2013年10月14日

長門郷土文化研究会歴史探訪「佐賀県吉野ヶ里遺跡」(4)

 今日の佐賀県旬の景色は、10月10日(木)の長門郷土文化研究会 歴史探訪佐賀県吉野ヶ里遺跡その4を、ご案内致します。

 これからは、出土した土器や装飾品などを陳列した吉野ヶ里遺跡展示室に向かいます。


吉野ヶ里遺跡展示室1.jpg



吉野ヶ里遺跡展示室2.jpg



 展示室の受付・・・係りの方にはお世話になりました。

 受付.jpg



 吉野ヶ里遺跡の歴史等の紹介コーナー

 歴史等紹介.jpg



 魏志倭人伝(ぎしわじんでん)関連年表

 魏志倭人伝関連年表.jpg



 縄文と弥生の時代区別 説明
 縄文と弥生の時代区別.jpg



 邪馬台国と吉野ヶ里 説明

 邪馬台国と吉野ヶ里.jpg



 弥生のまつり 説明

 弥生のまつり.jpg



 発掘当時の南内郭

 発掘当時の南内郭.jpg



 発掘当時の北内郭

 発掘当時の北内郭.jpg



 弥生時代の衣装

 弥生時代の衣装.jpg



 展示室では、吉野ヶ里遺跡の歴史等を分かり易く紹介するビデオ放映があります。

 ビデオ案内.jpg



 展示室でのみなさん

 みなさん1.jpg



 みなさん2.jpg



 明日は、長門郷土文化研究会 歴史探訪「佐賀県吉野ヶ里遺跡」その5を、ご案内致します。

 青海島育ちのマーくん








posted by 青海島育ちのマッサン at 17:14| 山口 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月13日

長門郷土文化研究会歴史探訪「佐賀県吉野ヶ里遺跡」(3)

 今日の佐賀県旬の景色は、10月10日(木)の長門郷土文化研究会 歴史探訪佐賀県吉野ヶ里遺跡その3を、ご案内致します。

 これからは、吉野ヶ里歴史公園の「南内郭」を目指します。


 歴史公園内案内表示.jpg



 南の守り説明

 南の守り説明.jpg



 南内郭の説明

 南内郭の説明1.jpg



 南内郭の説明2.jpg



 南内郭の入口

 南内郭.jpg



 櫓門とその説明

 櫓門説明.jpg



 櫓門.jpg



 櫓門の上からの眺望 

 櫓門上からの眺望.jpg



 南内郭の門の説明
 
 南内郭の門説明.jpg



 南内郭の正門と物見櫓.jpg



 正門から「南内郭」に進みます。

 正門.jpg



 物見櫓と「大人(だいじん)」の家(右側)と「大人」の妻の家

 物見櫓・「大人」の家・「大人」の妻の家.jpg



 「大人」の家の説明と内部

 「大人」の家説明.jpg



 「大人」の家内部.jpg



 「大人」の妻の家説明と内部

 「大人」の妻の家説明.jpg



 「大人」の妻の家内部.jpg



 弥生時代の住居

 住居.jpg



 物見櫓の上からの眺望は、いいでしょうね!

 物見櫓.jpg



 南内郭でのみなさん・・・弥生時代のロマンに・・・思いを馳せておられるようです。

 南内郭でのみなさん.jpg



 南内郭では、住居が工事中でした。

 工事中.jpg



 明日は、長門郷土文化研究会 歴史探訪「佐賀県吉野ヶ里遺跡」その4を、ご案内致します。

 青海島育ちのマーくん








posted by 青海島育ちのマッサン at 10:31| 山口 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月12日

長門郷土文化研究会歴史探訪「佐賀県吉野ヶ里遺跡」(2)

 今日の佐賀県旬の景色は、10月10日(木)の長門郷土文化研究会 歴史探訪佐賀県吉野ヶ里遺跡その2を、ご案内致します。

 これから、吉野ヶ里遺跡を含む「吉野ヶ里歴史公園に入ります。
 入園ゲートと感じの良い係りの方


 入口.jpg



 感じの良い方.jpg



 みなさんが、入園されています。

 入場1.jpg



 入場2.jpg



 ガイドさんの基本説明

 ガイドさんの基本説明.jpg 

 吉野ヶ里歴史公園は、「弥生人の声が聞こえる」を基本テーマに、日本の優れた文化的資産である吉野ヶ里遺跡の保存と、当時の施設の復元や発掘物の展示などを通じて、弥生時代を体感できる場を創出し、日本はもとより世界への情報発信の拠点とすることを目的に作られました。

 かつてこの地に佐賀県の工業団地を造る計画が持ち上がる中、遺跡の価値が改めて認識され、昭和61年から本格的な文化財の発掘調査が行われました。その結果、我が国弥生時代最大規模の環壕集落であることが確認され、また魏志倭人伝に記された邪馬台国の様子を彷彿とさせる建物跡などが発見されたことにより、一躍全国の注目を集めました。

 日本の古代の歴史を解き明かす上で極めて貴重な資料や情報が集まっています。
 平成4年に国営吉野ヶ里歴史公園として整備することが閣議決定され、さらに国営公園区域の周辺に佐賀県の公園区域を設け、国と県が一体となった歴史公園として、平成13年4月からその一部が開園、平成 25年3月20日現在では面積約84.7ha(国営公園約49.3ha 、県立公園約35.4ha)が開園しています。




 みなさんが、天の浮橋を渡られて、公園内に向かわれています。

 天の浮橋.jpg



 歴史公園環濠入口広場での説明

 吉野ヶ里歴史公園説明.jpg



 案内マップ1.jpg



 案内マップ2.jpg



 弥生時代と吉野ヶ里説明板.jpg



 歴史公園内の施設・イベント案内板・・・分かり易く「入園者へのおもてなしの心」がうかがえます。

 公園施設案内板.jpg



 これから、弥生時代へと・・・
 逆茂木説明・・・当時の様子がうかがえます。


 逆茂木説明.jpg



 逆茂木説明板.jpg



 興味津々のみなさん・・・
 みなさん.jpg



 明日は、長門郷土文化研究会 歴史探訪「佐賀県吉野ヶ里遺跡」その3を、ご案内致します。

 青海島育ちのマーくん








posted by 青海島育ちのマッサン at 10:05| 山口 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月11日

長門郷土文化研究会歴史探訪「佐賀県吉野ヶ里遺跡」(1)

 今日の佐賀県旬の景色は、10月10日(木)の長門郷土文化研究会 歴史探訪佐賀県吉野ヶ里遺跡その1を、ご案内致します。

 今回の歴史探訪は、43名が佐賀県の「吉野ヶ里遺跡」と「佐賀城本丸歴史館を目指しました。
 今日からは、しばらく「吉野ヶ里遺跡」を、ご紹介してまいります。

 集合・出発は長門市役所前です。・・・・天気は晴れで気持ちの良い「歴史探訪日和」になりました。


 長門市役所前.jpg



 バスは長門市役所を8時に出発 → 美祢市 →
 中国道美祢西IC → 王司PA(休憩)


 王司PA.jpg



 王司PA → 関門橋 → 九州道・基山PA(休憩)

 基山PA1.jpg



 オータムジャンボ・・・宝くじ売り場・・・しばらくは億万長者の夢を見たいと思います。・・・(^o^)

 基山PA2.jpg



 基山PA → 鳥栖JC → 長崎道・東脊振IC
 → 吉野ヶ里遺跡駐車場 11時20分着


 吉野ヶ里遺跡駐車場.jpg



 吉野ヶ里遺跡の「吉野ヶ里歴史公園メインゲート」を目指します。
 20年前にはこの「ゲート」はなかったので・・・様変わりに驚きでした。


 メインゲート1.jpg



 メインゲート2.jpg



 吉野ヶ里歴史公園管理センター

 歴史公園センター.jpg



 この管理センタで、「吉野ヶ里歴史公園の案内書」をいただきました。

 吉野ヶ里歴史公園案内1.jpg



 吉野ヶ里歴史公園案内2.jpg



 レストラ・お土産店・・・まずは、「腹が減っては戦は出来ぬ」・・・食事会場に向かいます。

 レストラン・お土産店.jpg



 レストラン内・・・明るく広々としています。・・・しっかりと腹ごしらえをします。

 レストラン1.jpg



 レストラン2.jpg



 食事が終り、吉野ヶ里遺跡に向かう前に、全員で「記念撮影」を行いました。

 記念撮影.jpg



 明日は、長門郷土文化研究会 歴史探訪「佐賀県吉野ヶ里遺跡」その2を、ご案内致します。

 青海島育ちのマーくん








 
posted by 青海島育ちのマッサン at 11:27| 山口 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月01日

熊本県のゆるキャラ「くまモン」のお土産

 大日比の知人Kさんから、熊本県のゆるキャラくまモン」のお土産を、いただきましたので、ご紹介致します。

 Kさんのお話では、熊本県はどこに行っても、お土産は「くまモンがズラリ並んでとてもよく売れて、「くまモン」の人気を再認識させられたそうです。


 いただいたお土産

 くまモンお土産.jpg



 ここで、「くまモン」の自己紹介
 (くまモンOHPより

 ボクの名前は「くまモン」。
 2011年3月の九州新幹線全線開業をきっかけに生まれたんだモン。

 ボクの仕事は、身近にあるサプライズ&ハッピーを見つけて、全国のみんなに知ってもらうこと。

 熊本だけでなく関西や関東にも出張して、熊本のおいしいものや大自然を熱烈アピール中!
 知事から熊本県の営業部長に抜擢されて、ますますはりきってるんだモン。

 ボクが大好きな熊本のことを、みんなにもっともっと知ってほしいから、これからもどんどん会いに行くモン!

 魅力いっぱいの熊本とボクのことを、これからもよろしくま!



 くまモン1.jpg



 くまモン2.jpg



 くまモン3.jpg



 この秋「九州の大自然・紅葉・温泉・歴史・文化を満喫する旅」を計画していますので、その際、「くまモン」とご対面してきます。

 青海島育ちのマーくん








posted by 青海島育ちのマッサン at 13:39| 山口 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月03日

九州のグリーンを満喫する旅 大分県日田市「慈恩の滝」

 今日の九州のグリーンを満喫する旅は、6月6日(木)午前の熊本県阿蘇市「外輪山」からの眺望と大分県日田市天瀬「慈恩の滝を、ご案内致します。

 阿蘇内牧温泉「湯巡追荘」を後にして、国道212号線を進みます。
 大観峰の下側から、阿蘇内牧温泉等の市街地を望みます。
 グリーンが素晴らしいですね!


 グリーンと阿蘇市街地.jpg



 阿蘇市街地.jpg



 大観峰を下から・・・外輪山の景観は力強さがあります。

 外輪山.jpg



 この後、南小国町 → 小国町 → 日田市 → 天ヶ瀬 → 慈恩の滝に向かいます。

 慈恩の滝・駐車場

 駐車場.jpg



 慈恩の滝への道案内

 慈恩の滝道案内.jpg



 地蔵菩薩

 地蔵菩薩.jpg



 大蛇モニュメント

 大蛇モニュメント.jpg



 慈恩の滝の由来

 慈恩の滝の由来.jpg



 慈恩の滝の石碑

 慈恩の滝石碑.jpg



 慈恩の滝の正面
 大分県日田市天瀬町杉河内、国道210号線側にある慈恩の滝
 滝の裏側に歩道があ-り、裏から滝を見物出来ることらから、裏見の滝とも呼ばれています。
 水飛沫が舞い、とても涼しい場所です。


 慈恩の滝正面.jpg



 慈恩の滝の右側から

 慈恩の滝右側面.jpg



 慈恩の滝の後方・裏側から・・・裏見の滝・・・マイナスイオンがいっぱいでした。

 慈恩の滝後方から.jpg



 まだ、色々と「九州のグリーンを満喫する旅」の思いで写真がありますが、このあたりでクローズにさせていただきます。

 今年の秋も、「九州の紅葉を満喫する旅」の取材に出かけたいと、考えています。

 青海島育ちのマーくん





 




posted by 青海島育ちのマッサン at 11:11| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月02日

九州のグリーンを満喫する旅 熊本県「阿蘇内牧温泉・湯巡追荘」(4)

 今日の九州のグリーンを満喫する旅は、 熊本県「阿蘇内牧温泉・湯巡追荘」(ゆめおいそう)その4を、ご案内致します。

 とても盛り上がりました「超楽しいカラオケ大会」が終り、出場者に賞品が贈られます。

 敢闘賞の方・・・


 カラオケ敢闘賞.jpg



 カラオケの次は、「ビンゴゲーム」です。

 カラオケ終了.jpg



 ビンゴゲームが始まるまで、スタッフの方を取材しました。

 笑顔も素晴らしい方ですね


 笑顔もいいです。.jpg



 お祭りスタッフ・・・楽しくなります。

 お祭りスタッフ.jpg



 これから、「ビンゴゲーム」が始まります。

 これからビンゴゲーム.jpg



 ビンゴゲームの鉛筆.jpg



 ビンゴゲーム」の説明・・・ワクワクします。

 ヒンゴゲーム説明1.jpg



 ビンゴゲーム説明2.jpg



 続々・・・ビンゴー・・・

 続々ビンゴー1.jpg



 続々ビンゴー2.jpg



 ビンゴの景品・・・いいですね!

 ビンゴーの景品.jpg



 ダブル抽選会・・・楽しみです。

 お楽しみ抽選会.jpg



 楽しかった「カラオケ大会やビンゴゲーム」等の行われた「火の国ゆめ☆まつり会場」から、1階の「カフェ&バー」へ移動・・・カラオケ大会優勝記念のカクテルをいただきました。
 美味しかったです。・・・(^o^)


 カフェ&バー.jpg



 楽しかった「湯巡追荘」を後にします。
 


 足湯.jpg



 玄関エントラス.jpg



 湯巡追荘のスタッフのみなさん、取材にご協力いただき、ありがとうございました。

 湯巡追荘HP・・・http://www.yumeoisou.com/
  


 青海島育ちのマーくん



 





posted by 青海島育ちのマッサン at 12:07| 山口 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月01日

九州のグリーンを満喫する旅 熊本県「阿蘇内牧温泉・湯巡追荘」(3)

 今日の九州のグリーンを満喫する旅は、6月5日(水)の 熊本県「阿蘇内牧温泉・湯巡追荘」(ゆめおいそう)その3を、ご案内致します。

 宿の楽しみの一つ「料理」・・・お食事処に向かいます。
 お食事処は、半個室になっていますので、他のお客様の視線を気にせずに、ゆっくりと料理が味わえます。


 お食事処.jpg



 料理が次から次へと、出てきます。・・・その一部をご覧ください。

 料理1.jpg



 料理2.jpg



 料理3.jpg



 デザートビュフェコーナー・・・好きなものを選べるのがいいですね!

 デザートビュフェコーナー.jpg



 美味しかった料理とスーパードライと焼酎で満足した後は、すべて無料で利用できるカラオケ・卓球・縁日コーナー・ビンゴ大会などが開催される「火の国ゆめ☆まつり会場に向かいます。

 途中に、さりげない心遣いが・・・


 さりげなく.jpg



 火の国ゆめ☆まつり会場案内・・・会場は2階にあります。

 火の国ゆめ☆まつり会場案内.jpg



 火の国ゆめ☆まつり会場・・・縁日そのもので楽しくくつろげる雰囲気・・・童心に戻りました。

 火の国ゆめ☆まつり会場1.jpg



 火の国ゆめ☆まつり会場2.jpg



 これから「湯巡追荘・超楽しいカラオケ大会」が始まります。
 司会はイケメンのヤングマン・・・好感が持てますね!


 イケメンの司会者.jpg



 トップバッターは、なんと・なんと、青海島育ちのマーくんでした。
 曲目は、三好鉄生さんの「すごい男の唄」を熱唱・・・これしかありませんが?
 会場は、とても盛り上がっていたようです。・・・歌う時は上がってしまい??? はっきりとは覚えていません!・・・(^o^)


 熱唱1.jpg



 熱唱2.jpg



 司会者も手拍子・・・いいですね!・・・盛り上がります。

 一緒に手拍子.jpg



 熱唱に対するご褒美・・・青海島育ちのマーくんは、トップバッターでも堂々と歌いこなしていたとの選定理由で、「特別賞」をいただきました。
 奥さんは、トップ同士の「じゃんけん」で勝利、タナボタの優勝でした。
 (奥さんの弁・・・信じられない・・・カラオケの採点には別の要素があったかも?・・・)


 ご褒美.jpg



 明日は、九州のグリーンを満喫する旅 熊本県「阿蘇内牧温泉・湯巡追荘」その4を、ご案内致します。

 青海島育ちのマーくん











posted by 青海島育ちのマッサン at 11:57| 山口 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月30日

九州のグリーンを満喫する旅 熊本県「阿蘇内牧温泉・湯巡追荘」(2)

 今日の九州のグリーンを満喫する旅は、6月5日(水)夕方の 熊本県「阿蘇内牧温泉・湯巡追荘その2を、ご案内致します。

 宿の楽しみの一つ温泉・・・客室の露天風呂は後にして、まずは、屋上の貸切露天風呂に入りました。
 貸切露天風呂の案内・・・名前に条も付いているのが特徴です。
 青海島育ちのマーくんは、13条を利用しました。


 貸切露天風呂案内.jpg



 貸切露天風呂の控室

 貸切露天風呂・控えの間.jpg



 貸切露天風呂と阿蘇山の眺望・・・超開放的で、旅の疲れがいっぺんに癒されました。

 貸切露天風呂.jpg



 貸切露天風呂からの阿蘇山.jpg



 リラックスムードのフロント

 フロント.jpg



 くまモン」が愛嬌をふりまいています。

 くまモン.jpg



 くつろぎコーナー・・・ゆったりと、くつろげます。

 くつろぎコーナー.jpg



 無料温泉ゆで卵

 無料温泉ゆで卵.jpg



 無料の図書館

 図書館.jpg



 CD、DVD無料貸し出しコーナー

 CD、DVD無料貸し出し.jpg



 売店・・・阿蘇市の名産品などが揃っています。

 売店.jpg



 キッズルーム・・・お子さん連れには、嬉しい配慮です。

 キッズルーム説明.jpg



 キッズルーム.jpg



 館内には、お花がさりげなく飾られています。

 お花.jpg



 明日は、九州のグリーンを満喫する旅 熊本県「阿蘇内牧温泉・湯巡追荘」その3を、ご案内致します。

 青海島育ちのマーくん





 



 
posted by 青海島育ちのマッサン at 06:54| 山口 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月29日

九州のグリーンを満喫する旅 熊本県「阿蘇内牧温泉・湯巡追荘」(1)

 今日の九州のグリーンを満喫する旅は、6月5日(水)夕方の 熊本県「阿蘇内牧温泉・湯巡追荘その1を、ご案内致します。

 阿蘇山の雄大な自然の迫力を堪能した後は、今宵の宿「阿蘇内牧温泉・湯巡追荘」を目指します。

 「阿蘇内牧温泉・湯巡追荘」の位置


 




 湯巡追荘の駐車場に到着しました。・・・4年ぶりに「湯巡追荘」にお世話になります。

 湯巡追荘・駐車場.jpg



 フロントに行く途中に、「訪ね湯3条〜8条」があります。

 訪ね湯3条〜8条.jpg



 湯巡追荘の入口・・・今年4月にリュニアルオープンしたばかりで、門構えや木々等が配置され、外回りはまったく別のホテルの雰囲気があり、期待できそうです。

 湯巡追荘入口.jpg



 門をくぐりますと、「たくさんの鯉」が歓迎してくれます。

 鯉も歓迎.jpg



 玄関・・・赤い絨毯と両側に季節の花が飾られ、「ようこそ湯巡追荘へ」の歓迎の心が感じられます。

 玄関.jpg



 ロビー左手では、熊本県のゆるキャラ・・・全国NO.1人気の「くまモン」も、歓迎してくれます。

 くまモンも歓迎.jpg



 フロント・ロビーも明るく広々として、解放感があり旅の疲れを癒してくれます。

 フロント.jpg



 ロビー.jpg



 浴衣選びコナー・・・「浴衣を選ぶ」ことが出来ます。・・・これも嬉しいサービスですね!

 浴衣選びコーナー.jpg


 チェックインを済ませ、これから、お部屋に向かいます。
 建屋は、リニュアルされた「花ことぱ」です。


 花ことぱ.jpg



 お部屋は、1階にある露天風呂付客室「桃」・・・名前がいいですね!

 お部屋・桃.jpg



 お部屋は広々として、ゆったりとくつろげます。

 お部屋.jpg



 ベッド.jpg



 客室露天風呂は、広々として源泉掛け流しの温泉が注がれ、好きな時間にいつでも温泉を楽しむことが出来ます。

 客室露天風呂.jpg



 明日は、九州のグリーンを満喫する旅 熊本県「内牧温泉・湯巡追荘」その2を、ご案内致します。

 青海島育ちのマーくん





 

 

posted by 青海島育ちのマッサン at 07:06| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月28日

九州のグリーンを満喫する旅 熊本県「阿蘇山」

 今日の九州のグリーンを満喫する旅は、6月5日(水)午後の 熊本県「阿蘇山」を、ご案内致します。

 宮崎県高千穂峡で大自然を満喫した後は、天岩戸神社に参拝に行きました。(先日アップロード済)
 ここで、「人間国宝・坂東玉三郎さん」とご対面の「サプライズ」がありましたので、再度ご紹介致します。


 人間国宝・坂東玉三郎さん.jpg



 記念撮影.jpg



 坂東玉三郎さんとのご対面の感動を大切にしながら、この後、熊本県「阿蘇山」に向かいました。
 南阿蘇の西側から「阿蘇パノラマライン」を進み、米塚下園地に到着しました。
 一面のグリーンで癒されます。・・・(^o^)


 米塚1.jpg



 米塚2.jpg



 米塚大水神の碑

 米塚大水神の碑.jpg



 杵島岳と大草原・・・グリーンがたまりません・・・「大自然のパワー」をしっかりもらいました。

 米塚からの杵島岳.jpg



 米塚下園地から「草千里手前の展望駐車場」へ向かいます。
 米塚とカルデラ内壁の説明

 米塚とカルデラ内壁.jpg



 「草千里手前の展望駐車場」からの「米塚

 草千里展望台からの米塚.jpg



 杵島岳

 杵島岳.jpg



 草千里・・・大草原の素晴らしいグリーンで癒されます。・・・この時期の「草千里」は最高です。

 草千里1.jpg



 草千里2.jpg



 草千里給水施設説明

 草千里給水施設説明.jpg



 中岳・・・阿蘇5岳の中でもシンボル的な活火山で、大自然の凄さを強く感じさせられます。

 中岳1.jpg



 中岳2.jpg



 明日は、九州のグリーンを満喫する旅 その18を、ご案内致します。

 青海島育ちのマーくん









posted by 青海島育ちのマッサン at 07:25| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月27日

九州のグリーンを満喫する旅 宮崎県高千穂峡(2)

 今日の九州のグリーンを満喫する旅は、6月5日(水)午後の 宮崎県高千穂峡その2を、ご案内致します。

 高千穂峡遊歩道の中ほどにやってきました。
 槍飛橋の傍に「槍飛」の説明があります。


 槍飛説明.jpg



 槍飛.jpg



 少し進みますと、「高千穂峡の石碑」が、建立されています。

 高千穂峡石碑.jpg



 高千穂峡の見所の一つ「仙人の屏風岩」・・・自然の雄大さを感じさせられます。

 仙人の屏風岩説明.jpg



 仙人の屏風岩.jpg



 高千穂峡のメインスポット・・・お馴染みの景色です。
 ここのスポットは、本当に自然の力・素晴らしさを、感じさせてくれます。


 高千穂峡1.jpg



 高千穂峡2.jpg



高千穂峡3.jpg



 鴨の親子がボートの傍で、泳いでいます。 

 鴨とボート.jpg



 今回は時間の関係で、この辺りで折り返して、「あららぎ乃茶屋駐車場」に戻ります。

 あららぎ乃茶屋近くには、気になる「石仏?墓?石碑?」がありました。
 次回訪れた際、何か調べてみます。


 ?か気になりました。.jpg



 神橋・・・高千穂峡の三段橋の下側の橋です。・・・歴史を感じます。

 神橋.jpg



 あららぎ乃茶屋傍の「高千穂峡散策の北側スタート地点

 高千穂峡スタート地点の道しるべ.jpg



 今回は、時間の関係で「日本の滝100選にも選ばれた真名井の滝」まで、行けませんでしたので、次回は時間をかけて「高千穂峡」の魅力を、取材したいと思っています。

 明日は、九州のグリーンを満喫する旅 その17を、ご案内致します。

 青海島育ちのマーくん













posted by 青海島育ちのマッサン at 06:24| 山口 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月26日

九州のグリーンを満喫する旅 宮崎県高千穂峡(1)

 今日の九州のグリーンを満喫する旅は、6月5日(水)午後の 宮崎県高千穂峡その1を、ご案内致します。

 宮崎県高千穂峡の位置


 




 高千穂峡の説明
 その昔阿蘇火山活動の噴出した火砕流が、五ヶ瀬川に沿って帯状に流れ出し、 急激に冷却されたために柱状節理のすばらしい懸崖となった渓谷です。
 この高千穂峡は、1934年(昭和9)11月に、名勝・天然記念物に指定されています。


 高千穂峡説明.jpg



 高千穂観光案内図

 高千穂案内図.jpg



 あららぎ乃茶屋駐車場・・・昼時でしたので昼食に利用しました。
 食事をしますと、駐車場料金は無料になります。


 あららぎ乃茶屋駐車場.jpg



 あららぎ乃茶屋

 あららぎ乃茶屋.jpg



 お店の中には、高千穂らしさが満載です。
 高千穂と云えば、「神楽」・・・お土産の暖簾も「神楽」でした。


 神楽1.jpg



 神楽2.jpg



 北山たけしさんの「高千穂峡」のポスターが、掲示されていました。

 北山たけし・高千穂峡.jpg



 あららぎ乃茶屋の「竹の急須とコップ」・・・いいですね!

 竹のお茶入れ.jpg



 あららぎ乃茶屋の屋外食事処からの景色

 あららぎ乃茶屋からの景色.jpg



 食事を済ませましたので、これから「高千穂峡」のグリーンと美味しい空気、素晴らしい景色を堪能します。・・・(^o^)

 まず最初の見所は、「甌穴(おうけつ)」

 甌穴説明.jpg



 甌穴.jpg



 次は、「神硯(みすずり)の岩

 神硯の岩説明.jpg



 神硯の岩.jpg



 高千穂峡の人気撮影スポット「高千穂三橋」
 趣の違うアーチ橋が一望でき、 一つの渓谷の一か所に三本ものアーチ橋を見ることができるのは、全国でもここだけだと言われています。


 高千穂三段橋.jpg



 明日は、九州のグリーンを満喫する旅 宮崎県高千穂峡その2を、ご案内致します。

 青海島育ちのマーくん









posted by 青海島育ちのマッサン at 11:09| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月25日

九州のグリーンを満喫する旅 宮崎県高千穂神社(2)

 今日の九州のグリーンを満喫する旅は、6月5日(水)午前の 宮崎県高千穂神社その2を、ご案内致します。

 国指定重要文化財 高千穂神社本殿


 本殿説明.jpg



 本殿.jpg



 神楽殿・・・高千穂神楽資料館になっています。

 神楽殿1.jpg



 神楽殿2.jpg


 高千穂宮鎮石(しずめいし)の由来

 高千穂宮鎮石の由来.jpg



 高千穂宮鎮石.jpg



 秋篠宮・妃殿下・佳子内親王殿下 御参拝記念樹

 秋篠宮・妃殿下・佳子内親王殿下 御参拝記念樹.jpg



 高松宮宣仁親王殿下御手植

 高松宮宣仁親王殿下御手植.jpg



 島津久永 貴子様 御手植

 島津久永 貴子様 御手植.jpg



 みやざきの巨樹百選説明

 みやざきの巨樹百選説明.jpgみやざきの巨樹百選.jpg



 おみくじ・・・願い事の成就を・・・ 

 おみくじ.jpg



 明日は、国の名勝・天然記念物に指定されている「宮崎県 高千穂峡」を、ご案内致します。

 青海島育ちのマーくん











posted by 青海島育ちのマッサン at 11:32| 山口 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月24日

九州のグリーンを満喫する旅 宮崎県高千穂神社(1)

 今日の九州のグリーンを満喫する旅は、6月5日(水)午前の 宮崎県高千穂神社その1を、ご案内致します。

 宮崎県高千穂神社の位置


 




 高千穂神社の大鳥居をくぐりますと、左手に「皇室関係御成」があります。

 皇室関係御成.jpg



 この「皇室関係御成」のそばには、「高千穂皇神社復古之碑」が建立されています。

 高千穂皇神社復古之碑1.jpg



 高千穂皇神社復古之碑2.jpg



 この「高千穂皇神社復古之碑」の少し先には、「高千穂宮御由緒」が設置されています。

 高千穂宮御由緒2.jpg



 高千穂宮御由緒1.jpg



 高千穂神社石柱と手水舎
 参拝の前には手水舎で、身も心も清めます。


 高千穂神社.jpg



 高千穂神社の参道

 参道.jpg



 拝殿が観えてきました。

 拝殿1.jpg



 立派な拝殿です。

 拝殿2.jpg



 拝殿3.jpg



 神符授与所

 神符授与所.jpg



 拝殿の左手には、巨大な「夫婦杉」があります。

 夫婦杉由来記.jpg



 夫婦杉.jpg



 荒立神社と四皇子社

 荒立神社と四皇子社説明.jpg



 荒立神社と四皇子社.jpg



 明日は、九州のグリーンを満喫する旅 宮崎県高千穂神社その2を、ご案内致します。

 青海島育ちのマーくん










posted by 青海島育ちのマッサン at 11:10| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月23日

九州のグリーンを満喫する旅 やまなみハイウェイ〜高千穂神社

 今日の九州のグリーンを満喫する旅は、6月5日(水)午前の熊本県やまなみハイウェイ 〜 宮崎県高千穂神社を、ご案内致します。

 城山展望所近くのやまなみハイウェイ とグリーンが眩しい大草原
 心身とも、グリーンで癒されます。・・・(^o^)


 やまなみハイウェー.jpg


 眩しいグリーン1.jpg



 眩しいグリーン2.jpg



 阿蘇市一の宮・城山展望所の位置

 




 城山展望所
 標高748mに位置し、眼下に阿蘇市一の宮町の街並みと、正面に阿蘇五岳が望めます。


 城山展望所.jpg



 昭和天皇御立見処記念柱

 昭和天皇御立見処記念柱.jpg



 阿蘇連山と阿蘇市街1.jpg



 阿蘇連山と阿蘇市街2.jpg



 阿蘇市観光案内板
 阿蘇市観光案内.jpg



 森が育むきれいな空気と豊かな農業用水説明板

 森が育むきれいな空気と豊かな農業用水説明.jpg



 これから城山展望所を後にして、阿蘇山・根子岳の近くを通り、高森町から国道325号線を、宮崎県高千穂神社を目指します。

 高千穂神社の駐車場に到着しました。
  

 高千穂神社・駐車場.jpg



 駐車場のそばには、紫陽花が咲いていました。

 紫陽花.jpg


 高千穂神社の大鳥居

 高千穂神社・大鳥居.jpg



 高千穂神社の社務所

 社務所.jpg



 明日は、九州のグリーンを満喫する旅(13)として、宮崎県「高千穂神社」をご案内致します。

 青海島育ちのマーくん










posted by 青海島育ちのマッサン at 07:44| 山口 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月22日

九州のグリーンを満喫する旅 熊本県黒川温泉「いこい旅館」(5)

 今日の熊本県阿蘇郡南小国町の旬の景色は、6月4日(火)午後 〜 5日(水)午前の九州の代表的な温泉地で、全国的にも人気が高いK川温泉の「いこい旅館その5を、ご案内致します。

 「日本の名湯秘湯百選の湯」に選ばれた「いこい旅館」の温泉巡りを堪能した後は、もう一つのお楽しみの「夕食」のお食事処に向かいます。

 お食事処に向かう途中には、「美人画」が飾られていました。
 

 美人画.jpg



 少し「おみやげ処」に寄り道・・・「いこい旅館のオリジナル商品」が、お気に入りになりました。・・・(^o^)

 オリジナル商品.jpg



 夕食

 夕食.jpg



 夕食でも、市原さんにお世話になりました。

 市原さん.jpg



 スーパードライの後は、焼酎を「スペシャル・カップ」でいただきました。
 焼酎を注ぎますと、メダカが浮かび上がります。


 焼酎の器.jpg



 とてもいい気分なりましたので、夜の「黒川温泉街」を散策しました。
 この日は、とても静かな夜でした。


 夜の黒川温泉街.jpg



 「いこい旅館」の近くには、「歴史の宿 御客屋」があります。・・・名前がユニークなので、気になりました。
 創業は享保七年(1722年)で、黒川随一の歴史と昔懐かしさがある宿のようです。


 御客屋1.jpg



 御客屋2.jpg



 夜の「黒川温泉街」の散策を終えて、「いこい旅館」に戻ってきました。
 美人がお迎えです。
 

 美人湯.jpg



 いこい旅館」は、夜も風情がありますね。

 夜のいこい旅館入口.jpg



 夜の居恋旅庵.jpg



 ゆっくりお休みして、気持ちのいい朝を迎えました。
 
 朝食・・・ヘルシーな料理でした。


 朝食.jpg



 朝の「いこい旅館」前の景色・・・素朴ですね!

 朝の景色.jpg



 市原さんを始め「いこい旅館のみなさん」には、大変お世話になりました。
 ありがとうございました。


 いこい旅館.jpg



 いこい旅館」を後にして、これから宮崎県「高千穂」に向かいます。

 明日は、「九州のグリーンを満喫する旅」その12として、「やまなみハイウェイ」と「高千穂」をご案内致します。

 青海島育ちのマーくん








 
posted by 青海島育ちのマッサン at 06:45| 山口 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月21日

九州のグリーンを満喫する旅 熊本県黒川温泉「いこい旅館」(4)

 今日の熊本県阿蘇郡南小国町の旬の景色は、6月4日(火)午後の九州の代表的な温泉地で、全国的にも人気が高いK川温泉の「いこい旅館」その4を、ご案内致します。

 「日本の名湯秘湯百選の湯」に選ばれた「いこい旅館」の温泉巡り・・・その2
 温泉は写真撮影ができませんので、これからは「いこい旅館のHP」より、館内の温泉をご紹介致します。


 うたせ湯
 日帰り入浴可 /
 混浴露天風呂

 滝の湯の奥にあるうたせ湯です。木々のこずえの間に"うたせ"が高い位置から数本湯を落としています。


 うたせ湯.jpg



 箱湯
 日帰り入浴可 /
 混浴露天風呂

 本館の囲炉裏と同じく「居恋旅庵」の障子がある、四角い温泉です。底に敷いた小石が足裏を刺激し気持ちのよいお風呂です。


 箱湯.jpg



 家族風呂
 日帰り入浴可 /
 貸切風呂

 木組みのお風呂での家族水入らずは、温泉旅館の醍醐味です。
 ご家庭のお風呂とは一味も二味もちがう豊かなお湯と温泉情緒をお楽しみください。


 家族風呂.jpg



 月灯の湯
 日帰り入浴可 /
 貸切風呂

 岩の壁で囲んだお風呂です。日帰り入浴でもご利用いただけます。


 月灯の湯.jpg



 桶風呂
 日帰り入浴可 /
 貸切風呂

 いこい旅館の別棟「風坊」の3階にあるお風呂です。古い大きな桶を利用したお風呂で、大人2人が入浴できるサイズです。


 桶風呂.jpg



 檜(ひのき)風呂
 宿泊者専用

 いこい旅館は田の原川沿いに建つ旅館です。この清流側にあるお風呂なので、ドウドウと川の流れる音が聞こえます。
 大きな檜丸太を組んた檜の湯船で至福の時を。


 檜風呂.jpg



 蘇の湯
 宿泊者専用 /
 貸切風呂 /
 石風呂・寝湯・うたせ湯・サウナ

 蘇の湯は奥からうたせ湯、寝湯、石風呂と順番に並ぶ、宿泊者専用のお風呂です。


 蘇の湯.jpg



 風坊の湯
 客室内温泉
 別棟「風坊」専用のお風呂です。丸い石を組んで作った温泉です。


 風坊の湯.jpg



 足湯
 無料
 玄関前の小庭を眺めながら、足湯に浸かってひと休み。冬場は温泉と囲炉裏の温もりが、冷えた体にじんわりと染みてきます。


 足湯.jpg



 明日は、「九州のグリーンを満喫する旅」その11として、黒川温泉「いこい旅館」(5)をご案内致します。

 青海島育ちのマーくん










posted by 青海島育ちのマッサン at 11:32| 山口 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月20日

九州のグリーンを満喫する旅 熊本県黒川温泉「いこい旅館」(3)

 今日の熊本県阿蘇郡南小国町の旬の景色は、6月4日(火)午後の九州の代表的な温泉地で、全国的にも人気が高いK川温泉の「いこい旅館その3を、ご案内致します。

 部屋で一息ついた後、次はお楽しみの一つ「日本の名湯秘湯百選の湯」に選ばれた温泉巡りをしました。

 温泉は写真撮影ができませんので、これからは「いこい旅館のHP」より、館内の温泉をご紹介致します。

 美人湯
 日本名湯秘湯百選の湯 /
 日帰り入浴可

 女性に人気の秘密はこの美肌効果の高いお湯のおかげでしょうか。
 ぬめり感のあるお湯で、湯上りに肌をさわると弾力感のあるつるつるとした感触に驚かされます。


 美人の湯1.jpg



 美人の湯2.jpg



 美人の湯3.jpg



 滝の湯
 日本の名湯秘湯百選の湯 /
 日帰り入浴可 /
 混浴露天風呂

 その幽玄なる佇まいで名湯に選ばれました。滝のようなうたせ湯の流れと野趣を感じる露天をお楽しみください。


 滝の湯1.jpg



 滝の湯2.jpg



 滝の湯3.jpg



 立ち湯
 日帰り入浴可

 深さは約1.5メートル。雰囲気のある屋根のついた立湯です。
 二本の竹につかまって背筋を伸ばして入ります。不思議な心地良さを感じてみてください。


 立ち湯1.jpg



 立ち湯2.jpg



 立ち湯3.jpg



 扇の湯
 日帰り入浴可 /
 貸切風呂

 扇の形の切石でできたお風呂です。


 扇の湯.jpg



 明日は、「九州のグリーンを満喫する旅」その10として、黒川温泉「いこい旅館」(4)をご案内致します。

 青海島育ちのマーくん


 追伸
 「いこい旅館」からの休館のお知らせ


 当館では、館内メンテナンス及び従業員研修の為、勝手ながら下記の通り、休館致します。
 ☆6月19日水曜日〜6月20日木曜日
 上記の期間は、
 お電話でのご予約のお問い合わせ、及び日帰り入浴は承っておりません。

 ●お電話の受け付けは、6月21日金曜日午前9時〜
  0967−44−0552

 ●ご入浴の受け付けは、6月21日金曜日午後3時〜 と致します。

 尚、インターネットでのご予約の受け付けは、24時間休まず承っております。
 大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご了承くださいませ。










posted by 青海島育ちのマッサン at 17:52| 山口 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月19日

九州のグリーンを満喫する旅 熊本県黒川温泉「いこい旅館」(2)

 今日の熊本県阿蘇郡南小国町の旬の景色は、6月4日(火)午後の九州の代表的な温泉地で、全国的にも人気が高いK川温泉の「いこい旅館」その2を、ご案内致します。

 チェックインは、フロントで行うのが一般的ですが、ここ「いこい旅館」では、旅籠のようにお部屋で行いました。

 これから部屋への案内です。・・・担当は、渋いイケメンの「市原さん」・・・落ち着いて・テキパキ・親切な方で、食事の際にも、大変お世話になりました。
 ありがとうございました。


 市原さん.jpg



 フロント横にありました「入湯手形」・・・千円で3カ所の旅館の露天風呂が利用できます。
 この「入湯手形」は、全国に先駆けて「黒川温泉」が、最初に運用を始めました。


 入湯手形.jpg



 お土産店・・・黒川温泉名物や「いこい旅館オリジナル品」等が、並んでいます。
 後から、ゆっくりと品定めに・・・


 おみやげ1.jpg



 おみやげ2.jpg



 お部屋は2階です。・・・全館木造でとても落ちつきがあります。

 2階通路.jpg



 2階廊下の壁には、「黒川温泉絵地図」や「道草」等が飾られています。 

 黒川温泉絵地図.jpg



 道草.jpg



 お部屋に到着・・・部屋の名前は「滝」です。

 部屋「滝」.jpg



 部屋でチェックインを済ませた後、市原さんから、館内説明が始まりました。

 いこい旅館案内書1.jpg



 いこい旅館案内書2.jpg



 部屋には、さりげない「心遣い」が・・・嬉しいですね!・・・(^o^)

 さりげない心遣い1.jpg



 さりげない心遣い2.jpg



 部屋は10畳の角部屋で、色々と民芸調な趣がありました。電燈やすだれ、鏡台、戸等々・・・徹底した「こだわり」が、しっかりと伺えました。

 素朴さ1.jpg



 素朴さ2.jpg



 明日は、「九州のグリーンを満喫する旅」その9として、黒川温泉「いこい旅館」(3)をご案内致します。

 青海島育ちのマーくん



 追伸
 「いこい旅館」からの休館のお知らせ


 当館では、館内メンテナンス及び従業員研修の為、勝手ながら下記の通り、休館致します。
 ☆6月19日水曜日〜6月20日木曜日
 上記の期間は、
 お電話でのご予約のお問い合わせ、及び日帰り入浴は承っておりません。

 ●お電話の受け付けは、6月21日金曜日午前9時〜
  0967−44−0552

 ●ご入浴の受け付けは、6月21日金曜日午後3時〜 と致します。

 尚、インターネットでのご予約の受け付けは、24時間休まず承っております。
 大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご了承くださいませ。









posted by 青海島育ちのマッサン at 17:10| 山口 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月18日

九州のグリーンを満喫する旅 熊本県黒川温泉「いこい旅館」

 今日の熊本県阿蘇郡南小国町の旬の景色は、6月4日(火)午後の九州の代表的な温泉地で、全国的にも人気が高いK川温泉の「いこい旅館」その1を、ご案内致します。

 黒川温泉「いこい旅館」の位置


 いこい旅館の位置.jpg



  いこい旅館」は、黒川温泉で唯一の{日本の名湯秘湯百選宿}で、美人湯とよばれる女性用露天風呂など13種類のお風呂があり、館内で湯ったり「湯めぐり」が出来ます。

 「いこい旅館」の車 

 いこい旅館の車.jpg



 お出迎え・・・荷物を持っていただけます。(あたりまえのことが、「自然」にできています。)

 お出迎え.jpg



 入口には、昔懐かしい歴史を感じさせます「公衆電話」の建屋が・・・いいですね!

 公衆電話.jpg

 
 
 入口の真向かいには、「いこい旅館」の源泉があります。

 いこい旅館の源泉.jpg



 玄関前の囲炉裏周辺は、知らない者同士のコミニュケーション広場です。
 「いこい旅館」は、故郷のような温かい雰囲気が魅力の「民芸調の宿」そのもです。


 くつろぎ.jpg



 いこい旅館」は「居恋旅庵」・・・滞在中は「居心地がよく」、家路についた際は「恋しくなる」お宿を目指されているそうです。

 居恋旅庵.jpg



 玄関前には、「天然ミネラルウオーター」があります。

 天然ミネラルウオーター.jpg



 標高686.95mの石柱とご対面・・・これまで、全国各地の200の旅館・ホテルを利用しましたが、玄関前に標高を表すものがありましたのは初めてで、新鮮な驚きでした。
 温泉卵より、こちらの「標高石柱」が気になりました。・・・(^o^)
標高686.95m.jpg



 「いこい旅館」の玄関・・・なにか、田舎の実家に帰ってきたような「温もりと・素朴さ」を感じさせるたたずまいで、とても癒されます。

 玄関.jpg



 これから、建屋内に入ります。
 フロント・・・こじんまりして、御会計・電話・おみやげの表示が、旅籠の雰囲気でいいですね!

 「いこい旅館」の電話番号
  0967−44−0552


 フロント.jpg



 明日は、「九州のグリーンを満喫する旅」その8として、黒川温泉「いこい旅館」(2)をご案内致します。

 青海島育ちのマーくん









posted by 青海島育ちのマッサン at 17:00| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月17日

九州のグリーンを満喫する旅 熊本県「黒川温泉」(2)

 今日の熊本県阿蘇郡南小国町の旬の景色は、6月4日(火)午後の九州の代表的な温泉地で全国的にも人気が高い黒川温泉その2を、ご案内致します。

 黒川温泉・地蔵湯
 地蔵湯は、黒川温泉の元湯として知られる共同浴場で、共同駐車場からいご坂を下ったところにあり、首なし地蔵の伝説に基づいて湯が湧き出した場所といわれています。


 地蔵湯.jpg



 地蔵堂の由来
 昔々、病気の父に瓜を食べさせてあげようと、盗みをすることを決意した息子が、お地蔵様にそのことを告げ、瓜畑に入っていきましたが、地主に見つかり首をすぱっとはねられてしまいました。
 しかし、落ちた首はお地蔵様の首でした。身代わりになったお地蔵様を細川藩の修行僧が熊本に持ち帰ろうとした時、「ここに安置してくれ」としゃべりなさったそうです。
 村人はお地蔵様の首をまつり、大切に守りつづけたら、ある日この地より温泉がわきでるようになったのだそうです。


 地蔵堂説明.jpg



 黒川地蔵尊

 地蔵堂1.jpg



 地蔵堂2.jpg



 黒川温泉には、足湯もあります。

 足湯.jpg



 源泉・・・各旅館は独自の源泉をもっているそうです。

 源泉1.jpg



 源泉2.jpg



 お店の名前が「傘祭り」?

 傘祭り.jpg



 いご坂地獄
 地元の人たちの手で掘られた、いご坂の上に湧く温泉です。地元の人たちが野菜や卵などをゆがいたり、立ち寄った人が湯を飲んだりと、温泉の町ならではの光景を見ること ができるそうです。


 いご坂地獄.jpg



 この「いご坂地獄」には、「田の神様」があります。
 黒川温泉街にたたずむ豊作の神様で、手にしゃもじと茶碗を持っていて、幸せそうな笑顔が印象的です。
 「いご坂地獄」は黒川温泉街内に10数体がありますが、全て顔形が違うそうです。


 田の神様.jpg



 黒川温泉観光旅館協同組合「風の舎」の近くで、建屋の屋根に歴史を感じました。

 屋根が歴史.jpg



 黒川温泉の散策で「癒しの温泉郷として、町全体を統一した落ち着いた雰囲気づくり」を感じました。
 これから今宵の宿へ・・・「日本の名湯秘湯百選に選ばれた いこい旅館」に到着しました。


 いこい旅館.jpg



 明日は、「九州のグリーンを満喫する旅」その7として、黒川温泉「いこい旅館をご案内致します。

 青海島育ちのマーくん









  
posted by 青海島育ちのマッサン at 10:00| 山口 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月16日

九州のグリーンを満喫する旅熊本県南小国町「黒川温泉」

 今日の熊本県阿蘇郡南小国町の旬の景色は、6月4日(火)午後の九州の代表的な温泉地で全国的にも人気が高い「黒川温泉を、ご案内致します。

 黒川温泉の位置


 




 黒川温泉は、第26回にっぽんの温泉100選(2012年度)総合ランキングで、前回に続いて4位と人気の温泉地です。この人気の要因は、黒川と云えば「露天風呂と田舎情緒」・・・が全国的に浸透し、特に女性からの支持が高く、リピーター客が多いのが特徴となっているようです。

 温泉街は、田の原川の渓谷の両側に24軒の和風旅館が建ち並び、昔ながらの落ち着いた雰囲気で、川のせせらぎを聴きながら「湯ったり」出来て、心身とも癒されます。

 黒川温泉観光旅館協同組合「風の舎」の説明


 風の舎説明.jpg



 風の舎」の建屋は、歴史を感じさせてくれます。

 風の舎1.jpg



 風の舎2.jpg



 「風の舎」の前に設置されている「露天風呂めぐり・入湯手形
 「入湯手形」を購入することにより、3カ所まで選んで入浴することができます。


 入浴手形.jpg



 これから「風の舎」の内部入ります。
 黒川温泉の数々の表彰状・・・温泉地が一体となったお客様第一の取り組みが、高く評価されています。


 表彰状.jpg



 黒川温泉でも、「くまモン」の人気は絶大です。・・・土産物には「くまモン」が欠かせません!

 くまモン1.jpg



 くまモン2.jpg



 くまモン3.jpg



 黒川温泉の案内絵地図

 黒川温泉案内板.jpg



 旅館などの案内

 旅館等案内.jpg



 黒川温泉の旅館街・・・和風で落ち着いた雰囲気があります。

 温泉街1.jpg



 温泉街2.jpg



 黒川温泉の名物のひとつ「いきなり団子

 いきなり団子.jpg



 明日は、「九州のグリーンを満喫する旅」その6として、黒川温泉(2)をご案内致します。

 青海島育ちのマーくん








  
posted by 青海島育ちのマッサン at 12:08| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月15日

九州のグリーンを満喫する旅熊本県南小国町「秘境七滝」

 今日の熊本県阿蘇郡南小国町の旬の景色は、6月4日(火)の新緑・マイナスイオン満載の「秘境 七滝を、ご案内致します。

 熊本県阿蘇郡南小国町満願寺小田「秘境七滝」の位置

 
 




 「秘境 七滝」の説明板と石の上の案内図・・・駐車場の入口に設置されています。

 七滝説明板と案内図.jpg



 七滝説明.jpg



 七滝案内図.jpg



 遊歩道・・・行きは下り坂が続きます。

 遊歩道1.jpg



 およそ100m進みますと、左手にお地蔵様があります。・・・青海島育ちのマーくんも、お参りしました。

 お地蔵様.jpg



 新緑がいっぱいに広がります・・・森林浴・森林浴・森林浴・・・目に優しく、とても空気がおいしいかったです。

 新緑.jpg



 更に60m遊歩道を進みますと、「秘境七滝」の1番滝が観えてきました。

 七滝1.jpg



 渓谷沿いには遊歩道(階段)が整備されています。

 遊歩道2.jpg



 これからは、「秘境 七滝」をご覧ください。・・・思ったより小さな滝でした。

 七滝2.jpg



 七滝3.jpg



 七滝4.jpg



 七滝5.jpg



 明日は、「九州のグリーンを満喫する旅」その5として、黒川温泉をご案内致します。

 青海島育ちのマーくん





 

 

 
posted by 青海島育ちのマッサン at 12:08| 山口 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月14日

九州のグリーンを満喫する旅・熊本県南小国町夫婦滝

 今日の熊本県阿蘇郡南小国町の旬の景色は、6月4日(火)の新緑・マイナスイオンいっぱいの「夫婦滝」を、ご案内致します。

 夫婦滝の位置


 




 南小国町の日田往還・国道442号線を黒川温泉に向けて車を進めますと、左手に「夫婦滝」の看板があります。

 夫婦滝看板.jpg



 駐車場から、遊歩道を進み「夫婦滝」を目指します。

 階段.jpg



 3分くらい歩きますと、「夫婦滝」に至る階段が観えてきました。
 ここは、右手からのお店の通路と合流する地点になります。


 お店からの道と合流.jpg



 これからは、ひたすら階段を下ります。

 合流点からの階段.jpg



 階段が続きます。.jpg



 日本で1ヶ所の説明
 2つの川の滝が合流地で見られるのは、日本でこの「夫婦滝」一ヶ所だそうです。
 2つの滝は夫婦滝で結ばれ、満ち溢れる愛は筑後川より有明海へ注がれる・・・


 日本で一ヶ所.jpg



 新緑・マイナスイオンがいっぱいの「夫婦滝」・・・水も空気もおいしく、とても元気になりました。

 右側は「女滝」で12m、黒川温泉や田の原温泉を流れる田の原川の滝です。左側が「男滝」で15m、小田温泉を流れる小田川の滝で、2つを合わせて「夫婦滝」と呼ばれ、若い方には「出会いの滝」「縁結びの滝」として、人気のパワースポットになっています。


 夫婦滝.jpg



 この「夫婦滝」で、とてもフレッシュなお二人と、ご対面しました。
 (ブログへのアップロードが遅くなりまして、申し訳ございません。・・・反省・・・)


 フレッシュな二人.jpg



 駐車場に戻り、ほんの少し車を進めますと、左手に「夫婦滝」のお店がありました。

 お店の夫婦滝看板.jpg



 相思相愛くまモンが歓迎してくれます。

 くまモン.jpg



 「夫婦滝」の説明

 夫婦滝説明.jpg



 撮影スポット・・・ここで撮影すると夫婦円満、恋人同士の縁結び等が成就するそうです。・・・(^o^)

 撮影スポット.jpg



 明日は、「九州のグリーンを満喫する旅」その4を、ご案内致します。

 青海島育ちのマーくん









posted by 青海島育ちのマッサン at 11:04| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月13日

九州の旅を満喫する旅「道の駅 童話の里くす」

 今日の大分県玖珠郡玖珠町の旬の景色は、6月4日(火)午後の「道の駅童話の里くす」を、ご案内致します。

 「道の駅童話の里くす」の位置
 大分自動車道・玖珠インターのすぐ近くにあります。
 

 




 道の駅童話の里くす」(道の駅童話の里くすHPより)
 平成21年5月29日にオープンした、九州で100番目、大分県で21番目の道の駅です。
 お問い合わせ電話: 0973−72−5535


 道の駅「童話の里くす」.jpg



 道の駅「童話の里くす」道しるべ

 道の駅「童話の里くす」道しるべ.jpg



 駐車場・・・普通車115台、大型車6台、身障者用3台

 駐車場.jpg



 「道の駅童話の里くす」は、建屋以外にも「テント販売所」があります。

 「童話の里くす」1.jpg



 「童話の里くす」2.jpg



 玖珠町の観光案内図と観光名所

 玖珠町観光案内図.jpg



 玖珠町観光案内.jpg



 桃太郎のように育つことを願って・・・説明

 桃太郎のように・・・説明.jpg



 桃太郎・犬・猿・キジのモニュメント・・・童心に戻り楽しくなりました。

 桃太郎・犬・猿・キジ.jpg



 玖珠インター近くには、赤鬼のモニュメントがあります。

 赤鬼.jpg



 レストランの入口には、「玖珠米を背負った豊後玖珠牛」が設置されています。 

 玖珠米を背負った豊後玖珠牛.jpg



 明日は、「九州のグリーンを満喫する旅」その3を、ご案内致します。

 青海島育ちのマーくん










posted by 青海島育ちのマッサン at 06:33| 山口 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月11日

「九州のグリーンを満喫する旅」青の洞門

 今日の大分県中津市の旬の景色は、6月4日(火)の「青の洞門」を、ご案内致します。

 青の洞門は、大正8年に発表された菊池寛の短編小説「恩讐の彼方に」で一躍有名になった、禅海和尚が掘った洞門(トンネル)で、耶馬渓を代表する名勝である競秀峰の裾野に穿たれている。

 諸国巡礼の旅の途中に耶馬渓へ立ち寄った禅海和尚は、極めて危険な難所であった鎖渡で人馬が命を落とすのを見て、慈悲心から享保20年(1735)に洞門開削の大誓願を興したと伝えられている。

 禅海和尚は托鉢勧進によって資金を集め、雇った石工たちとともにノミと鎚だけで掘り続け、30年余り経った明和元年(1764)、全長342m(うちトンネル部分は144m)の洞門が完成した。

 中津市HPより



 青の洞門の位置

 

 

 
 青の洞門と説明板・・・説明板は、少々お疲れのようです。・・・(>_<)

 青の洞門.jpg



 青の同門説明.jpg



 極めて危険な難所であった「競秀峰の鎖渡」で人馬が命を落としていた場所

 鎖渡の絶壁.jpg



 青の洞門と来年の大河ドラマ「軍師・官兵衛」の旗
 大分県の観光地や道の駅等は、来年のNHK大河ドラマ「軍師・官兵衛 黒田官兵衛」の旗が立てられ、ムードを盛り上げています。


 青の洞門と来年の大河ドラマ「軍師・官兵衛」.jpg



 青の洞門説明板の近くには、若山牧水の「耶馬溪にて」の句碑が建立されています。
 安芸の国越えて長門へ またこえて豊の国ゆき ほととぎす聴く

 ただ恋し うらみ怒りは影もなし 暮れて旅篭の欄に倚るとき


 耶馬溪にて句碑1.jpg



 耶馬溪にて句碑2.jpg



 この青の洞門は昼前でしたので、レストハウスで昼食をいだきました。

 レストハウス.jpg



 レストハウス前から、山国川に架かる「青の禅海橋」で対岸に渡りました。

 青の禅海橋1.jpg



 青の禅海橋2.jpg



 やま国がわ.jpg



 青の禅海橋3.jpg



 対岸でも、来年の大河ドラマ「軍師・官兵衛」の旗が立てられていました。

 鎖渡の絶壁と来年の大河ドラマ「軍師・官兵衛」.jpg



 明日は、「九州のグリーンを満喫する旅」その2を、ご案内致します。

 青海島育ちのマーくん










posted by 青海島育ちのマッサン at 11:28| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月10日

宮崎県高千穂町天岩戸神社東本宮

 今日の宮崎県高千穂町・旬の景色は、6月5日(水)午後1時過ぎの「天岩戸(あまのいわと)神社東本宮」を、ご案内致します。

 天岩戸神社案内図で、東宮の位置を確認ください。・・・右上にあります。


 天岩戸神社ご案内.jpg



 西本宮から東本宮に行く途中に、「あまのいわとはし」があります。・・・天岩戸を感じさせられます。

 あまのいわとはし.jpg



 天岩戸神社東本宮の駐車場

 天岩戸東宮駐車場.jpg



 天照皇大神の説明

 天岩戸神社説明.jpg



 天岩戸神社東本宮の石柱

 天岩戸東宮.jpg



 天岩戸神社東本宮の参道

 天岩戸東宮参道.jpg



 鈿女命の舞
 岩戸に隠れた天照大御神を外に出すために踊ったという鈿女命の像・・・この像の前に立ちますと、センサーが感知して、像がくるくる回ります。


 鈿女命の舞.jpg



 今回は、残念ながら時間不足で「天岩戸神社東本宮の社殿」や岩戸に隠れた天照大御神への対策を練るために神々が集まったという「天安河原」等の取材が出来せんでした。
 来年は、ゆっくりと時間をかけて、訪れてみたいと考えています!

 青海島育ちのマーくん

 








 
posted by 青海島育ちのマッサン at 09:41| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月09日

宮崎県高千穂町天岩戸神社西本宮(2)

 今日の宮崎県高千穂町・旬の景色は、6月5日(水)午後2時過ぎの「天岩戸(あまのいわと)神社・西本宮」その2を、ご案内致します。

天照皇大神の説明


 天照皇大神説明.jpg



 二の鳥居・・・この日は、団体客も多かったです。

 二の鳥居.jpg



 願かけ絵馬奉納所

 願かけ絵馬奉納所.jpg



 皇室関係の説明・御成植樹等

 皇室御関係御参拝皇室御関係御参拝.jpg



 明治天皇御製石碑

 明治天皇御製.jpg



 秩父宮殿下御成記念樹

 秩父宮殿下御成記念樹.jpg



 秋篠宮殿下・妃殿下・佳子内親王殿下 御成 記念樹

 秋篠宮殿下・妃殿下・佳子内親王殿下 御成 記念樹.jpg



 天岩戸神社・神門

 神門.jpg



 社殿・・・大勢の参拝者で賑わっていました。 

 社殿1.jpg



 社殿2.jpg



 社殿3.jpg



 社殿太鼓.jpg



 明日は、「九州のグリーンを満喫する取材」その1を、ご案内致します。

 青海島育ちのマーくん









 
posted by 青海島育ちのマッサン at 06:34| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月08日

宮崎県高千穂町天岩戸神社西本宮(1)

 今日の宮崎県高千穂町・旬の景色は、6月5日(水)午後2時過ぎの「天岩戸(あまのいわと)神社・西本宮」その1を、ご案内致します。

 宮崎県高千穂町天岩戸神社案内図・・・とても分かり易い案内図ですね!


 天岩戸神社ご案内.jpg



 天岩戸神社・西本宮の駐車場

 天岩戸西本宮駐車場.jpg



 天岩戸神社と云えば、天照大御神(あまてらすおおみかみ)・・・様です>!!

 天照大御神.jpg



 宮崎県は、ひむか神話街道・・・です。

 ひむか神話街道.jpg



 この「ひむか神話街道案内板」と「天照大御神」の前では、団体のお客様がガイドさんの説明を聴いておられました。

 団体客.jpg



 天岩戸神社西本宮の一の鳥居・・・木造で歴史を感じさせられました。

 一の鳥居.jpg



 一の鳥居をくぐって少し進みますと、左手に「徴古館」があります。

 徴古館説明.jpg



 徴古館.jpg




 参道を少し進みますと右手に、松尾芭蕉の句碑があります。

 芭蕉句碑説明.jpg



 芭蕉句碑.jpg



 更に少し進みますと、右手に「祈願受付」の看板があります。

 祈願受付.jpg



 御休憩所・・・一息入れるのにいいです。

 御休憩所.jpg



 授与所・社務所

 授与所・社務所.jpg



 手水舎・・・身も心も清めます。

 手水舎.jpg



 明日は、宮崎県高千穂町天岩戸神社西本宮その2を、ご案内致します。

 青海島育ちのマーくん










posted by 青海島育ちのマッサン at 07:32| 山口 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月07日

宮崎県高千穂町天岩戸神社西本宮の坂東玉三郎さん(2)

 今日の宮崎県高千穂町・旬の情報は、6月5日(水)午後2時過ぎに天岩戸(あまのいわと)神社・西本宮で見かけました歌舞伎女形で人間国宝の「坂東玉三郎さん」その2を、ご案内致します。

 高千穂町天岩戸神社の位置を確認ください。


 

 


 天岩戸案内図
 古事記・日本書紀には天照大神(アマテラスオオミカミ)は、弟の素戔嗚命(スサノオノミコト)の乱暴に怒り、天岩戸に籠もられた事が記してあり、天岩戸神社はその天岩戸を祀る神社と伝えられています。


 天岩戸案内図.jpg



 天岩戸神社西本宮一の鳥居

 天岩戸神社西本宮一の鳥居.jpg



 神楽殿前で大勢のみなさんが、神楽を観賞されていました。

 大勢のみなさん1.jpg



 国の重要無形民俗文化財に指定されている神楽
 天照大神が天岩戸にお隠れになったおり、岩戸の前で、天鈿女命(あめのうずめのみこと)が舞ったのが始まりと伝えられています。

 「鈿女(うずめ)の舞


 神楽1.jpg



 「戸取(ととり)の舞

 神楽2.jpg



 この神聖な神楽を多くのテレビ局や新聞社のみなさんが、取材されていました。

 マスコミ各社.jpg



 宮崎県のすべてのテレビ局が取材されていましたので、何事かと思い法被を着ておられた方にお聞きしましたところ、『坂東玉三郎さんが、9月に福岡市の博多座で上演される「アマテラス」の公演の成功を祈願されるため来ておられる』とのことでした。

 多くのデレビ局と大勢のみなさん・・・説明で納得しました。



 
 みなさん1.jpg



 この神聖な神楽を観賞されています「神楽殿の坂東玉三郎さん

 神楽殿の坂東玉三郎さん.jpg



 神楽が終り、「坂東玉三郎さん」が記念撮影場所に移動されます。
 関係者や「坂東玉三郎さん」目当ての大勢のファンのみなさんも大移動です。


 坂東玉三郎さん1.jpg



 大勢のみなさん2.jpg



 二の鳥居前で記念撮影です。・・・青海島育ちのマーくんは、運よくわりといい撮影場所が確保できました。

 坂東玉三郎さん愛音羽麗さんと記念撮影.jpg



 坂東玉三郎さんと、共演の元宝塚出身の愛音羽麗さん・・・表情がとても素晴らしいですね!

 坂東玉三郎さん・愛音羽麗さん.jpg



 この後、「坂東玉三郎さんと愛音羽麗さん」は、記者会見に臨まれました。

 明日は、宮崎県高千穂町「天岩戸神社西本宮」を、ご案内致します。

 青海島育ちのマーくん














posted by 青海島育ちのマッサン at 08:23| 山口 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月06日

宮崎県高千穂町天岩戸神社西本宮の坂東玉三郎さん(1)

 今日の宮崎県高千穂町・旬の情報は、6月5日(水)午後2時過ぎに天岩戸(あまのいわと)神社・西本宮で見かけました「坂東玉三郎さん」その1を、ご案内致します。

 たまたま、高千穂町の天岩戸神社の取材に出かけましたところ、グッドタイミングで、歌舞伎女形で人間国宝の坂東玉三郎さんとご対面致しました。

 坂東玉三郎さんが天岩戸神社を訪れられたのは、9月に福岡市の博多座で上演される「アマテラス」の公演の成功を祈願されるためです。
 (高千穂町の天岩戸神社は、作品のモデルの地)

 運が良く、青海島育ちのマーくんのすぐ近くで、坂東玉三郎さんを撮影することが出来ました。・・・(^o^)


 坂東玉三郎さん.jpg



 明日は、宮崎県高千穂町天岩戸神社西本宮の「坂東玉三郎さん」その2を、ご案内致します。

 青海島育ちのマーくん













posted by 青海島育ちのマッサン at 22:08| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月18日

新緑の九州の旅「大分市塚野鉱泉と別府湾SA」

 今日の九州・旬の景色は、5月15日(水)の「大分市塚野鉱泉と別府湾SA」を、ご案内致します。

 大分市塚野鉱泉の位置


 




 胃腸病によく効くことで知られています「塚野鉱泉
 塚野鉱泉は、緑豊かな山々から注がれる園田川沿いに、昔ながらの湯治場情緒を残す大分市の鉱泉です。

 塚野鉱泉の泉質は含二酸化炭素・ナトリウム・炭酸水素塩泉で、飲用・浴用ともに利用され、特に飲用では高濃度の炭酸水素イオンと二酸化炭素の成分が、胃腸病、慢性便秘に効能があることで知られています。


 塚野鉱泉.jpg



 塚野鉱泉の近くでは、梅が実を付けていました。

 梅.jpg



 塚野鉱泉から、大分自動車道「別府湾サービスエリア(SA)上り線」に到着しました。

 別府湾SA駐車場・・・平日でしたが、昼食時で結構車がいました。
 

 上り線駐車場.jpg



 別府湾SA案内図

 別府湾SA案内図.jpg


 
 大分自動車道別府湾SAは、2008年10月にリニューアルオープンした「上下線共通のサービスエリア」です。
 このSAは、別府湾の眺望を眼下に遠くに高崎山が望め、「和を基調としたモダンで心地よい空間」をコンセプトにしているそうです。


 別府湾SA上り.jpg



 別府市街地」とサル山とし有名な「高崎山」・・・この日は、視界があまり良くなく残念でした。

 別府市街と高崎山.jpg



 別府湾SA上り線からは、猫が岩山(722m)が望めます。
 スタイルがいい山ですね!


 猫が岩山.jpg



 猫が岩山の左手には、湯山テレビ塔が望めます。 

 湯山テレビ塔.jpg



 湯山テレビ塔の左には、扇山が・・・グリーンが眩しいです。
 (拡大しないで観てくださいね)


 扇山.jpg



 別府湾SA上り線から、下り線SAを望みました。

 別府湾SA下り.jpg



 九州の新緑も、いいですね!・・・(^o^)

 青海島育ちのマーくん

 











posted by 青海島育ちのマッサン at 10:43| 山口 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月17日

新緑の九州の旅「道の駅・豊前おこしかけ」

 今日の九州・旬の景色は、5月14日(火)午後1時過ぎの福岡県豊前市「道の駅・豊前おこしかけを、ご案内致します。

 道の駅・豊前おこしかけの位置


 




 道の駅豊前おこしかけ」は、福岡県豊前市四郎丸の国道10号と椎田道路(無料区間)の分岐上にあり、国道10号で初の道の駅として2000年(平成12年)3月にオープンしました。
 名称の「おこしかけ」は神功皇后が巡幸の途中、当地で石にこしかけたという伝説から名付けられました。


 豊前おこしかけ石柱.jpg



 道路標識「道の駅・豊前おこしかけ


 豊前おこしかけ.jpg



 第1駐車場・・・平日でしたが、結構車がいました。

 駐車場.jpg



 道の駅・豊前おこしかけ・・・開放的な大きな屋根が特徴です。

 豊前おこしかけ1.jpg



 道の駅の建屋・・・内部は数多くの「当地の商品」がいっぱいありました。

 豊前おこしかけ2.jpg



 外にありましたお店・・・オープンで気楽に品定めが出来ます。

 用品店.jpg



 フルーツ店.jpg



 お食事処「屋台村」

 屋台村.jpg



 漁師直売所
 
 漁師直売所.jpg



 季節の花・・・花壇が整備されていました。

 季節の花.jpg



 丸山敏雄の説明
 上毛郡合河村(現 豊前市天和)の農家に生まれ、徳福一致の倫理運動の創始者として知られます。


 丸山敏雄説明.jpg



 2014年のNHK大河ドラマ「軍師 官兵衛」の準備
 現在、福岡県では、福岡藩52万石の礎を築いた「黒田官兵衛」の放映に先駆け、色々な準備が行われています。
 ここ、「道の駅・豊前おこしかけ」でも、来場者に大河ドラマ「軍師 官兵衛」を周知するため、幟がたてられていました。


 来年の大河ドラマ.jpg



 ご参考(NHK ONLINE より)

 “人は殺すよりも使え”―― 黒田官兵衛は、戦国乱世にあって一風変わった男だった。生涯50数度の合戦で1度も負けを知らなかった戦の天才だが、槍や刀で人を殺すのではなく、智力で敵を下す、それが官兵衛の真骨頂だった。

 信長、秀吉、家康の三英傑に重用されながらも、あり余る才能ゆえに警戒され、秀吉には自分の次の天下人とまで恐れられた男。それでも乱世を見事に生き抜き九州・福岡藩52万石の礎を築いた男、黒田官兵衛。

 和歌や茶の湯を愛した文化人であり、敬虔なクリスチャンとして信仰を貫き、側室を持たずただ一人の妻と添い遂げた律儀な男。一方で、権謀術数渦巻く戦国時代にあって、巧みな弁舌と軍略で秀吉を支えた冷徹な軍師。

 播州姫路に生まれた地方大名の家老はいつしか、天下一の軍師へと変貌する。それは、乱れた世を正すために、時代がこの男を必要としたからかもしれない。

 2014年大河ドラマは、乱世の終焉を壮大に描く本格戦国時代劇です。


 来年の大河ドラマ「軍師 官兵衛」が、今から楽しみです。

 青海島育ちのマーくん













posted by 青海島育ちのマッサン at 11:07| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月16日

新緑の九州の旅「杉乃井ホテル」(2)

 今日の九州・旬の景色は、大分県別府市の「杉乃井ホテルその2を、ご案内致します。

 杉乃井ホテルは、大分県別府市の別府八湯のひとつ観海寺温泉にある大型リゾートホテルで、客室総数562室、収容宿泊客数2,434名で、西日本では最大級の規模を誇っています。

 杉乃井ホテルの本館・中館


 杉乃井ホテル.jpg



 フロント・・・広々して明るいです。

 フロント.jpg



 ロビーと庭園・・・ゆったりとくつろげます。

 ロビー.jpg



 庭園.jpg



 ロビーには、インターネット設備が設置されています。

 インターネット.jpg



 1階の売店・・・大分県の名産品が数多く陳列されています。

 売店.jpg



 宴会場の案内

 宴会場案内.jpg



 1階宴会場.jpg



 エレベーターホール・・・これから部屋に案内していただきます。

 エレベーターホール.jpg



 部屋からの眺望

 部屋からの景色.jpg



 イルミネーション・・・夜のお楽しみの一つです。・・・夢の世界へ・・・(^o^)

 イルミネーション1.jpg



 イルミネーション2.jpg



 イルミネーション3.jpg



 イルミネーション4.jpg



 杉乃井ホテルのスタッフのみなさん、大変お世話になりました。
 この秋にも、また、お世話になりますので、その時もよろしくお願いします。

 青海島育ちのマーくん










posted by 青海島育ちのマッサン at 14:38| 山口 | Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月15日

新緑の九州の旅「杉乃井ホテル」(1)

 昨日午前10過ぎに青海島を出発し、新緑の九州を旅して先ほど帰宅しました。
 今回は、この旅の1回目として、大分県別府市の「杉乃井ホテル」その1を、ご案内致します。

 杉乃井ホテルは、大分県別府市の別府八湯のひとつ観海寺温泉にある大型リゾートホテルで、客室総数562室、収容宿泊客数2,434名で、西日本では最大級の規模を誇っています。

 杉乃井ホテルの本館


 本館.jpg



 中館と玄関

 中館.jpg



 中館玄関.jpg



  HANA館

 HANA館.jpg



 各館と駐車場を連絡する「シャトルバス

 シャトルバス.jpg



 昼間のイルミネーション公園・・・夜は素晴らしい夢の世界になります。

 イルミネーション公園1.jpg



 イルミネーション公園2.jpg



 イルミネーション公園そばにある灯篭「杉の井」・・・趣があります。

 燈籠.jpg



 明日は、新緑の九州の旅「杉乃井ホテル」その2を、ご案内致します。

 青海島育ちのマーくん










posted by 青海島育ちのマッサン at 20:19| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月26日

福岡ソフトバンクホークス・キャンプ打ち上げ「順調」

 今日の宮崎旬の出来事は、福岡ソフトバンクホークス・キャンプ打ち上げ「順調を、ご案内致します。

 これからは、日刊スポーツComとTNCテレビより、ご紹介致します。

 ソフトバンクが26日、宮崎キャンプを打ち上げた。秋山幸二監督(50)は「やることは十分にできたと思う。順調に来ている」とキャンプを総括した。


 秋山監督.jpg



  ソフトバンク細川亨捕手(33)が26日、宮崎キャンプを締めくくる手締めの音頭をとった。

 選手、関係者が集まる中、「ひとまんず、おづがれさんでした」と抑揚を効かせた? 津軽弁で笑いをとると、「昨年は苦い、悔しい思いをしましたが、その悔しい思いを胸に日本一奪還! 超ガツガツ行きましょう!」と声を張り上げた。最後は「よー」のかけ声に続き、全員で手を1回たたく一丁締めで締めた。


 細川選手の1本締め.jpg



 注目のルーキー東浜投手も順調に調整できた。・・・充実した1ヶ月だったとキャンプを振り返った。

 東浜投手.jpg



 福岡ソフトバンクホークスの日本一を、ここ青海島から祈るだけではなく、ソフトバンクの本拠地ヤフオクドームまで、熱烈応援に行く予定です。

 ホークスの熱狂的なファン 青海島育ちのマーくん







posted by 青海島育ちのマッサン at 19:20| 山口 | Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月09日

福岡ソフトバンクホークス宮崎キャンプその2

 今日の宮崎・旬の出来事は、生目(いきめ)の杜(もり)運動公園で始まっています「福岡ソフトバンクホークス・宮崎キャンプ」その2として、東浜、初打撃投手!をご案内致します。

 SANSPO.COMより

 ソフトバンク春季キャンプ(6日、生目の杜)ドラフト1位・東浜(亜大)がプロ初の打撃投手を務め、打者2人に計45球。サク越えは許さず、安打性の当たりは7本で「コースが甘ければ打たれるが、ボール1個分の出し入れをミスしなければ大丈夫。打者の反応など大まかな確認はできた」と淡々としていた。

 投球動作であえて間をつくるなどして、打者のタイミングを外した。対戦した柳田は「ゆったりとしたフォームでタイミングが取りにくかった」と話した。

 力投する東浜投手


 力投.jpg



 大勢のファンにサインする東浜投手

 サイン.jpg



 笑顔でインタビューを受ける東浜投手

 笑顔.jpg



 早く実戦での東浜投手の投球を見たいですね!

 青海島育ちのマーくん






posted by 青海島育ちのマッサン at 20:04| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月01日

福岡ソフトバンクホークス・宮崎キャンプ始動

 今日の宮崎・旬の出来事は、今日から生目(いきめ)の杜(もり)運動公園で始まりました「福岡ソフトバンクホークス・宮崎キャンプ」の様子を、ご案内致します。

 今日2月1日は、待ちに待ちました「プロ野球のキャンプ開始日」です。
 12球団が宮崎、沖縄両県で一斉にキャンプインし、宮崎で10年目の春季キャンプを迎えた福岡ソフトバンクホークスは、宮崎市の生目の杜運動公園で始動しまた。
 この2月は、時々「福岡ソフトバンクホークスのキャンプ便り」を、ご案内してまいります。

 これからは、SANSPO.COMより ・・・

 プロ野球で日本一奪回を目指すソフトバンクが宮崎市でキャンプインした。
 練習前に選手らへ短く訓示したソフトバンクの秋山幸二監督は「けがなく集まってくれて、まず満足している。
 ことしは個人個人がチームを引っ張る意識を持ってほしい。実りのあるキャンプにしたい」と話した。
 雨が降る中、本多雄一選手会長や内川聖一外野手、若手の今宮健太内野手らが、先頭に立ってランニングを開始。大きな掛け声が球場内に響いた。

 ナインに話をするソフトバンク・秋山監督


 ナインに話をする秋山監督.jpg



 全員でランニングするソフトバンクナイン

 全員でランニングするソフトバンクナイン.jpg



 キャンプインし、選手を見守るソフトバンク・秋山監督

 秋山監督.jpg



 キャンプインし、ストレッチで体をほぐす、期待の黄金ルーキー・・・ソフトバンク・東浜 巨 投手

 東浜投手.jpg



 今年の福岡ソフトバンクホークス・宮崎キャンプは、黄金ルーキー「東浜 巨」投手の加入もあり、宮崎空港での歓迎セレモニーには、前回実施された2年前の3倍強の約1000人(宮崎市観光協会発表)が集結し、西鉄旅行(福岡市)が企画する福岡からの日帰りバスツアーも、前年同時期と比べ150%の予約が入る盛況ぶりとのことです。(西日本スポーツより)

 青海島育ちのマーくんも、福岡ソフトバンクホークス・宮崎キャンプのツアー参加を検討しています。・・・(^o^)






posted by 青海島育ちのマッサン at 17:25| 山口 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月06日

秋の九州を大満喫する旅その22「深耶馬渓」(3)

 今日午前の青海島は、この冬初めて雪がちらほらと舞いました。・・・暴風警報が出されているため、大日比沖合の仙崎湾には、貨物船が日本海の大時化を避けて停泊しています。

 今日の大分県・旬の景色は、11月12日から14日まで、「秋の九州を大満喫する旅」に出かけてきました中から、「深耶馬渓の秋色」その3を、ご案内致します。

 深耶馬渓のベストスポット「一目八景」からの秋景色を、ご覧ください。


 一目八景の秋色1.jpg



 一目八景の秋色2.jpg



 一目八景の秋色3.JPG



 一目八景の秋色4.jpg



 一目八景の秋色5.jpg



 深耶馬渓の大岩

 耶馬溪の大岩.jpg



 深耶馬渓の耶馬渓町特産物販売所・観光案内所

 耶馬溪町特産物販売所.jpg



 これからは、深耶馬渓の秋景色を、ご覧ください。

 深耶馬渓の秋色1.jpg



 深耶馬渓の秋色2.jpg



 深耶馬渓の秋色3.jpg



 深耶馬渓の秋色4.jpg



 深耶馬渓の秋景色をしっかりと堪能しましたので、駐車場に向かいます。

 駐車場へ.jpg



 この後、日田・中津道路 → 国道10号線 → 椎田道路 → 国道10号線 → 東九州道 → 九州道 → 関門自動車道 → 中国道 → 国道316号線等を経由して、自宅に戻りました。

 今回の秋の九州を大満喫する旅で、「紅葉」「温泉」「人情」「歴史・文化」「旬の味」等との素晴らしい出会いによりまして、しっかりと「パワー」をいただいてきました。
 旅はいいものですね!

 青海島育ちのマーくん

posted by 青海島育ちのマッサン at 10:45| 山口 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月05日

秋の九州を大満喫する旅その21「深耶馬渓」(2)

 11月12日から14日まで、「秋の九州を大満喫する旅」に出かけてきました。
 今回は、この旅の中から、「深耶馬渓の秋色」その2を、ご案内致します。

 深耶馬渓の秋色・・・岩肌と素晴らしい秋色のコラボがいいですね!


 深耶馬渓の秋色1.jpg



 深耶馬渓の秋色2.jpg



 一目八景に向かう道は、平日でもこの人波が押し寄せていました。

 深耶馬溪の人波1.jpg



 深耶馬溪の人波2.jpg



 あゆの塩焼と地鶏の炭火焼のお店
 いい匂いがして、たまりません・・・青海島育ちのマーくんは、地鶏の炭火焼をいただきました。・・・スーパードライの誘惑には、負けませんでした。・・・(^o^)


 美味しそーなお店.jpg



 一目八景展望台前の賑わい・・・満員御礼が出ていました。

 一目八景展望台前の賑わい.jpg



 一目八景展望台の賑わい・・・大勢の人で「撮影の場所確保」が大変でした。

 一目八景展望台の賑わい.jpg



 一目八景の素晴らしい秋色をご覧ください。

 一目八景の秋色1.jpg



 一目八景の秋色2.jpg



 一目八景の秋色3.jpg



 明日は、秋の九州を大満喫する旅その22を、ご案内致します。

 青海島育ちのマーくん


posted by 青海島育ちのマッサン at 13:20| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月04日

秋の九州を大満喫する旅その20「深耶馬渓」(1)

11月12日から14日まで、「秋の九州を大満喫する旅」に出かけてきました。
 今回は、この旅の中から、「深耶馬渓の秋色」その1を、ご案内致します。

 杉乃井ホテルさんで「パワーを満充電」して、旅の3日目のスタートです。
 まず、大分市塚野鉱泉の「塚野霊泉」を訪ねます。

 胃腸病によく効くと知られる「塚野鉱泉」
 塚野鉱泉の泉質は含二酸化炭素・ナトリウム・炭酸水素塩泉で、飲用・浴用ともに利用され、特に飲用では高濃度の炭酸水素イオンと二酸化炭素の成分が胃腸病、慢性便秘に効能があることで知られています。


 塚野霊泉.jpg



 塚野霊泉で「炭酸水素塩泉」を20ℓ汲みまして、大分自動車道を戻ります。
 途中に「由布岳と鶴見岳」が観れます「ビュースポット」がありますが、景色に見惚れないよう安全運転を心がけます。


 由布岳と鶴見岳.jpg



 大分自動車道の湯布院ICを過ぎますと、水分パーキングエリアがります。
 ちょっと一休み・・・秋色がきれいでした。


 水分パーキングエリアの秋色.jpg



 次の目的地「景勝地・深耶馬渓」の入口に近い、玖珠ICから大分自動車道を出ます。
 IC出口交差点の花壇には、美しい花が・・・癒されます


 玖珠IC出口.jpg



 玖珠ICから約20分で、深耶馬渓の美しい紅葉が姿を現します。

 奥耶馬溪1.jpg



 奥耶馬溪2.jpg



 奥耶馬溪3.jpg



 深耶馬渓の駐車場に到着しました。・・・水曜日でしたが、駐車場は満車御礼が出ていました。
 秋の深耶馬渓は、曜日に関係なくとても賑わうそうです。


 奥耶馬溪駐車場.jpg



 これから、深耶馬渓のベストビュースポット「一目八景」を目指して、散策していきます。

 途中の秋色・・・絵になりますね!

 奥耶馬溪4.jpg



 奥耶馬溪5.jpg


 
 明日は、秋の九州を大満喫する旅その21を、ご案内致します。

 青海島育ちのマーくん

posted by 青海島育ちのマッサン at 15:56| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月03日

秋の九州を大満喫する旅その19「杉乃井ホテル」(3)

 11月12日から14日まで、「秋の九州を大満喫する旅」に出かけてきました。
 今回は、この旅の中から、「杉乃井ホテル」その3を、ご案内致します。

 本館前の素晴らしい「イルミネーション」を堪能して、ロビーに戻ってきました。
 夜のロビーは、浴衣姿の方が見受けられますので、別府温泉にいる実感が・・・癒されます。


 夜のロビー.jpg



 中館6階の「エルミタージュフロア 専用ラウンジ」からのイルミネーション

 エルミタージュフロア 専用ラウンジからのイルミネーション.jpg



 エルミタージュフロア 専用ラウンジ・・・とても落ちつきがあり、癒されます。

 エルミタージュフロア 専用ラウンジ1.jpg



 エルミタージュフロア 専用ラウンジ2.jpg



 622号室に帰りました。・・・室内はふんだんに木が使ってあり落ち着きます。

 部屋の床や収納ボックス等は、木が使用されています。.jpg



 部屋.jpg



 翌朝の部屋からの眺望・・・よく晴れていますので遠くまで望めます。

 部屋からの眺望1.jpg




 部屋からの眺望2.jpg



 午前8時半過ぎに、朝食に行きました。・・・朝食は、バイキングレストラン・シーズでいただきました。
 青海島育ちのマーくんの朝食・・・食欲旺盛です。


 朝食・バイキング.jpg



 バイキングレストラン・シーズ前の庭園と、別府市街地の眺望

 レストランからの庭園と別府市街地.jpg



 これから、チェックアウトです。・・・明るく開放的なロビーで、リッチな気分になります。

 明るく開放的なロビー.jpg



 中館近くには、コンシェルジェロビーがあります。

 コンシェルジェ・デスク.jpg



 杉乃井ホテルさんでは、とてもゆったりとくつろげまして、しっかりとパワーをいただきました。
 お世話になりまして、ありがとうございました。
 これから「秋の九州を大満喫する旅」の3日目のスタートです。

 明日は、秋の九州を大満喫する旅その20を、ご案内致します。

 青海島育ちのマーくん

posted by 青海島育ちのマッサン at 15:50| 山口 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月02日

秋の九州を大満喫する旅その18「杉乃井ホテル」(2)

 11月12日から14日まで、「秋の九州を大満喫する旅」に出かけてきました。
 今回は、この旅の中から、「杉乃井ホテル」その2を、ご案内致します。


 日本最大級の棚湯に入り旅の疲れを癒した後は、お楽しみの夕食です。
 食事処の「和食 花水木」に向かいます。・・・花水木前のイルミネーション


 花水木前.jpg



 和食 花水木・・・落ち着いた雰囲気があります。

 花水木.jpg



 花水木のスタッフ・・・笑顔もいいですね!

 花水木スタッフ.jpg



 先出しの料理・・・美味しかったですよ!

 料理1.jpg



 料理が出れば、スーパードライ・・・ですね!
 湯上りのビールは、最高です。・・・(^o^)


 スーパードライ.jpg



 最後のデザート・・・も美味しかったです。・・・(^o^)

 料理2.jpg



 食事の後は、杉乃井ホテルさんの売りの一つ・・・イルミネーション・ファンタジーの世界へ・・・
  本館玄関前


 本館玄関前.jpg



 杉乃井ホテルHPのイルミネーションの説明

 2011年11月から、新しいイルミネーション「光の贈り物〜全長600mのプロムナード〜」をオープンいたしました。
 「杉乃井地熱発電所」で生み出される環境にやさしいエネルギーを利用することによって、使用電力を抑え実施いたします。

 毎年ご好評いただいているイルミネーションに加え、今年は「光の贈り物」をコンセプトに、九州初の動物イルミネーションを設置、当ホテルの敷地内を5つのゾーンに分け、訪れた方により楽しんでいただける様、ゾーンごとに異なるテーマを設け、総数約72万8千のLED電球を使用し全長600mに及び展開しております。


 これからは、そのイルミネーションの一端を、ご紹介致します。

 イルミネーション1.jpg



 イルミネーション2.jpg



 イルミネーション3.jpg



 イルミネーション4.jpg



 イルミネーション5.jpg



 イルミネーション6.jpg



 イルミネーション7.jpg



 明日は、秋の九州を大満喫する旅その19「杉乃井ホテル」(3)を、ご案内致します。

 青海島育ちのマーくん

 
posted by 青海島育ちのマッサン at 13:23| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月01日

秋の九州を大満喫する旅その17「杉乃井ホテル」(1)

 11月12日から14日まで、「秋の九州を大満喫する旅」に出かけてきました。
 今回は、この旅の中から、「杉乃井ホテル」その1を、ご案内致します。

 湯布院の「息をのむ秋景色」をしっかりと堪能して、今宵の宿別府市の「杉乃井ホテル」を目指します。

 やまなみハイウェイから、秋色の湯布院を望みました。


 秋の湯布院.jpg



 やまなみハイウェイを別府方面に進みますと、湯布院のシンボル豊後富士「由布岳」が望めます。

 由布岳1.jpg



 由布岳2.jpg



 湯布院から杉乃井ホテルまでは、約30分で到着しました。

 杉乃井ホテルは、大分県別府市の別府八湯のひとつ観海寺温泉にある大型リゾートホテルで、客室総数562室、収容宿泊客数2,434名で、別府市では最大の規模です。

 杉乃井ホテルは巨大なホテルです。・・・左からHANA館、中館、本館


 杉乃井ホテル1.jpg



 今回は、中館でお世話になることにしました。

 杉乃井ホテル2.jpg



 HANA館の隣は、スギノイパレスです。・・・ここには、日本最大級の棚湯、アクアガーデン、大劇場、ボーリング場等があり、まさにメガ・ワンダーランドです。

 スギノイパレス.jpg



 本館・中館の玄関ロビー・・・とても明るく開放的です。

 ロビー・玄関.jpg



 ロビー.jpg



 フロント・・・スタッフの方の動きがスマートで、スピーディーでした。

 本館フロント.jpg



 お部屋は、中館エルミタージュフロア洋室622号室でした。

 洋室2.jpg



 洋室3.jpg



 洋室1.jpg



 このお部屋には、半露天風呂があります。

 半露天風呂1.jpg



 622号室から、別府市街地を望みました。

 622号室からの眺望.jpg



 明日は、秋の九州を大満喫する旅その18「杉乃井ホテル」(2)を、ご案内致します。

 青海島育ちのマーくん

 
posted by 青海島育ちのマッサン at 12:54| 山口 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月30日

秋の九州を大満喫する旅その16「湯布院の秋景色」(3)

 11月12日から14日まで、「秋の九州を大満喫する旅」に出かけてきました。
 今回は、この旅の中から、「湯布院の秋景色」その3を、ご案内致します。

 亀の井別荘・・・由布院温泉を代表する高級旅館・・・「落ちつきのあるたたずまい」が、とてもいいですね!


 亀の井別荘.jpg



 亀の井別荘から「金鱗湖」にやってきました。
 金鱗湖は、由布岳の麓にあることからかつては「岳下(たけもと)の池」と呼ばれていたが、1884年(明治17年)に儒学者の毛利空桑が、魚の鱗が夕日に照らされて金色に輝くのを見て「金鱗湖」と名付けたと伝えられています。

 また、この金鱗湖は、湖底から温泉と清水が湧き出ており、その温度差のために冬季には湖面から霧が立ち上る幻想的な光景が見られるそうです。


 金鱗湖の由来説明.jpg



 金鱗湖の秋色を、ご覧ください。

 金鱗湖の秋色1.jpg



 金鱗湖の秋色2.jpg



 金鱗湖の鳥と鯉.jpg



 金鱗湖から「湯けむり」の景色を望みました。・・・湯布院は温泉地・・・湯けむりと秋景色が絵になりますね!

 湯けむり1.jpg



 湯けむり2.jpg



 これからは、金鱗湖周辺の「息をのむ秋色を、ご覧ください。

 湯布院の紅葉1.jpg



 湯布院の紅葉2.jpg



 湯布院の紅葉3.jpg



 湯布院の紅葉4.jpg



 湯布院のシンボル由布岳と秋色の山々・・・由布岳は、恥ずかしがり屋さん?・・・顔を隠しています。

 由布岳.jpg



 天然染・柿渋染のお店・・・民芸村の近くで見かけました。

 天然染・柿渋染.jpg



 駐車場の近くで、湯布院夢美術館で開催中の「山下清展」の看板を、見かけました。
 時間の関係で、観賞できなかったことが、残念でした。


 山下清展.jpg



 明日は、秋の九州を大満喫する旅その17を、ご案内致します。

 青海島育ちのマーくん


posted by 青海島育ちのマッサン at 10:52| 山口 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月29日

秋の九州を大満喫する旅その15「湯布院の秋景色」(2)

 11月12日から14日まで、「秋の九州を大満喫する旅」に出かけてきました。
 今回は、この旅の中から、「湯布院の秋景色」その2を、ご案内致します。

 湯布院の秋色と団体客・・・賑わっています。


 団体のみなさん.jpg



 カッコイイ人力車のお兄さん・・・イケメンです。

 人力車.jpg



 湯布院を代表する高級旅館「亀の井別荘」
 180数年昔(大正の頃)、「貴人接待」の別荘として建てられた森の別荘で、今は本館・洋間6室と、和風の離れ15室、森の庭園30,000uを併設した「お宿」になっています。
 一度は、泊まってみたい宿です。


 亀の井別荘1.jpg



 亀の井別荘2.jpg



 亀の井別荘3.jpg



 これからは、亀の井別荘近くの「息をのむ秋色を、ご堪能くださいね!
 言葉・説明はいらないです。


 湯布院の紅葉1.jpg



 湯布院の紅葉2.jpg



 湯布院の紅葉3.jpg



 湯布院の紅葉5.jpg



 湯布院の紅葉6.jpg



 湯布院の紅葉7.jpg



 明日は、秋の九州を大満喫する旅その16「息をのむ湯布院の秋景色」(3)を、ご案内致します。

 青海島育ちのマーくん



posted by 青海島育ちのマッサン at 06:18| 山口 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月28日

秋の九州を大満喫する旅その14「湯布院の秋景色」(1)

 11月12日から14日まで、「秋の九州を大満喫する旅」に出かけてきました。
 今回は、この旅の中から、「湯布院の秋景色」その1を、ご案内致します。

 九重夢大吊橋の「秋色の絶景とスリル」を、しっかりと堪能した後、「秋色のやまなみハイウェイ」を車を進め、次の目的地「湯布院」に到着しました。

 湯布院は全国区の温泉地で、1583mの雄大な由布岳と素朴な田園風景に囲まれた美しい盆地です。
 湯布院には、美術館やおしゃれなお店も数多く、毎年400万人もの人々が癒しを求めて、ここにやってこられるそうです。

  道の駅ゆふいんの駐車場・・・周りの木々は、秋色に染まり季節を感じさせられます。


 道の駅ゆふいん駐車場.jpg



 湯布院のシンボル「由布岳」は、恥ずかしがり屋さん?・・・顔を雲・霧?に隠しています。

 由布岳は恥ずかしがり屋さん.jpg



 道の駅ゆふいん案内板

 道の駅ゆふいん案内板.jpg



 道の駅ゆふいんのお店

 道の駅ゆふいんのお店.jpg



 湯布院の町中に到着して、散策を始めました。・・・最初に目につきましたのは、人力車にこれから乗られるお二人・・・絵になりそー・・・

 人力車.jpg



 この近くで、面白い名前のお店を、発見しました。

 まず、湯布院猫屋敷・・・隣には、湯布院金賞から揚のお店があります。・・・とても美味しかったですよ!・・・(^o^)


 湯布院の猫屋敷.jpg



 こちらは、ゆふいん犬屋敷・・・

 ゆふいんの犬屋敷.jpg



 民芸村に行く途中に、評判のお店「湯布院菓子工房ゆふふ」があります。・・・特に、若い女性のお客様が多かったです。
 (店内での撮影は、ご法度でしたので、あしからず)


 湯布院菓子工房ゆふふ.jpg



 民芸村・・・木工芸、民芸ガラス、狭霧焼、鍛治、竹細工、和紙などの手仕事が昔のまま再現され、製作工程を見学したり、作品を買うこともできます。 その他に古民具、民芸品や東洋の古陶器、大分の名産品の展示もあります。

 民芸村1.jpg



 民芸村2.jpg



 この民芸村のすぐ近くの、観光バスの駐車場・・・平日でしたが、満車御礼が出ていました。
 湯布院人気の凄さが、伺えました。


 観光バス.jpg



 湯布院のまさに「今が旬の秋色・・・言葉はいらないですね!

 湯布院の秋色.jpg



 明日は、秋の九州を大満喫する旅その15「息をのむ湯布院の秋景色」を、ご案内致します。

 青海島育ちのマーくん


posted by 青海島育ちのマッサン at 06:39| 山口 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月27日

秋の九州を大満喫する旅その13「九重夢大吊橋」(3)

 11月12日から14日まで、「秋の九州を大満喫する旅」に出かけてきました。
 今回は、この旅の中から、「九重夢大吊橋」その3を、ご案内致します。

 九重“夢”大吊橋(ここのえ“ゆめ“おおつりはし)は、大分県玖珠郡九重町にある歩行者専用の吊り橋で、2006年10月30日に開通。高さ173m(水面より)、長さ390mで、歩行者専用橋としては日本一の高さと長さです。

 九重夢大吊橋は、満員御礼が出ています。


 満員御礼1.jpg



 満員御礼2.jpg



 九重夢大吊橋の中央部に、やってきました。・・・もう残り半分も頑張りマス・・・

 九重夢大吊橋中央部.jpg



 九重夢大吊橋南側の秋色と二つの振動の滝の競演です。

 まずは、レディーファーストで「雌滝」を、ご覧ください。


 震動の滝・雌滝.jpg



 続いて、雄滝をご覧ください。

 震動の滝・雄滝.jpg



 九重夢大吊橋北側の秋色・・・「高所恐怖症」の青海島育ちのマーくんは、下側を観ずに、遠くの秋色に集中しました。・・・(^o^)

 九重夢大吊橋北側の秋色.jpg



 九重夢大吊の北型エリアに到着しました。・・・ヤレヤレです。

 北方エリア2.jpg



 北方エリア1.jpg



 九重夢大吊の北型エリアの主塔・・・でっかいです。 

 北方エリア主塔.jpg



 北方エリアからの九重夢大吊橋と秋色

 北方エリアからの九重夢大吊橋と秋色.jpg



 明日は、秋の九州を大満喫する旅その14を、ご案内致します。

 青海島育ちのマーくん


posted by 青海島育ちのマッサン at 07:13| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月26日

秋の九州を大満喫する旅その12「九重夢大吊橋」(2)

 11月12日から14日まで、「秋の九州を大満喫する旅」に出かけてきました。
 今回は、この旅の中から、「九重夢大吊橋」その2を、ご案内致します。

 九重“夢”大吊橋(ここのえ“ゆめ“おおつりはし)は、大分県玖珠郡九重町にある歩行者専用の吊り橋で、2006年10月30日に開通。高さ173m(水面より)、長さ390mで、歩行者専用橋としては日本一の高さと長さです。

 この日は火曜日でしたが、駐車場は観光バスや乗用車等で、8割方埋まっていました。


 駐車場.jpg



 九重夢大吊橋の説明板

 九重夢大吊橋案内.jpg



 この九重夢大吊橋は、今年4月に「開通から5年と167日で700万人を突破」したそうです。

 祝入場者700万人.jpg



 撮影スポット・・・記念撮影される方が多かったです。

 撮影スポット.jpg



 九重夢大吊橋は、大勢の観光客でとても賑わっています。

 賑わい.jpg



 展望広場には、神社があります。・・・紅葉がいいですね!

 展望広場の神社.jpg



 九重夢大吊橋・・・ビッグスケールです。

 九重夢大吊橋1.jpg



 九重夢大吊橋2.jpg



 これから、九重夢大吊橋を渡ります。・・・高所恐怖症の青海島育ちのマーくんには、勇気がいります。・・・(>_<)

 スタート.jpg



 青海島育ちのマーくんが、この橋を渡るときには、満員御礼でした。

 満員御礼.jpg



 九重夢大吊橋からの、振動の滝・雄滝・・・絶景です。

 震動の滝・雄滝.jpg



 九重夢大吊橋からの秋色・・・「今は秋」・・・を感じます。

 秋色.jpg



 明日は、秋の九州を大満喫する旅その13を、ご案内致します。

 青海島育ちのマーくん


posted by 青海島育ちのマッサン at 06:23| 山口 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする