋です。この通潤橋は人を渡す橋ではなく、橋の上に石造パイプを3列並べ通水管として水を運ぶ水路橋です。
 文化史上極めて重要な建造物と認められ、国の重要文化財にも指定されています。
 通潤橋1.jpg

 通潤橋2.jpg

 この通潤橋の放水を堪能して「道の駅通潤橋」に戻ってきましたところ、サプライズ・・・花嫁さんと花婿さんが、「通潤橋」をバックにして撮影されていました。
 おめでたいご対面でしたので、福をいただくため厚かましく・・・撮影をお願い致しましたところ、気持ちよくご了解していただきました。

 花嫁さん・・・とても美しいですね!
 通潤橋の花嫁5.11.15.jpg

 幸せいっぱいの花嫁さんと花婿さん・・・お似合いのカップルです。
 通潤橋の花嫁と花婿5.11.15.jpg

 お二人の永遠の幸せをお祈りします。

 青海島育ちのマッサン





 
posted by 青海島育ちのマッサン at 07:05| 山口 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月14日

熊本県の今が旬「熊本城のお土産」

 今日の熊本県旬の情報は、6月7日(日)の「熊本城お土産」を、ご案内致します。

 仙崎婦人会の旅行に参加した奥さんから、青海島育ちのマッサンへの「熊本城パンフレットのお土産」です。

 熊本城略年表と案内
 熊本城略年表。案内.jpg

 熊本城天主閣と本丸御殿の天井
 熊本城1.jpg

 銀杏城の愛称で親しまれている熊本城は、加藤清正が慶長5年(1600)の関ヶ原の戦い後、7年の歳月をかけて同12年(1607)に完成した城です。
 城域は東西1.6km、南北1.2km、周囲5.3km、城域約76万平方m。北から西へは坪井川を引いて堀とし、東と南は数層の石垣をめぐらし、その複雑で堅固な構造は、清正の実戦体験から生み出されたものと云われています。


 熊本城2.jpg

 熊本城3.jpg

  熊本城4.jpg

 青海島育ちのマッサン



posted by 青海島育ちのマッサン at 10:32| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月11日

熊本県の今が旬「くまモンのお土産」

 今日の熊本県旬の情報は、6月7日(日)の「くまモンのお土産を、ご案内致します。

 全国的な人気者になった熊本県のゆるキャラ・くまモンには、表情・しぐさ等で、癒されますね。

 仙崎婦人会の旅行に参加した奥さんから、青海島育ちのマッサンへの「くまモンのお土産」・・・です。

 
 くまモン.jpg

 くまモン1.jpg

 くまモン2.jpg

 青海島育ちのマッサン


posted by 青海島育ちのマッサン at 17:34| 山口 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月01日

2015年春の九州の旅 大分県玖珠町「大分自動車道・玖珠SA」

 2015年春の九州の旅パートXは、大分県玖珠町「大分自動車道・玖珠SA(サービスエリア)を、ご案内致します。

 「大分自動車道・玖珠SA」の位置
[ここに地図が表示されます]


 玖珠SA駐車場
 駐車場.jpg

 玖珠SA・・・コンビニが出店
 玖珠SA1.jpg

 癒しの公園
 玖珠SA2.jpg

 玖珠SA3.jpg

 玖珠町観光マップ
 玖珠町観光マップ.jpg

 玖珠町のシンボル「伐株山(きりかぶさん)」
 メサ(台地火山)の地形で、巨木の伐株に似ていることから伐株山と呼ばれています。

 きりかぶ山.jpg

 玖珠SAは大分県ですが、福岡県のPRのため、福岡県観光案内図が設置されています。
 福岡県観光案内図.jpg

 青海島育ちのマッサン

posted by 青海島育ちのマッサン at 11:37| 山口 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月31日

2015年春の九州の旅 大分県由布市「道の駅ゆふいん」

 2015年春の九州の旅パートWは、大分県由布市道の駅ゆふいんを、ご案内致します。

 由布市「道の駅ゆふいん」の位置
 道の駅ゆふいんは、国道210号、大分自動車道湯布院インター、県道別府一の宮線の合流地点にあります。

[ここに地図が表示されます]


 道の駅ゆふいんは、悠然とそびえる由布岳が望める、観光地湯布院の玄関口にあります。
 ゆふいん道の駅.jpg

 駐車場.jpg

 由布岳.jpg

 物産館には湯布院の特産品を利用した軽食コーナー、お土産売場、新鮮野菜等農産物の直売コーナー等があります。
 お店1.jpg

 お店2.jpg

 お店3.jpg

 お店4.jpg

 観・食・湯・文化等が揃う理想の郷ともいえる湯布院は、何度訪れてもいいところです!

 青海島育ちのマッサン




posted by 青海島育ちのマッサン at 17:18| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月30日

2015年春の九州の旅 大分市「胃腸病等に効能がある塚野鉱泉」

 2015年春の九州の旅パートVは、大分市「胃腸病、慢性便秘等に効能がある塚野鉱泉を、ご案内致します。

 大分市「塚野鉱泉」の位置
 大分市の南西部、緑豊かな山々から注がれる園田川沿いにあります。
[ここに地図が表示されます]


 塚野鉱泉は、昔ながらの湯治場情緒を残す大分市内唯一の鉱泉です。
 塚野鉱泉の泉質は含二酸化炭素・ナトリウム・炭酸水素塩泉で、飲用・浴用ともに利用され、特に飲用では高濃度の炭酸水素イオンと二酸化炭素の成分が、胃腸病、慢性便秘に効能があるといわれています。

 塚野鉱泉

 塚野鉱泉1.jpg

 塚野鉱泉2.jpg

 塚野鉱泉3.jpg

 塚野鉱泉には、旅館が2軒あります。
 旅館山水荘 電話 097−541−0008

 山水荘.jpg

 福来屋 097−541−0261
 福来屋旅館.jpg

 塚野鉱泉の季節の花
 季節の花1.jpg

 季節の花2.jpg

 青海島育ちのマッサン


posted by 青海島育ちのマッサン at 14:14| 山口 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月29日

2015年春の九州の旅 別府温泉「花菱ホテル」

 2015年春の九州の旅パートUは、大分県 別府温泉花菱ホテルを、ご案内致します。

 別府温泉「花菱ホテル」の位置
[ここに地図が表示されます]


 花菱ホテルは、創業が明治37年で「111年周年」を迎えた老舗のホテルです。
 花菱ホテルのPR・・・おもてなしの心
 みなさまお一人お一人にご満足いただけるサービスを提供しております。何時でも、どんな時でも、ほっと安心してお過ごしいただける…そのような、おもてなしを目指しております。
 さりげない心配りと優しい心で、お客様の声を真摯に受け止め謙虚な心を忘れずに、いつも前向きに進んでまいります。
 花菱ホテルは、何よりもおもてなしの心を大切に考えております。


 花菱ホテル.jpg

 玄関.jpg

 玄関左には、足湯があります。
 足湯.jpg

 フロント・・・こじんまりしています。
 フロント.jpg

 広々として明るいロビー
 ロビー.jpg

 ブライダルコーナー
 ブライダルコーナー.jpg

 売店
 売店.jpg

 9階のマリーナに面した部屋からの眺望
 別府のシンボル「高崎山」、「北浜ヨットハーバー」、大分市街地等が望めます。

 部屋(9階)からの眺望1.jpg

 部屋(9階)からの眺望2.jpg

 大分市街地.jpg

 夕食は、豊後牛や関アジ等をいただきました。
 とても美味しかったです。・・・(^o^)

 青海島育ちのマッサン



posted by 青海島育ちのマッサン at 18:14| 山口 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

春の九州の旅「大分自動車道・別府湾SAからの眺望」

 おはようございます。
 3月26日(木)〜28日(金)まで、大分県と福岡県の春の旅に出かけましたので、「山口県長門市今が旬」をお休みにさせていただきました。
 今日から、1日3回の発信を開始しますので、アクセスをよろしくお願いします。

 春の九州の旅第1回は、晴天の「大分自動車道・別府湾SA(サービスエリア)下りからの眺望を、ご案内致します。
 大分自動車道・別府湾SAの位置
[ここに地図が表示されます]


 別府湾SA案内図 
 別府湾SA案内図.jpg

 別府湾SA
 平日でしたが、春休み中なので駐車場は車が結構いました。

 別府湾SA1.jpg

 別府湾SA下りの建屋 
 別府湾SA2.jpg

 別府湾パノラママップ
 別府湾パノラママップ.jpg

 別府市街地と高崎山
 別府市街地と高崎山.jpg

 手前が別府市街地、遠くに大分市街地が望めます。
 大分市と別府市.jpg

 眼下には広大な敷地の立命館アジア太平洋大学があります。
 立命館アジア太平洋大学.jpg

 展望所・・・標高は380m
 展望所.jpg

 展望所380m.jpg

 大分県観光案内
 大分県観光案内.jpg

 青海島育ちのマッサン

posted by 青海島育ちのマッサン at 09:36| 山口 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月22日

九州の秋景色を満喫する旅2014 未公開画像

 11月9日から「九州の秋景色を満喫する旅」に出かけ、各地の旬の景色をご案内してまいりましたが、今回はこれまで「未公開の画像」を、ご案内致します。

 今回の「九州の秋景色を満喫する旅」のコースは、
 長門市 → 長崎市 → 福岡県秋月城址
 → 大分県九重町の九酔渓 → 九重“夢”大吊橋
 → 大分県筋湯温泉 → 飯田高原
 → やまなみハイウェイ → 湯布院 → 塚野鉱泉
 → 長門市

 長崎市
 長崎平和公園の「平和祈念象」

 平和記念像.jpg

 長崎市原子爆弾無縁死没者追悼記念堂
 長崎市原子爆弾無縁死没者追悼記念堂.jpg

 平和公園近くの「文明堂のカステラ
 長崎と云えばカステラですね!

 文明堂のカステラ.jpg

 長崎の夜は「お月さまと1千万ドルの夜景」
 お月様と長崎の夜景.jpg

 長崎の夜明け
 長崎の夜明け.jpg

 長崎の朝.jpg

 ながさき女神大橋
 女神大橋(めがみおおはし)は、長崎市の長崎県道51号長崎南環状線および臨港道路女神大橋線にある斜張橋で、長さは1,289 m(斜張橋部880 m + 取付高架橋部409 m)です。

 女神大橋.jpg

 次回の長崎の旅で訪れたい「眼鏡橋」
 眼鏡橋.jpg

 大分県九重町「九重 夢 大吊橋」
 九重 夢 大吊橋.jpg

 大分県由布市「湯布院の秋色」
 湯布院の秋色.jpg

 旅亭 田野倉.jpg

 今回で、九州の秋景色を満喫する旅2014 は終ります。

 青海島育ちのマッサン







posted by 青海島育ちのマッサン at 07:27| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月21日

九州の秋景色を満喫する旅2014「大分県湯布院の紅葉スポット」(2)

 今日の大分県由布市旬の景色は、11月11日(火)午後の「 金鱗湖近くの秋景色」を、ご案内致します。

 金鱗湖近くの「亀の井別荘」
 「亀の井別荘」は、由布院温泉を代表する高級旅館で、由布院の歴史とともに歩み、由布院玉の湯と並びまちづくりの一翼を担ってきました。
 由布院玉の湯、山荘無量塔とともに、由布院御三家のひとつに数えられています。

 亀の井別荘1.jpg

 亀の井別荘2.jpg

 亀の井別荘3.jpg

 これからは、素晴らしい「湯布院の秋景色を、ご覧ください。
 湯布院の秋色1.jpg

 湯布院の秋色2.jpg

 湯布院の秋色3.jpg

 湯布院の秋色4.jpg

 湯布院の秋色5.jpg

 湯布院の秋色6.jpg

 湯布院 夢 美術館 と 由布岳
 湯布院 夢 美術館.jpg

 明日は、九州の秋景色を満喫する旅2014の未公開「今が旬の景色」を、ご案内致します。

 青海島育ちのマッサン






posted by 青海島育ちのマッサン at 08:37| 山口 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月20日

九州の秋景色を満喫する旅2014「大分県湯布院の紅葉スポット」(1)

 今日の大分県由布市旬の景色は、11月11日(火)午後の「道の駅ゆふいん 金鱗湖の秋景色」を、ご案内致します。

 道の駅ゆふいんは、大分自動車道 湯布院ICに面し、由布市の国道210号沿いにある道の駅で、2003年(平成15年)8月8日に道の駅に登録され営業開始になりました。
 道の駅ゆふいん道標.jpg

 この道の駅からは、由布市のシンボル「由布岳」が望め、パワーがいただけます、
 平日でしたが、駐車場は満車状態でした。

 道の駅ゆふいん1.jpg

 道の駅ゆふいん2.jpg

 由布岳と秋色  
 由布岳と秋色1.jpg

 由布岳と秋色2.jpg

 金鱗湖
 湯布院の自然豊かな場所にある金鱗湖(きんりんこ)は、湖底の一部から温泉と清水が湧き出る不思議な湖です。
 由布岳の下にある池ということで、大分なまりで「岳ん下ん池(=岳の下にある池)」と呼ばれていた湖は、1884年(明治17年)に儒学者の毛利空桑(もうりくうそう)が、湖の魚の鱗(うろこ)が夕日に輝くのを見て「金鱗湖」と名付けたと伝えられています。

 秋から冬の早朝に見られる朝霧はとりわけ美しく、霧の正体は温泉を含んだ湖が蒸気したものと言われています。湖の周りには散策路が整備されており、澄んだ湖面からは、魚や水鳥が泳ぐ姿を眺めることができます。また、紅葉スポットとしても知られています。


 金鱗湖説明.jpg

 金鱗湖と秋色1.jpg

 金鱗湖と秋色2.jpg

 金鱗湖と秋色3.jpg

 秋色.jpg

 明日は、九州の秋景色を満喫する旅2014「大分県湯布院紅葉スポットその2を、ご案内致します。

 青海島育ちのマッサン







posted by 青海島育ちのマッサン at 11:19| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

九州の秋景色を満喫する旅2014「大分県グリーンロードからの秋景色」

 今日の大分県九重町旬の景色は、11月11日(火)午前の「グリーンロードからの秋景色」を、ご案内致します。

 九重町グリーンロードの位置
[ここに地図が表示されます]


 泉水グリーンロードの秋色
 泉水グリーンロードの秋色1.jpg

 九重青少年の家・キャンプ場.jpg

 泉水グリーンロードの秋色2.jpg

 泉水グリーンロードの秋色3.jpg

 泉水グリーンロードの秋色4.jpg

 泉水グリーンロードの秋色5.jpg

 泉水橋
 泉水橋1.jpg

 泉水橋2.jpg

 泉水橋からの秋色
 泉水橋からの秋色1.jpg

 泉水橋からの秋色2.jpg

 飯田高原の秋色
 飯田高原の秋色1.jpg

 飯田高原の秋色2.jpg

 三俣山
 三俣山(みまたやま)は、大分県竹田市と玖珠郡九重町の境界に位置する山であり、九重連山を形成する火山で、どこから見ても3つの峰が見えることからこの名があります。

 三俣山.jpg

 次回は、九州の秋景色を満喫する旅2014「湯布院の秋色を、ご案内致します。

 青海島育ちのマッサン






posted by 青海島育ちのマッサン at 07:44| 山口 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月19日

九州の秋景色を満喫する旅2014「大分県九重町の筋湯温泉と秋色」

 今日の大分県九重町旬の景色は、11月10日(月)午後の「筋湯温泉と秋色」を、ご案内致します。

 筋湯温泉は、桶蓋山の山麓標高1000mの山峡に湧くに点在する魅力的で個性溢れる宿が30軒近く点在し、1000年以上の長い歴史を誇る温泉郷です。

「筋湯」という名の由来は、白壁造りでどっしりと建てられた共同浴場「うたせ大浴場」の湯にあります。
 2mの高さから湯が落ちる「日本一のうたせ湯」の異名を遂げ“筋肉をほぐす湯”として、肩こりなどの筋の凝りなど「筋の病に効く」ということから「筋湯」と呼ばれるようになったとのことです。

 筋湯温泉郷案内

 筋湯温泉郷案内.jpg

 筋湯温泉絵地図
 筋湯温泉絵地図.jpg

 筋湯温泉街
 筋湯温泉街.jpg

 筋湯温泉の秋色
 筋湯温泉の秋色.jpg

 九州電力の「八丁原地熱発電所」からの湯けむり・噴気
 湯けむり1.jpg

 湯けむり2.jpg

 泉水グリーンロードからの秋景色
 大草原の湯けむり
 大草原の湯けむり.jpg

 大草原・・・開放的な気持ちになりました。
 大草原の秋色2.jpg

 「湧蓋(わいた)山と大草原の秋色

 大草原の秋色1.jpg

 やまなみハイウェイのパワースポット「飯田高原」を
目指し、泉水グリーンロード
を進みます。

 泉水グリーンロード.jpg

 明日は、九州の秋景色を満喫する旅2014「泉水グリーンロードからの素晴らしい秋景色」を、ご案内致します。

 青海島育ちのマッサン



 




posted by 青海島育ちのマッサン at 13:07| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

九州の秋景色を満喫する旅2014「大分県九重町の九重“夢”大吊橋」(2)

 今日の大分県九重町旬の景色は、11月10日(月)午後の「九重“夢”大吊橋」その2を、ご案内致します。

 九重“夢”大吊橋は、鳴子川渓谷の標高777m地点に架かる高さ173m、長さ390mの日本一の人道専用吊橋です。

 九重夢吊大橋1.jpg

 九重夢吊大橋2.jpg

 九重“夢”吊大橋からの秋色
 九酔渓(きゅうすいけい)の鳴子川渓谷の風景

 九重夢吊大橋からの秋色1.jpg

 九重夢吊大橋からの秋色2.jpg

 雌滝と秋色
 雌滝と秋色.jpg

 九重“夢”吊大橋と秋色
 九重夢吊大橋と秋色1.jpg

 九重夢吊大橋と秋色2.jpg

 秋色
 秋景色.jpg

 展望広場にある「震動滝龍王社
 震動の滝竜神.jpg

 次回は、九州の秋景色を満喫する旅2014「大分県九重町の筋湯温泉を、ご案内致します。

 青海島育ちのマッサン







 

 
posted by 青海島育ちのマッサン at 07:08| 山口 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月18日

九州の秋景色を満喫する旅2014「大分県九重町の九重“夢”大吊橋」(1)

 今日の大分県九重町旬の景色は、11月10日(月)午後の「九重“夢”大吊橋」その1を、ご案内致します。

 九重町「“夢”大吊橋」の位置
[ここに地図が表示されます]


 九重“夢”大吊橋は、鳴子川渓谷の標高777m地点に架かる長さ390m、川床からの高さ173mでともに日本一の規模を誇る日本一の人道専用吊橋です。
 橋の上からは日本の滝百選に選ばれた震動の滝の雄滝や雌滝、紅葉で有名な九酔渓の絶景、また天気の良い日には九重連山の壮大な景観を眺めることができます。

 駐車場
 平日の午後4時過ぎでしたが、バスもたくさん駐車していました。
 8年経った今でも、九重“夢”大吊橋の人気が伺えます。

 駐車場.jpg

 観光案内所前も大勢のみなさんで賑わっていました。
 賑わい.jpg

 九重“夢”大吊橋周辺の案内
 九重夢吊大橋案内.jpg

 九重夢吊大橋概要図
 平成18年10月30日落成式 同日正午より営業開始
 本体着工 平成16年5月
 総工費
 (周辺整備費を含む)約20億円 国・県の補助なし
 ●標高 777m  ●高さ 173m  ●長さ 390m
 ●主塔の高さ 43m  ●主塔の直径 1.4m
 ●橋桁の幅 1.5m   ●手摺の高さ 1.4m
 ●橋桁の重量 312t

 九重夢吊大橋概要図.jpg

 昨日(11月9日)までの入場者数
 昨日までの入場者数.jpg

 九重町のマスコットキャラクター、ミヤマキリシマの妖精「ミヤちゃん」
 ゆるキャラ.jpg

 九重“夢”大吊橋と秋景色
 九重 夢 吊大橋1.jpg

 九重 夢 吊大橋2.jpg

 九重 夢 吊大橋3.jpg

 九重 夢 吊大橋4.jpg

 明日は、九州の秋景色を満喫する旅2014「大分県九重町九重“夢”大吊橋その2を、ご案内致します。

 青海島育ちのマッサン







 
 
posted by 青海島育ちのマッサン at 12:30| 山口 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

九州の秋景色を満喫する旅2014「大分県九重町の九酔渓」

 今日の大分県九重町旬の景色は、11月10日(月)午後の「紅葉の名所・九酔渓(きゅうすいけい)」を、ご案内致します。

 九重町「九酔渓」の位置
 九酔渓は「やまなみハイウェイ」のスポット飯田高原から、豊後中村に下る途中にある紅葉の美しい渓谷です。
[ここに地図が表示されます]


 ドライブイン桂茶屋の駐車場・・・満車状態でした。
 駐車場.jpg

 九酔渓は、玖珠川流域の両岸約2キロにわたって断崖絶壁が直立にそそり立ち、ヘアピンカーブが連続する別名「十三曲がり」と呼ばれる紅葉の名所です。
 九酔渓1.jpg

 九酔渓2.jpg

 九酔渓3.jpg

 ドライブイン桂茶屋
 店員さんが狸の化粧をして、おもてなしをするユニークなお店です。

 桂茶屋1.jpg

 桂茶屋2.jpg

 次回は、大分県九重町九重“夢”大吊橋を、ご案内致します。

 青海島育ちのマッサン







posted by 青海島育ちのマッサン at 08:00| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月16日

九州を満喫する旅2014 長崎市「稲佐山からの1,000万ドルの夜景」

 今日の長崎市旬の景色は、11月9日(日)の長崎市稲佐山からの1,000万ドルの夜景を、ご案内致します。

 長崎の夜景は2012年10月5日に開催された「夜景サミット2012 in 長崎」において、香港、モナコと共に「世界新三大夜景に選ばれました。


 長崎市の夜景.jpg

 長崎市の夜景1.jpg

 長崎市の夜景2.jpg

 長崎市の夜景3.jpg

 次回は、「福岡県秋月城址の秋」を、ご案内致します。

 青海島育ちのマッサン





posted by 青海島育ちのマッサン at 07:51| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月15日

九州を満喫する旅2014 長崎市「稲佐山からの絶景」

 今日の長崎市旬の景色は、11月9日(日)の長崎市稲佐山からの絶景を、ご案内致します。

 稲佐山(333m)は長崎市のランドマーク的存在で、山頂の展望台からは、周囲の地形を360度にわたり望めます。

 稲佐山公園総合案内

 稲佐山公園総合案内.jpg

 稲佐山展望台
 展望台.jpg

 稲佐山展望駐車場(普通車40台)
 利用料金
  30分ごとに100円(ただし最初の20分は無料)

 駐車場.jpg

 稲佐山展望台からの「長崎市街地の絶景」を、ご覧ください。
 稲佐山展望台からは、ビルが建ち並ぶ長崎市街地や長崎港に入港してくるクルーズ客船、対岸に広がる外国人居留地跡等々の絶景が望め、「海と山に囲まれた風光明媚な長崎の町の風景」を、あらためて実感させてくれる絶景スポットです。

 長崎市街.jpg

 長崎市街1.jpg

 長崎市街2.jpg

 長崎市街3.jpg

 長崎の夜景は2012年10月5日に開催された「夜景サミット2012 in 長崎」において、香港、モナコと共に「世界新三大夜景」に選ばれました。

 稲佐山から眺める夜景は、「1,000万ドルの夜景」と称されるほど美しく、一見の価値があります。
 平成23年4月には展望台がリニューアルオープンし、床に散りばめられた照明による光の空間が、ロマンティックな雰囲気を演出しています。

 長崎「世界新三大夜景都市」に認定.jpg

 長崎「世界新三大夜景都市」1.jpg

 長崎「世界新三大夜景都市」2.jpg

 展望台傍に設置されている「ながさき鶴のみなと
 ながさき鶴のみなと.jpg

 稲佐山展望台前の「450年のきもの
 日本とポルトガルの友好450年を記念して、1993年にポルトガルのリスボン市より送られました。除幕式にはソアレス大統領が出席されました。

 450年のきもの1.jpg

 450年のきもの2.jpg

 450年のきもの3.jpg

 明日は、九州を満喫する旅2014 長崎市稲佐山からの1,000万ドルの夜景を、ご案内致します。

 青海島育ちのマッサン







 
 
posted by 青海島育ちのマッサン at 10:08| 山口 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

九州を満喫する旅2014 長崎市「浦上天主堂」

 今日の長崎市旬の景色は、11月9日(日)の長崎市「浦上天主堂」を、ご案内致します。

 浦上天主堂
 当時東洋一の規模といわれていた赤レンガ作りの浦上天主堂は、爆心地から東北東約500mに位置していたため、原爆により一瞬にして崩壊しました。
 原爆落下中心地には、被爆した聖堂の南側の残骸の一部が移築されています。

 浦上天主堂説明.jpg

 現在の建物は昭和34年(1959)に鉄筋コンクリートで再建されたもので、昭和55年(1980)、レンガタイルで改装し、往時の姿に復元されました。
 周囲には被爆遺構の石像などが配され、今も原爆の爆風に耐えた一方のアンジェラスの鐘が時を告げています。

 浦上カトリック協会.jpg

 浦上天主堂1.jpg

 浦上天主堂の入口
 浦上天主堂2.jpg

 浦上天主堂の正面
 浦上天主堂3.jpg

 マリア像
 マリア像1.jpg

 マリア像2.jpg

 原爆被害の石像
 現在も、天主堂の左側の植え込みには、熱線で黒く焦げたり、鼻や腕、指がもぎとられたり、頭部を欠いた石像があります。

 原爆被害の石像.jpg

 ミサの時間案内
 ミサ時間案内.jpg

 天主公園とカトリック長崎大司教館
 大司教館.jpg

 次回は、九州を満喫する旅2014 長崎市稲佐山展望台からの絶景を、ご案内致します。

 青海島育ちのマッサン








posted by 青海島育ちのマッサン at 07:15| 山口 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月14日

九州を満喫する旅2014長崎市「長崎平和公園」祈りのゾーン及び学びのゾーン

 今日の長崎市旬の景色は、11月9日(日)の長崎平和公園祈りのゾーン 中心地地区 及び 学びのゾーン 長崎原爆資料館地区を、ご案内致します。

 祈りのゾーン 中心地 地区

 平和の願いを後世へ(碑文)

 戦争は国を亡ぼす
 核兵器は地球をなくす
 世界を担う若者よ
 未来へ平和を
 つないでほしい

 平和の願いを後世へ(碑文).jpg

 PEOPLE AT PEACE(左)
 被爆の体験をもつ、姉妹都市のクラブであり、共通した平和文化の地域にある長崎西ライオンズクラブと広島西ライオンズクラブが「姉妹締結をしたことを記念」するとともに、全人類の恒久平和のシンボルとして役立つことを願い建立されました。


 
 隈治人句碑(右)
 句題「長崎原爆」 反原爆、平和祈願のため

 PEOPLE AT PEACE 隈治人句碑.jpg

 学びのゾーン 長崎原爆資料館地区
 「学びのゾーン」として位置づけられる長崎原爆資料館地区。国際文化会館の建替えにあわせ、隣接する平和会館との間の前庭の整備により、来園者の滞留空間を確保するとともに、中心地地区との歩行者の動線として地下通路が整備されています。

 長崎原爆資料館
 原爆投下直後の街の惨状を再現し、被爆の状況を写した写真や被爆した品々が展示されており、被爆体験講話などを行う平和学習室、原爆記録映画を上映しているビデオルームなどがあり、核兵器の脅威と非人道性、戦争の悲惨さを訴えています。

 •観覧料
  個人 200円(一般) 100円(小・中・高校生)
  団体 160円(一般) 80円(小・中・高校生)
  (補足1)団体は15名以上
  (補足2)小学生未満の方は無料
 •観覧所要時間 約1時間
 •開館時間

  4月、9月〜翌年3月
   午前8時30分〜午後5時30分(入館は午後5時まで)
  5月〜8月
   午前8時30分〜午後6時30分(入館は午後6時まで)
  8月7日〜9日
   午前8時30分〜午後8時(入館午後7時まで)
 •休館日 12月29日〜12月31日


 長崎原爆資料館1.jpg

 折鶴
 折鶴.jpg

 入場口・・・撮影はここまで
 長崎原爆資料館2.jpg

 原爆資料館屋上からの眺望
 原爆資料館屋上からの眺望.jpg

 国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館
 国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館は、原爆による死没者の方々への追悼の意を表し、永遠の平和を祈念するとともに、原爆の惨禍に対する世界中の人々の理解を深め、被爆体験を後世に伝えることを目的とした施設です。

 国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館.jpg

 原爆殉難教え子と教師の像
 昭和二十年八月九日、原子爆弾の却火とすさまじい爆風は、一瞬にして長崎 の北部一帯を廃墟と化し、十四万有余の市民を殺傷した。さながら地獄のごとき様相は、 核兵器の恐るべき脅威を示すものであった。
 この日家にいた国民学校児童五千八百余、 報国隊として工場に出動していた千九百余の生徒たちは、百有余の教師と共に即死、または放射能によりつぎつぎと尊い生命を奪われた。
 年を経るに従い、この悲惨な事実が忘れ去られることは忍び難く、県内外の教職員 及び有志の協力により、亡きみ霊の安らかならんことを祈念し、再びかかる惨禍をく り返さぬことを誓い、ここにこの像を建立されました。

 原爆殉難教え子と教師の像.jpg

 明日は、九州を満喫する旅2014 長崎市「浦上天主堂を、ご案内致します。

 青海島育ちのマッサン






posted by 青海島育ちのマッサン at 15:10| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

九州を満喫する旅2014長崎市「長崎平和公園」祈りのゾーン

 今日の長崎市旬の景色は、11月9日(日)の「長崎平和公園」祈りのゾーン 中心地地区を、ご案内致します。

 中心地地区は、「祈りのゾーン」として聖域化を図り、被爆の史実を伝え、被爆により亡くなられた方々のご冥福を祈る空間として整備されています。

 原爆落下中心碑(左)
 この地の上空500メートルで炸裂した原爆は、一瞬のうちに多くの尊い人命を奪いました。
 塔の前に置かれた原爆殉難者名奉安箱には原爆により爆死された方、被爆者でその後亡くなられた方々の氏名(複製)を奉安されています。

 浦上天主堂遺壁(右)
 大正3年(1914年)に天主堂、大正14年(1925年)にその双塔を完成させ、東洋一の壮大さを誇った浦上天主堂は、原爆によりわずかな堂壁を残し崩れ落ちてしまいました。
 この遺壁は、聖堂の南側の一部を移築したもので、原爆による石柱のずれが注目されます。


 原爆落下地点1.jpg

 原爆落下地点2.jpg

 被爆50周年記念事業碑
 被爆50周年記念事業碑説明.jpg

 被爆50周年記念事業碑.jpg

 電気通信労働者原爆被爆者慰霊碑
 いのちの
 かぎり
 消えぬ
 被爆の憎しみを
 いかに
 伝えむ
 澄みし
 この瞳に

電気通信労働者原爆被爆者慰霊碑.jpg

 平和を祈る子(像)
 長崎平和の折鶴会
 輝いていますように
 明るく太陽が
 いつも
 世界の子供のうえに
 なりひびかないように
 二度と
 大砲の音が
 くりかえさないように
 二度と
 長崎の子供の悲しみを
 すがって泣いた
 母さんに
 原子雲の下で

 平和を祈る子(像).jpg

 平和の母子像
 平和の母子像説明.jpg

 平和の母子像.jpg

 反核・平和 はぐくむ
 反核・平和 はぐくむ.jpg

 あの夏の日
 あの夏の日.jpg

 次回は、九州を満喫する旅2014長崎市「長崎平和公園」祈りのゾーン及び学びのゾーン 長崎原爆資料館地区を、ご案内致します。

 青海島育ちのマッサン





posted by 青海島育ちのマッサン at 10:38| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月13日

九州を満喫する旅2014長崎市「長崎平和公園」(2)

 今日の長崎市旬の景色は、11月9日(日)の「長崎平和公園」その2を、ご案内致します。

 原爆の歴史を語り、平和の尊さを内外に発信するために、昭和24年に制定された「長崎国際文化都市建設法」の事業の一環として、松山町の原爆落下中心地を中核に「平和公園」が建設されました。
 
 ここには、長崎市民の平和への願いを象徴する「平和祈念像」、世界各国から送られた平和を象徴するモニュメント(世界シンボルゾーン)、水を求めてさまよった少女の手記が刻まれた「平和の泉」などがあり、「願いのゾーン」と位置づけられています。

 米国から日本の皆様への贈り物

 米国から日本の皆様への贈り物説明.jpg

 米国から日本の皆様への贈り物.jpg

 長崎刑務所浦上刑務支所跡
 長崎刑務所浦上刑務支所は、爆心地より北へ最短約100m、最長約350mの地点(岡町)にあり、爆心地にもっとも近い公共の建物でした。
 1945年(昭和20年)8月9日 午前11時2分、一発の原子爆弾のさく裂によって刑務所内にいた職員18名、官舎住居者35名、受刑者及び刑事被告人81名(うち中国人32名、朝鮮人13名)計134名全員が即死しました。

 長崎刑務所浦上支所説明.jpg

 長崎刑務所浦上支所跡.jpg

 平和公園は日曜日と云うこともあり、大勢の見学者がおられました。
 平和公園見学者.jpg

 平和祈念像
 青銅製の平和祈念像は、長崎市民の平和への願いを象徴する高さ9.7メートル、重さ30トンで、制作者の長崎出身の彫刻家北村西望氏はこの像を神の愛と仏の慈悲を象徴とし、天を指した右手は“原爆の脅威”を、水平に伸ばした左手は“平和”を、軽く閉じた瞼は“原爆犠牲者の冥福を祈る”という想いを込めました。
 毎年8月9日の原爆の日を「ながさき平和の日」と定め、この像の前で平和祈念式典がとり行なわれ、全世界に向けた平和宣言が行われます。

 平和祈念像.jpg

 平和祈念像建立のことば
 平和祈念像建立のことば.jpg

 平和祈念像作者の言葉
 平和祈念像作者の言葉.jpg

 折鶴の塔
 原子爆弾犠牲者の霊を慰めるとともに、二度とこの地球上に原爆の惨禍を招くことがないよう、世界恒久平和を祈って寄せられた折鶴を塔に掲げ、その意が伝えられています。

 折鶴塔.jpg

 明日は「長崎原爆資料館」を、ご案内致します。

 青海島育ちのマッサン







 
posted by 青海島育ちのマッサン at 14:36| 山口 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

九州を満喫する旅2014長崎市「長崎平和公園」(1)

 今日の長崎市旬の景色は、11月9日(日)の「長崎平和公園」その1を、ご案内致します。

 長崎平和公園の位置

[ここに地図が表示されます]
 

 長崎平和公園は、悲惨な戦争を二度と繰り返さないという誓いと、世界平和への願いを込めてつくられた公園で、平和祈念像、式典広場、平和の泉、長崎の鐘、各種モニュメントなどがあります。

 平和公園入口
 平和公園は、小高い丘にありますので、エスカレーター・動く歩道か階段
を使って上がります。

 平和公園入口1.jpg

 平和公園入口2.jpg

 丘に上がった所から、長崎市街地と季節の花を望みました。
 季節の花と長崎市街.jpg

 平和の泉
 のどが渇いてたまりませんでした
 水にはあぶらのようなものが
 一面に浮いていました
 どうしても水が欲しくて
 とうとうあぶらの浮いたまま飲みました
 ― あの日のある少女の手記から ―


 平和の泉説明.jpg

 平和の泉.jpg

 平和を祈る像
 平和を祈る像.jpg

 平和の像
 この像は、ソヴィエト社会主義共和国連邦から長崎市が計画している「世界平和シンボルゾーン」建設の主旨に賛同し寄贈された平和の像です。 母親が子供を抱いた姿で、愛とともに平和を表現しています。
 
 平和を祈る像1.jpg

 人生の喜びの像
 この像は、長崎市が計画している「世界平和シンボルゾーン建設」に賛同してチェコスロバキア社会主義共和国から贈られた作品「人生の喜び」です。 女性が男の子を両手で差し上げ、母親と子供の喜びを表現しています。

 平和を祈る像2.jpg

 諸国民友好の像
 平和と人類の幸せな未来、そして諸国民友好を求める努力を象徴するドイツ民主共和国からの寄贈品です。

 平和を祈る像3.jpg

 長崎の鐘
 原爆投下後、33回忌を迎えるにあたり、動員学徒、女子挺身隊、徴用工、一般市民の原爆殉難者の冥福を祈り、あのようなむごい原子爆弾が、再びこの地球で炸裂しないためにも、この鐘を鳴らし続けて恒久平和の確立を世界の人々に訴えるため、遺族、被爆者、およそ21,000世帯の拠出金により建立されました。

 長崎の鐘1.jpg

 長崎の鐘2.jpg

 原爆殉難者之碑.jpg

 次回は、九州を満喫する旅2014長崎市長崎平和公園その2を、ご案内致します。

 青海島育ちのマッサン






posted by 青海島育ちのマッサン at 10:24| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月12日

九州の秋景色を満喫する旅2014

 11月9日から「九州の秋景色を満喫する旅」に出かけ、ブログの発信をお休みしていましたが、今日から各地の旬の景色を、ご案内してまいります。

 今回の「九州の秋景色を満喫する旅」のコースは、
 長門市 → 長崎市 → 福岡県秋月城址
 → 大分県九重町の九酔渓 → 九重“夢”大吊橋
 → 大分県筋湯温泉 → 飯田高原
 → やまなみハイウェイ → 湯布院 → 塚野鉱泉

 → 長門市

 今日は、「九州の秋景色を満喫する旅」の予告編として、各地の景色の一端をご覧ください。

 稲佐山展望台からの「長崎市街地

 長崎市街.jpg

 長崎平和公園の「平和祈念象」
 平和記念像.jpg

 秋月城址の秋月城本門(黒門)と秋色
 秋月城本門(黒門).jpg

 秋色.jpg

 筋湯温泉街
 筋湯温泉街.jpg

 泉水グリーンロードの秋色
 泉水グリーンロードの秋色.jpg

 九酔渓
 九酔渓.jpg

 九重“夢”大吊橋
 九重“夢”大吊橋.jpg

 由布岳
 由布岳.jpg

 湯布院のパワースポット「金鱗湖」
 金鱗湖.jpg

 明日からは、「九州の秋景色を満喫する旅2014」の詳細を、ご案内してまいります。

 青海島育ちのマッサン





posted by 青海島育ちのマッサン at 18:46| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月01日

ソフトB・工藤新監督が就任会見、秋山前監督の背番号「81」を選ぶ

 今日の福岡市旬の情報は、11月1日(土)の福岡ソフトバンクホークス工藤新監督が就任会見、秋山前監督の背番号「81」を選ぶ」を、ご案内致します。

 ソフトバンクの新監督に就任した工藤公康氏(51)が1日、福岡市内のホテルで会見を行った。

 無数のフラッシュを浴び、王貞治球団会長(74)らとともに、壇上へ。
 「尊敬する王会長に声をかけていただいた。いつか恩返しがしたいという思いでやってきた。しっかりと恩を返せるようにやっていきたい」と笑顔を浮かべ、口を開いた。

 工藤新監督.jpg

 背番号は「81」を選んだ。10月30日にチームを3年ぶりの日本一へと導き、同日限りで退任した秋山幸二前監督(52)がつけた番号だが、「多くの選手を育て、日本一になられた。そのチームを受け継ぐ意志の表れとして、一番僕にぴったりの番号だと思いました」と話した。

 王会長は「1995年から99年まで5年間、一緒に戦いまして、最初は勝てなくて、卵をぶつけられたりしたことも、一緒に思い出として残っています。今の時代の野球に、大変マッチした指導ができる監督ではないかと思います」と期待をかけた。


 今回の記事と画像は、SANSPO.COMより引用させていただきました。
 http://www.sanspo.com/baseball/news/20141101/haw14110115540006-n1.html


 熱狂的なホークスファンの一人として、「工藤新監督の手腕により、ホークスが連続日本一達成」を、大いに期待しています。

 青海島育ちのマッサン






posted by 青海島育ちのマッサン at 18:04| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月19日

九州の旅 大分県別府市「杉乃井ホテルのイルミネーション」

 今日の九州の旅 大分県別府市旬の景色は、6月3日(火)の「杉乃井ホテルのイルミネーション」を、ご案内致します。

 「東九州道 道の駅・北川はゆま」を後にし、東九州道を進み「蒲江IC」を下りて、県道37号線を経て東九州道佐伯ICに入りました。
 その後、東九州道を進み「大分松岡PAに到着

 大分松岡PA.jpg

 この「大分松岡PA」からは、「大分銀行ドーム」が望めます。
 大分銀行ドームは、4万人が収容できるサッカー・ラグビー等にも利用可能な陸上競技場であり、大分スポーツ公園の中心施設です。
 また、2002年のワールドカップサッカー大会の九州唯一の会場となりました。スポーツだけでなくコンサート、集会など多目的利用ができるように工夫された施設で、外観は球体をモチーフにされています。

 大分銀行ドーム.jpg

 大分銀行ドーム2.jpg

 大分松岡PA」を後にして、愛車を進め午後4時過ぎに、別府市の杉乃井ホテルに到着しました。

 杉乃井ホテルの位置 大分県別府市観海寺1
[ここに地図が表示されます]


 HANA館にチェックイン後、日本有数の大露天風呂「棚湯」で別府の湯を満喫した後は、スギノイホール「ひかり」で大分県の幸を堪能しました。
 スギノイホール「ひかり」前のイルミネーション

 光ホールのイルミネーション.jpg

 これからは、HANA館前のイルミネーションを、ご覧ください。
 花館前のイルミネーション1.jpg

 花館前のイルミネーション2.jpg

 花館前のイルミネーション3.jpg

 杉乃井ホテルのイルミネーション」の素晴らしさは、「カテゴリの九州」で、ご紹介しています。

 今回の「九州の旅」は、今回で終りにさせていただきます。
 次回の「九州の旅」は、紅葉を求めて11月に行く予定です。

 青海島育ちのマーくん








posted by 青海島育ちのマッサン at 16:31| 山口 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月18日

九州の旅・宮崎県延岡市「東九州道 道の駅・北川はゆま」

 今日の九州・宮崎県・延岡市旬の景色は、6月3日(火)の「東九州道 道の駅・北川はゆま」を、ご案内致します。

 リッチな気分をしっかりと満喫した宮崎市「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」を後にして、愛車は高鍋ICから「東九州道」を順調に走り、正午過ぎに「道の駅・北川はゆま」に到着しました。

 
 「道の駅・北川はゆま」の位置
 宮崎県延岡市北川町長井5751−1
(東九州道北川I.Cより1分!)
[ここに地図が表示されます]


 道の駅・北川はゆま
  「はゆま」とは、約1300年前の飛鳥時代に設けられた駅制度のなごりで、駅馬の古い呼び名です。
  木工体験のできる「はゆま館」は、北川町産杉ひのきを使用した木の香ただよう駅です。


 道の駅「北川はゆま」説明.jpg

 道の駅「北川はゆま」1.jpg

 道の駅北川はゆまのイチオシは、昔懐かしいからくり時計『はゆまの音楽会』です。
 地元の特産品を販売している「はゆま物産館」の上に設置されており、毎日5回10:00/12:00/15:00/17:00/18:00になるとシャッターが開き、時を知らせるからくり時計の演奏が始まります。


 道の駅「北川はゆま」2.jpg

 農水産物売場
 「延岡市の旬」がたくさん並んでいました。

 農水産物売場.jpg

 農水産物売場のレジ近くには、元首相の村山 富一氏や
 榎木 孝明氏等の著名人のサインが掲示
されています。
 
 サイン1.jpg

 サイン2.jpg

 手作り木工品コーナー
 手作り木工品コーナー.jpg

 物産館のもう一つの入口に設置されている「駅馬」
 物産館入口.jpg

 駅馬.jpg

 物産館内の「宮崎県内の地ビール、焼酎、日本酒、ワイン
 宮崎県内の地ビール、焼酎、日本酒、ワイン.jpg

 農水産物・お土産コーナーとレジ
 色々なお土産があり、選ぶのに苦労しました。・・・(^o^)

 農水産物・お土産コーナー.jpg

 農水産物・お土産コーナーのレジ.jpg

 明日は、別府「杉乃井ホテルのイルミネーション」を、ご案内致します。

 青海島育ちのマーくん





 
posted by 青海島育ちのマッサン at 17:38| 山口 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月16日

九州の旅・宮崎市「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」(4)

 今日の九州・宮崎市旬の景色は、6月2日(月)の九州の旅・宮崎市シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートその4を、ご案内致します。

 外に出まして2階玄関回りを散策しました。
 2階玄関前

 夜の誘導路.jpg2階玄関1.jpg

 2階玄関2.jpg

 国際会議場への通路
 国際会議場への通路.jpg

 2階ロビー
 2階ロビー.jpg

 くつろぎのスペース
 くつろぎ.jpg

 翌朝6月3日・・・早朝よりあいにく、雨が少し強く降っています。
 太平洋、トム・ワトソンゴルフコース、オーシャンドーム等も霞んでいます。

 太平洋も霞んでいます。.jpg

 雨・霧のトムワトソンゴルフコース.jpg

 オーシャンドーム.jpg

 これから、朝食会場に向かいます。
 途中の朝のカクテルバー「パシフィカ」・・・夜と違ったさわやかな雰囲気があります。

 朝のカクテルバー「パシフィカ」.jpg

 ダイニング「パインテラス」への通路・・・イルミネーョンで、別世界の雰囲気が醸し出されています。
 ダイニング「パインテラス」への通路1.jpg

 ダイニング「パインテラス」への通路2.jpg

 通路には、天岩戸開き・天照大御神や古事記等の説明もあります。
 天岩戸開き・天照大御神.jpg

 古事記.jpg

 ダイニング「パインテラス」入口には、花がいっぱい・・・身も心も癒されます。
 ダイニング「パインテラス」入口1.jpg

 ダイニング「パインテラス」入口2.jpg

 ダイニング「パインテラス」
 ダイニング「パインテラス」からの眺望.jpg

 朝食はバイキング・・・青海島育ちのマーくんの朝食・・・遠慮していました。・・・(^o^) 
 朝食.jpg

 「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」のスタッフのみなさん、大変お世話になりました。
 至福の時間を過ごさせていただき、ありがとうございました。
 次回は、結婚45周年の記念日に、お世話になる予定です。・・・その際も、今回同様よろしくお願い致します。

 青海島育ちのマーくん





posted by 青海島育ちのマッサン at 16:50| 山口 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月15日

九州の旅・宮崎市「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」(3)

 今日の九州・宮崎市旬の景色は、6月2日(月)の九州の旅・宮崎市シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートその2として、ギャラリーのお宝を中心にご案内致します。

 ようこそ!シーガイアへ・・・熱烈歓迎!

 ようこそ!シガイアへ.jpg

 シーガイア&みやざき紹介
 シーガイア&みやざき紹介.jpg

 宮崎県の町村紹介
 宮崎県紹介1.jpg

 宮崎県紹介2.jpg

 このあたりで一休憩・・・カクテルバー「パシフィカ」を上から望みます。
 一休み.jpg

 カクテルバー「パシフィカ」.jpg

 ナイトinシェラトン・グランデ・オーシャンリゾート
 ギャラリーへ.jpg

 ギヤラリー・・・お宝がいっぱい陳列されています。
 ギャラリー1.jpg

 ギャラリー2.jpg

 これからは、「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」のお宝の一端をご覧ください。
 お宝1.jpg

 お宝2.jpg

 お宝3.jpg

 お宝4.jpg

 お宝5.jpg

 お宝6.jpg

 お宝7.jpg

 明日は、九州の旅・宮崎市シェラトン・グランデ・ オーシャンリゾートその4を、ご案内致します。

 青海島育ちのマーくん







 
 
posted by 青海島育ちのマッサン at 15:53| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月14日

九州の旅・宮崎市「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」(2)

 今日の九州・宮崎市旬の景色は、6月2日(月)の九州の旅・宮崎市シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートその2を、ご案内致します。

 部屋でくつろいだ後は、松林の中、花々に囲まれ、自然と一体になりこれまでの温泉とは、ひと味違うリゾートなくつろぎを得るため、松泉宮温泉に向かいます。

 3階の松泉宮温泉への道しるべ

 松泉宮温泉案内.jpg

 松泉宮温泉は、松林に囲まれた露天風呂がある大浴場「月読」、池に面した開放的な中浴場「新月」、貸切5棟の離れ湯があります。
 これからの「松泉宮温泉」は、写真撮影禁止ですので、「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」さんの、HPの写真を引用させていただきました。

 松泉宮温泉へのアートを施した廊下

 松泉宮温泉−アートを施した廊下.jpg

 松泉宮温泉 月読の内湯と露天風呂
 松泉宮温泉 月読内湯.jpg

 松泉宮温泉 露天風呂「月読」.jpg

 松泉宮温泉−露天風呂「新月」 
 松泉宮温泉−露天風呂「新月」.jpg

 松泉宮温泉廊下からのホテル
 松泉宮温泉廊下からのホテル.jpg

 松泉宮温泉を堪能した後は、お楽しみの夕食です。
 お食事処の案内と入口

 お食事処案内.jpg

 お食事処入口.jpg

 料理の一部と のどを潤す救いの神
 料理1.jpg

 料理2.jpg

 焼酎コーナー・・・宮崎自慢の焼酎が並んでいます。
 焼酎コーナー.jpg

 椎茸栽培の木
 椎茸の木.jpg

 食事の後は、1階のカクテルバー「パシフィカ」へ・・・
 カクテルバー「パシフィカ」1.jpg

 カクテルバー「パシフィカ」2.jpg

 2階のフロント周り・・・夜は別な雰囲気になります。
 夜のフロント周り1.jpg

 夜のフロント周り2.jpg

 明日は、九州の旅・宮崎市シェラトン・グランデ・ オーシャンリゾートその3を、ご案内致します。

 青海島育ちのマーくん









 
posted by 青海島育ちのマッサン at 16:34| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月13日

九州の旅・宮崎市「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」(1)

 今日の九州・宮崎市旬の景色は、6月2日(月)の九州の旅・宮崎市シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートその1を、ご案内致します。

 九州の旅2日目の宿は、宮崎市のフェニックス・シーガイア・リゾート内にある「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」で、お世話になりました。

シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」の位置
[ここに地図が表示されます]


 車を走らせていると、どこまでも続く松林の中から突如あらわれる超高層(43階)のホテル
 自然の恵み、洗練された空間、五ツ星クラスのサービス、宮崎の豊富な食材を使ったレストランでの食事などが織りなす、最高の贅沢を求めて訪れました。

 シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート.jpg

 この日は、あいにくの雨模様の天気でしたが、晴れた日の「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」は、超ビューティフルです。
 シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート1.jpg

 1階ロビーから2階のロビー・フロントに案内していただきます。
 吹き抜けが12階まであるため、超解放感が味わえます。

 ロビー吹き抜け3.jpg

 ロビー吹き抜け1.jpg

 ロビー吹き抜け2.jpg 

 チェックイン後のフロント
 フロント.jpg

 2階のエレベーターホール・・・リッチで落ちつきがあります。
 2階エレベーターホール.jpg

 エレベーター内・・・43階まであります。
 青海島育ちのマーくんは、客室最上階の41階をお願いしました。

 エレベーター.jpg

 41階のエレベーターホール 
 41階エレベーターホール.jpg

 このエレベーターホールからの山側の景色・・・ホテルへの誘導路と広大な松林が望めます。
 山側の眺望.jpg

 41階の部屋案内表示部屋案内.jpg

 お世話になりました「4117号室」
 宿泊部屋.jpg

 お部屋の内部
 室内1.jpg

 室内2.jpg

 室内3.jpg

 お部屋の窓からは、「オーシャンドーム」や松林に囲まれた「トムワトソンゴルフコース」等が望めます。
 オーシャンドーム.jpg

 トムワトソン・ゴルフコース1.jpg

 トムワトソン・ゴルフコース2.jpg

 明日は、九州の旅・宮崎市シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートその2を、ご案内致します。

 青海島育ちのマーくん





 
posted by 青海島育ちのマッサン at 11:10| 山口 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月12日

九州の旅・宮崎市「花のまちづくりの推進拠点 フローランテ宮崎」(3)

 今日の九州・宮崎市旬の景色は、6月2日(月)の九州の旅「花のまちづくりの推進拠点 フローランテ宮崎その3を、ご案内致します。

 園内では、色とりどりの「季節の花など」が、来園者の身も心もやさしく癒してくれます。

 季節の花1.jpg

 季節の花2.jpg

 コントラストリーフ?.jpg

 とても珍しい「地湧金蓮(チユウキンレン)」
 中国雲南省原産で、「地面から湧いてきた金色のハス」という意味だそうです。

 地湧金蓮説明.jpg

 地湧金蓮2.jpg

 地湧金蓮3.jpg

 花づくり見本園「玄関」
 玄関周りをイメージした、洋風、和風7つの庭があります。

 玄関.jpg

 気になった樹 テーダマツ
 花が・・・
 テーダマツ.jpg

 月のガゼボ
 季節のハンギングバスケットで彩られた、月をイメージしたドーム状のあずまや(休憩舎)で、花壇は黄色をテーマカラーとして季節ごとに植え替えられています。

 月のガゼボ.jpg

 フラワー機関車
 木製の「フラワー機関車」や小さな砂場や滑り台があり、小さな子どもたちが花と緑に囲まれた中でのびのびと遊ぶことができます。

 フラワー機関車.jpg

 テラコッタ人形とひまわり
 心が和みますね!・・・(^o^)

 テラコッタ人形とひまわり.jpg

 芝生広場
 園内中央の芝生広場は、約6000uの広さがあり、緑の芝生が目を癒してくれます。

 芝生広場.jpg

 芝生広場夢花館シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート
 フローランテ宮崎と芝生広場.jpg

 交流広場・・・季節の花がいっぱい・・・癒されます。
 交流広場.jpg

 明日は、お世話になりました「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」を、ご案内致します。

 青海島育ちのマーくん








posted by 青海島育ちのマッサン at 10:46| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月11日

九州の旅・宮崎市「花のまちづくりの推進拠点 フローランテ宮崎」(2)

 今日の九州・宮崎市旬の景色は、6月2日(月)の九州の旅「花のまちづくりの推進拠点 フローランテ宮崎その2を、ご案内致します。

 
 ガラスハウス(温室)
 1号温室では主に、種まきや挿し木で増やした植物の苗が養生されています。
 2・3・4号温室では、1号温室同様、こちらの温室にある苗の大半が挿し木で増やされたものです。

 ガラスハウス(温室).jpg

 温室の花1.jpg

 温室の花2.jpg

 温室の花3.jpg

 温室の花4.jpg

 温室を出ましてふり返りますと、夢花館の交流広場側が望めます。
 温室外からの夢花館.jpg

 アーチトレリス」には、季節の花が咲くハンギングバスケットなどが飾られています。
 ガーデンストリート.jpg

 『潤いとやすらぎの街』をテーマに、「洋風の家」、「田園生活指向の家」、「和風の家」、「アウトドアライフ指向の家」と、4つの異なる住宅と、それぞれにあった庭づくりが提案されています。
 街並み見本園1.jpg

 街並み見本園2.jpg

 花づくり見本園<塀・壁>案内板
 

 花づくり見本園<塀・壁>案内板.jpg

 ロボクンは一休み
 ロボチャン風.jpg

 ガクアジサイ
 ガクアジサイ.jpg

 控えめな?ワンチャン
 ワンチャン.jpg

 明日は、九州の旅・宮崎市「花のまちづくりの推進拠点 フローランテ宮崎その3を、ご案内致します。

 青海島育ちのマーくん





posted by 青海島育ちのマッサン at 17:16| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月10日

九州の旅・宮崎市「花のまちづくりの推進拠点 フローランテ宮崎」

 今日の九州・宮崎市旬の景色は、6月2日(月)の九州の旅「花のまちづくりの推進拠点 フローランテ宮崎その1を、ご案内致します。

 「フローランテ宮崎」の位置
[ここに地図が表示されます]


 フローランテ宮崎」は、世界に誇る「花のまちづくりの推進拠点」として、市民や観光客が四季折々に花と共にある生活を楽しめ、多彩内なイベントが催される、都市緑化植物園の機能をもつ都市公園です。

 駐車場
 後方に、今宵の宿「シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート」が望めます。

 駐車場.jpg

 「フローランテ宮崎」の案内
 フローランテ宮崎案内1.jpg

 フローランテ宮崎案内2.jpg

 夢花館・・・旬の花がいっぱいです。
 フローランテ宮崎受付.jpg

 夢花館1.jpg

 夢花館2.jpg

 館内には、名作「木洩れ日U」が飾ってありました。
 木漏れ日U説明.jpg

 木漏れ日U.jpg

 更に進みますと、フローランテ宮崎のスケッチ大会の作品が掲示されていました。
 スケッチ大会作品.jpg

 「フローランテ宮崎」の四季
 フローランテ宮崎の4季.jpg

 夢花館の二階に上がりました。・・・ゆったりとくつろげます。
 夢花館二階.jpg

 二階からの夢花館.jpg

 一階のカフェテリア
 カフェテリア.jpg

 夢花館の外に出ました。
 交流広場にも、季節の花がいっぱいで、癒されます。

 交流広場1.jpg

 交流広場2.jpg

 明日は、九州の旅・宮崎市「花のまちづくりの推進拠点 フローランテ宮崎その2を、ご案内致します。

 青海島育ちのマーくん





posted by 青海島育ちのマッサン at 10:56| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月09日

九州の旅「宮崎市民の森・20万株の花菖蒲園」

 今日の九州・宮崎市旬の景色は、6月2日(月)の九州の旅「宮崎市民の森20万株の花菖蒲園を、ご案内致します。

 「宮崎市民の森・20万株の花菖蒲園」の位置

[ここに地図が表示されます]


 市民の森は、日向灘に面する東園と、大通りを挟んで西園とに分かれています。
東園は防潮林の中にあり、神話の「みそぎの池」として知られる御池や、三種の神器が発見されたとする丘など、神話にまつわる場所が点在するスポットです。

 一方の西園では、梅園・椿園、そして花しょうぶ園など沢山の花々があり、季節ごとに見る人を楽しませてくれます。
 特に、毎年5月下旬から6月上旬にかけて行われる「はなしょうぶまつりでは、色とりどりの花しょうぶの美しさを堪能でき、期間中は野点(のだて)や琴の演奏・花の苗や野菜などの販売・セミナーなどの催しも行われ、来場者を楽しませてくれます。


 市民の森管理事務所 
 市民の森管理事務所.jpg

 市民の森休憩所
 休憩所.jpg

 市民の森案内板
 市民の森案内板.jpg

 花菖蒲園案内板 
 花菖蒲園案内.jpg

 花菖蒲の由来
 花菖蒲の由来.jpg

 花菖蒲解説
 花菖蒲解説.jpg

 花菖蒲園のあずまや
 あずまや.jpg

 これからは、花菖蒲園の色々な「花菖蒲を、ご覧ください。
 花菖蒲園1.jpg

 花菖蒲園2.jpg

 花菖蒲園3.jpg

 花菖蒲園4.jpg

 花菖蒲園5.jpg

 花菖蒲園6.jpg

 市民の森には、季節の花がいろいろあります。
 今が旬の紫陽花

 アジサイ.jpg

 ガクアジサイ.jpg

 明日は、宮崎市の「花のまちづくりの推進拠点フローランテ宮崎を、ご案内致します。

 青海島育ちのマーくん







posted by 青海島育ちのマッサン at 07:46| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月08日

九州の旅「宮崎県日南海岸国定公園・道の駅・フェニックス」

 今日の九州・旬の景色は、6月2日(月)の九州の旅「宮崎県日南海岸国定公園 道の駅・フェニックスを、
ご案内致します。

 「道の駅・フェニックス」の位置

[ここに地図が表示されます]


 「道の駅・フェニックス」の駐車場
 駐車場.jpg

 「道の駅・フェニックス」と日南海岸
 日南海岸と道の駅・フェニックス.jpg

 案内板
 案内板.jpg

 先ずは、昼食のため2階の「レストラン堀切」に直行・・・(^o^)
 素晴らしい景色を観ながらの食事は格別に美味しかったです。

 レストラン堀切.jpg

 メニューの中から、鶏炭定食と海鮮丼をいただきました。
 メニュー.jpg

 鶏炭定食.jpg

 海鮮丼.jpg

 食事の後は、外周りを散策しました。
 九州は6月2日から梅雨入り・・・あいにくの小雨で残念でしたが、それでも南国・宮崎日南海岸の景色は素晴らしく、しっかりと堪能しました。

 日南海岸1.jpg

 日南海岸2.jpg

 日南海岸3.jpg

 宮崎の季節の花と遊歩道
 季節の花.jpg

 これから、1階の物産館に向かいます。
 ソフトクリーム&ファーストフードコーナー

 ソフトクリーム&ファーストフードコーナー.jpg

 物産館の玄関
 物産館玄関.jpg

 玄関から中に入りますと正面に、宮崎らしさを強く感じさせます「完熟マンゴー」の売り場があります。
 ここで、「完熟マンゴー」を求めいただきましたところ、ほっぺたが落ちました。・・・(^o^)
 超美味しかったです!

 完熟マンゴー.jpg

 お土産コーナー
 人生いろいろ・・・宮崎のお土産もいろいろありました。

 お土産コーナー.jpg

 日向夏茶コーナー
 日向夏茶は、お湯、冷水、焼酎割などで、とも美味しくいただけます。
 試飲しましたところ、超美味しかったので、お土産にしました。
 
 日向夏茶.jpg

 明日は、雨のため旅先変更で訪れました宮崎市民の森20万株の花菖蒲園を、ご案内致します。

 青海島育ちのマーくん



posted by 青海島育ちのマッサン at 06:59| 山口 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月07日

九州のグリーンを満喫する旅 2日目(福岡〜宮崎)

 今日の九州・旬の景色は、6月2日(月)の「九州のグリーンを満喫する旅 2日目(福岡〜宮崎)」を、ご案内致します。

 曇り空の福岡を午前7時30分ごろ出発し、今日の目的地「宮崎」を目指しました。
 今回は、宮崎までの九州道のパーキングエリア(PA)やサービスエリア(SA)を中心に、ご紹介致してまいります。
 最初の休憩地は、佐賀県の「基山PAにしました。

 基山PAの駐車場
 基山PA駐車場.jpg

 駐車場のそばには、「佐賀県の観光案内板」が設置されています。
 佐賀県観光案内.jpg

 基山PAの建屋・・・グリーンジャンボ宝くじも・・・
 基山PA1.jpg

 基山PA2.jpg

 基山PAの内部
 基山PA3.jpg

 基山PAを後にして九州道を順調に走り、次の休憩地の熊本県「宮原SAに到着しました。
 宮原SAの駐車場建屋

 宮原SA駐車場.jpg

 宮原SA1.jpg

 宮原SA2.jpg

 宮原SAの建屋内・・・熊本県と云えば、人気絶頂の「ゆるキャラ・くまモンですね!
 くまモンの新商品が発売されていました。

 宮原SA3.jpg

 宮原SAくまモン新商品.jpg

 宮原SAを後にして車を進め、次の休憩地は宮崎県の「霧島SAにしました。
 「霧島SA」の駐車場・・・雲や霧が出たため、せっかくの「霧島連山」が望めませんでした。・・・残念(涙)

 霧島SA駐車場.jpg

 霧島連山案内図.jpg

 霧島SAの建屋
霧島SA.jpg

 霧島SAを後にして、九州道・宮崎インターチェンジから、宮崎南バイパスを南下します。
 途中に、巨人のキャンプ地「サンマリンスタジアム」が、左手に観えてきます。

 サンマリンスタジアム.jpg

 サンマリンスタジアムから、青島のそばを通り、さらに南下して日南海岸ロードパークの「堀切峠」を通過して、昼食場所の「道の駅・フェニックスに到着しました。
 道の駅フェニックス.jpg

 明日は、「道の駅・フェニックス」と「周辺の旬の景色」を、ご案内致します。

 青海島育ちのマーくん






 
posted by 青海島育ちのマッサン at 07:01| 山口 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月02日

福岡ソフトバンクホークスの宮崎キャンプ初日

 今日の宮崎市旬の情報は、2月1日(土)の西日本新聞HPとTNC(テレビ西日本)から、生目の杜(いきめのもり)運動公園で始まった「福岡ソフトバンクホークスの宮崎キャンプ初日」を、ご案内致します。

 プロ野球は1日、12球団が宮崎、沖縄両県で一斉にキャンプインし、3年ぶりの日本一を目指す福岡ソフトバンクホークスは宮崎市の生目の杜運動公園で始動した。

 午前9時40分ごろ、A組(1軍)のメーン練習場となるアイビースタジアムに選手、首脳陣らが集合。円陣を組み、選手全員でのランニングから練習が始まった。

 秋山幸二監督は「ユニホームを着ると、格別な緊張感がある。2月のキャンプは競争の時期。それぞれが技術を磨いて、アピールしてほしい」と語った。

 昨年は4位に終わり、5年ぶりのBクラスとなった。大型補強もあって顔触れの変わったナインを見ようと、土曜日のスタンドには大勢の観客が詰め掛けた。

 キャンプはA組、B組(2軍)ともに27日まで行われる。期間中の22、23日には西武とのオープン戦も組まれている。



 TNCの新垣アナウンサーと解説の池田親興さん
 福岡ソフトバンクホークスのキャンプ初日の様子を、分かり易く発信されていました。


 新垣アナと解説の池田さん.jpg



 秋山監督のインタビュー

 秋山監督.jpg



 今年のホークスは例年に増して、戦力の大補強で「熾烈なポジョン争い」になりそうです。

 熾烈なポジション争い.jpg



 王会長のインタビュー

 王会長.jpg



 今年の力強い誓い
 3割が当たり前で勝負強さが定評の「内川選手」


 内川選手の誓い.jpg



 選手会長になり、飛躍が期待される「松田選手」

 松田選手の誓い.jpg



 怪力・和製ポパイのホームランバッター「柳田選手」

 柳田選手の誓い.jpg



 足と器用さが売りの前選手会長「本田選手」

 本田選手の誓い.jpg



 2年目で飛躍が期待される「東浜投手」

 東浜投手の誓い.jpg



 ルーキーで新人王が期待される「加治屋投手」

 加冶屋投手の誓い.jpg



 宮崎市「生目の杜運動公園」での楽しみ方

 球場周りの楽しみ方1.jpg



 球場周りの楽しみ方2.jpg



 これからのキャンプ、オープン戦、開幕戦・・・とても楽しみです。

 青海島育ちのマーくん








posted by 青海島育ちのマッサン at 06:50| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月01日

福岡ソフトバンクホークス歓迎セレモニー in 宮崎

 今日の宮崎市旬の情報は、1月31日(金)の「福岡ソフトバンクホークス歓迎セレモニー in 宮崎」を、ご案内致します。

 スポーツ報知HPより

 2月1日のキャンプインに向け、ソフトバンクが31日、宮崎入りした。宮崎空港に到着後、歓迎セレモニーで花束を受け取った秋山幸二監督は「ことしでソフトバンクホークスとして10年。日本一で飾れるように頑張っていきます」とあいさつした。

 このオフに大型補強し、4位だった昨季からの巻き返しを狙う。選手会長の松田宣浩内野手は「同じ方向を見ないと、強いチームにはなれない。コミュニケーションを取って、全員で日本一を目指したい」と宣言した。
 宮崎県出身でドラフト1位の新人、加治屋蓮投手(22)=JR九州=は「戻ってきたというより、新鮮な気分で野球に取り組めそう」と意気込んだ。

 キャンプは27日まで宮崎市の生目の杜運動公園で行われる。

 ソフトバンク・秋山監督「しっかりとした形でやっていきたい。ことしは俺たちがやる、日本一を取るという気持ちでやっていってほしい。これからますます競争していく中で、チーム力を高めて、一日一日やっていくだけ」と語った。



 これからの画像は、TNC(テレビ西日本)の「とべとべSPORTS」より・・・

 歓迎セレモニー

 歓迎セレモニー.jpg



 秋山監督挨拶

 秋山監督挨拶.jpg



 花束贈呈

 花束贈呈1.jpg



 花束贈呈2.jpg



 エースの摂津投手

 摂津投手.jpg



 中日から移籍の中田投手

 中田投手.jpg



 選手会長の松田選手

 松田選手.jpg



 5年連続3割バッターの内川選手

 内川選手.jpg



 2月1日からのキャンプが楽しみです。

 青海島育ちのマーくん



 





posted by 青海島育ちのマッサン at 06:29| 山口 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月22日

長門郷土文化研究会歴史探訪 佐賀城本丸歴史館(4)

 今日の佐賀県旬の景色は、10月10日(木)の長門郷土文化研究会 歴史探訪佐賀城本丸歴史館その4を、ご案内致します。

 佐賀城本丸歴史館は、あちらこちらが「お宝」でいっぱいです。


 お宝.jpg


 
 ガイドさんの説明・・・近代科学の黎明(れいめい)
 佐賀藩は早くから西洋に目を向け、幕末の日本の近代化の礎を築きました。
 「鍋島直正和蘭使節船乗込図」などの絵図や「反射炉断面模型」などの模型、ジオラマ展示で輝かしいその時代の息吹きを感じることができます。


 みなさん1.jpg



 反射炉の説明板と絵図

 反射炉説明.jpg



 反射炉絵図.jpg



 反射炉の模型

 反射炉模型.jpg



 大砲製造技術など

 大砲製造技術など.jpg



 蒸気車

 蒸気車.jpg



 西洋医学など

 西洋医学.jpg



 みなさん・・・佐賀県の歴史を学習されています。

 みなさん2.jpg



 明治維新と佐賀の群像
 佐賀藩が輩出した100名を超す偉人達の業績などを映像や情報機器などを使って分かりやすく紹介されています。
 日本の近代化に貢献した人々のエネルギーや力強い人間性を知ることができます。


 佐賀発全国へ.jpg



 佐賀発全国へ1.jpg



 佐賀発全国へ2.jpg



 故郷で活躍した人物.jpg



 今回の佐賀城本丸歴史館を、分かり易く親切にご案内していただきました「ガイドさん
 お世話になり、ありがとうございました。


 熱心な説明のガイドさん.jpg



 今回で、平成25年度「長門郷土文化研究会 歴史探訪」は、終りにさせていただきます。
 たくさんのアクセスありがとうございました。

 青海島育ちのマーくん











posted by 青海島育ちのマッサン at 07:11| 山口 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月21日

長門郷土文化研究会歴史探訪 佐賀城本丸歴史館(3)

 今日の佐賀県旬の景色は、10月10日(木)の長門郷土文化研究会 歴史探訪佐賀城本丸歴史館その3を、ご案内致します。

 次へ移動します。


 次へ移動.jpg



 とにかく、長く広い廊下が続きます。

 長く広い廊下.jpg



 ここで、庭園を眺めます。・・・これから工事が始まるそうです。

 庭園.jpg



 御座間から、御料理間を望みます。

 御料理間.jpg



 佐賀の八賢人おもてなし隊・・・10月22日(火)午後11時からNHKのEテレで、「知恵伊豆」の中で出演されるそうです。

 佐賀の八賢人おもてなし隊.jpg



 御座の間・堪忍袋へ

 御座の間・堪忍袋.jpg



 直江兼続公の甲冑

 直江兼続公甲冑.jpg



 時代の流れ・・・パソコンで「佐賀城本丸歴史館」の詳細が検索できます。

 時代です。.jpg



 明日は、長門郷土文化研究会歴史探訪 佐賀城本丸歴史館その4を、ご案内致します。

 青海島育ちのマーくん







posted by 青海島育ちのマッサン at 06:05| 山口 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月19日

長門郷土文化研究会歴史探訪 佐賀城本丸歴史館(2)

 今日の佐賀県旬の景色は、10月10日(木)の長門郷土文化研究会 歴史探訪佐賀城本丸歴史館その2を、ご案内致します。

 外御書院
 外御書院は、320畳の大広間で日本の城の中でも最大級の広さを誇ります。
 約1000人の家臣が集まったと言われています。


 外御書院説明.jpg



 外御書院.jpg



 外御書院2.jpg



 佐賀城の変遷と本丸説明
 佐賀城本丸歴史館は、復元にあたっては、佐賀城本丸御殿の発掘調査、絵図・差図・文献献資料・古写真など建物復元調査の成果をもとに、佐賀城本丸の正確な位置に遺構を保護しながら再建しています。
 復元された建物は、当時の名称で「御玄関」「御式台」「外御書院」「御料理間」「御納戸」「御仕組所」「屯之間」「御小書院」「御座間・堪忍所」という建物です。


 佐賀城の変遷と本丸案内板.jpg



 佐賀城の変遷と本丸の説明.jpg



 よみがえる佐賀城本丸御殿説明板
 10代藩主鍋島直正が再建した佐賀城本丸御殿。当時の「佐賀城御本丸差図」や古写真などを基に、当時のままに復元された。佐賀城の特徴や佐賀城本丸御殿の復元過程を知ることができます。


 よみがえる佐賀城本丸御殿説明板.jpg



 佐賀城本丸跡発掘調査

 佐賀城本丸跡発掘調査.jpg



 江戸時代の佐賀城絵図

 江戸時代の佐賀城.jpg



 佐賀城本丸御殿の鬼瓦
 佐賀城本丸御殿の棟を飾ったとされる鬼瓦です。「天保八(1837)年酉三月□□瓦工善吉」の銘が右側面にあり、本丸御殿が天保期に再建されたときのものと考えられています。重さは約18kgあるそうです。


 佐賀城本丸御殿の鬼瓦.jpg



 復元前の御玄関

 復元前の御玄関.jpg



 佐賀城本丸歴史館設計図

 佐賀城本丸歴史館設計図.jpg



 御殿建築の構造

 御殿建築の構造.jpg



 建築工具

 建築工具.jpg



 明治・大正・昭和を経て

 明治・大正・昭和を経て.jpg



 佐賀城本丸御殿復元模型

 佐賀城本丸御殿復元模型.jpg



 明日は、長門郷土文化研究会 歴史探訪 佐賀城本丸歴史館その3を、ご案内致します。

 青海島育ちのマーくん










posted by 青海島育ちのマッサン at 16:32| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月18日

長門郷土文化研究会歴史探訪 佐賀城本丸歴史館(1)

 今日の佐賀県旬の景色は、10月10日(木)の長門郷土文化研究会 歴史探訪「佐賀城本丸歴史館その1を、ご案内致します。

 バスが「佐賀城本丸歴史館」の駐車場に到着しました。


駐車場.jpg



 佐賀城本丸歴史館」に向かいます。
 佐賀城は近世の大名、鍋島氏の居城です。佐賀城を取り囲む堀の幅は約100mあり、日本でも有数の規模を誇っていました。佐賀城は、本丸、二の丸、三の丸などからなっており、藩政の中心部となる本丸は佐賀城の南東部に位置していました。現在、この佐賀城本丸御殿を復元した佐賀城本丸歴史館が建設されており、周辺には、石垣、天守台、国の重要文化財である鯱の門が現存しています。

 佐賀城.jpg



 御玄関(本丸歴史館入口)
 入館無料 午前9時30分〜午後6時まで開館


 御玄関(本丸歴史館入口).jpg



 御玄関に入り、「佐賀城本丸歴史館」の案内書をいただきました。

 佐賀城本丸歴史館案内書1.jpg



 佐賀城本丸歴史館案内書2.jpg



 佐賀城本丸歴史館案内書3.jpg
 佐賀城本丸歴史館案内書4.jpg



 ガイドさんから、「佐賀城本丸歴史館」の概要説明がありました。
 佐賀城本丸歴史館は、日本の近代化を先導した「幕末・維新期の佐賀」の歴史や、世界に活躍した先哲の偉業を検証し、分かりやすく伝える施設として、また新しい郷土発展の源泉となる施設として、佐賀城本丸跡に建設されました。
 
 この歴史館は、佐賀十代藩主鍋島直正が天保期に再建した佐賀城本丸御殿(1838年完成)の一部を忠実に復元しており、本丸御殿の復元としては日本初、木造復元物としては日本最大規模となる2,500の広さを誇ります。


 ガイドの本丸歴史館概要説明.jpg



 長く広々とした廊下を進みます。

 長く広々とした廊下を進みます。.jpg



 廊下には、織田信長公と伊達政宗公の甲冑が飾られています。

 織田信長公の甲冑.jpg



 伊達政宗公の甲冑.jpg



 アームストロング砲・・・段ボール紙で出来ています。
 イギリスのW.アームストロングが開発した錬鉄製構成砲です。新政府軍と 旧幕府軍との間でおこった戊辰戦争では、佐賀藩が所持していたアームストロング砲などの最新装備が、新政府軍を勝利に導きました。


 アームストロング砲.jpg



 廊下から、佐賀城天守閣跡が望めます。
 現在、佐賀城の天守閣は復元されておらず、天守台の石垣が残るのみです。


 天守閣跡.jpg
 


 明日は、長門郷土文化研究会 歴史探訪 佐賀城本丸歴史館その2を、ご案内致します。

 青海島育ちのマーくん








posted by 青海島育ちのマッサン at 17:30| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月17日

長門郷土文化研究会歴史探訪「佐賀県吉野ヶ里遺跡」(6)

 今日の佐賀県旬の景色は、10月10日(木)の長門郷土文化研究会 歴史探訪佐賀県吉野ヶ里遺跡その6を、ご案内致します。

 吉野ヶ里集落だけでなく、吉野ヶ里を中心とするクニ全体にとって最も重要な場所「北内郭」の歴史・文化を学習して、歴史公園センターに向かいます。
 途中、吉野ヶ里遺跡での秋を感じました。


 秋.jpg



 天の浮橋を渡ってすぐ左には、体験プロクラムの案内所があります。
 説明者の衣装は、弥生時代のもので、笑顔も「弥生人?スマイル」・・・


 弥生人?の笑顔.jpg



 本日の体験プログラムの案内

 本日の体験.jpg



 ここも人気がありました。

 人気.jpg



 体験学習の成果品

 体験の成果.jpg



 これから、天の浮橋を渡って、歴史公園のレストラン・売店に向かいます。

 天の浮橋.jpg



 この日の吉野ヶ里遺跡は、小学生の見学者が多かったです。

 見学者.jpg


 レストランで一休みして、売店で吉野ヶ里遺跡のお土産を買いました。

 レストラン・お土産店1.jpg



 レストラン・お土産店2.jpg



 メインゲート前には、季節の花が咲いていました。

 メインゲート前.jpg



 季節の花.jpg



 吉野ヶ里遺跡歴史公園で、弥生時代にタイムスリップして、多くの歴史・文化を学びました。
 みなさんは、満足されているようです。
 これからバスで、次の歴史探訪地「佐賀城本丸歴史館」に向かいます。


 バス車内.jpg



 明日は、「佐賀城本丸歴史館」その1を、ご案内致します。

 青海島育ちのマーくん









posted by 青海島育ちのマッサン at 10:51| 山口 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月16日

長門郷土文化研究会歴史探訪「佐賀県吉野ヶ里遺跡」(5)

 今日の佐賀県旬の景色は、10月10日(木)の長門郷土文化研究会 歴史探訪佐賀県吉野ヶ里遺跡その5を、ご案内致します。

 吉野ヶ里遺跡展示室から、北内郭に向う途中に「北内郭・北墳丘墓・中のムラ説明」があります。


 北内郭・北墳丘墓・中のムラ説明.jpg



 北内郭案内表示

北内郭案内表示.jpg



 ガイドさんの案内で、北内郭へ向かいます。

 北内郭へ.jpg



 北内郭 〜まつりごとの場所〜の説明
 吉野ヶ里集落だけでなく、吉野ヶ里を中心とするクニ全体にとって最も重要な場所であったと考えられています。
 田植えや稲刈りの日取りを決めたり、季節ごとのお祭りの日を決めたり、また大きな「市」を開く日取りを決めるなど、吉野ヶ里を中心とするクニ全体の重要な物事についての儀礼的な話し合いと祖先への祀りが行われていた場所と考えられています。
 

 北内郭の説明.jpg



 北内郭発掘当時の状況説明

 北内郭発掘当時の状況説明1.jpg



 北内郭発掘当時の状況説明2.jpg



 北内郭の板壁と環濠

 北内郭の板壁と環濠.jpg



 内側の入口 

 北内郭の門.jpg



 主祭殿の説明
 吉野ヶ里のクニ全体の重要な事柄を決める会議を行ったり、祖先の霊への祈りや祀りを行ったりした、中心的な建物と考えられています。


 主祭殿.jpg



 ガイドさんの説明.jpg



 主祭殿2階
 吉野ヶ里のクニ全体の重要な祀りが開かれており、吉野ヶ里の王やリーダーたち、さらには周辺のムラの長が集まっています。


 主祭殿2階1.jpg



 主祭殿2階2.jpg



 主祭殿2階3.jpg



 主祭殿3階
 祖先の霊のお告げを聞く祈りを行っています。この結果は従者によって3階で会議を行っている王やリーダーたちに伝えられます。


 催行司祭者の神がかりの様子説明.jpg



 催行司祭者の神がかりの様子.jpg



 主祭殿1階で、一休み

 一休み.jpg



 明日は、長門郷土文化研究会 歴史探訪「佐賀県吉野ヶ里遺跡」その6を、ご案内する予定です。

 青海島育ちのマーくん








posted by 青海島育ちのマッサン at 10:00| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする