2012年04月18日

九州の旬を求めての旅 その5

 今日の「九州の旬を求めての旅」その5は、鹿児島の代表的な名所「仙巌園(せんがんえん)」を、ご案内致します。

 仙巌園は、鹿児島市吉野町にある薩摩藩主島津氏の別邸跡とその庭園で、別名「磯庭園」と呼ばれています。(敷地面積は約5ha。)

 仙巌園入口.jpg



  仙巌園は、万治元年(1658年)に第19代当主であった島津光久によって造園され、その後も歴代当主による改築が重ねられてきた。
 借景技法を用いて桜島を築山に、鹿児島湾を池に見立てた素晴らしい景色と広大な庭園が特徴で、昭和33年(1958年)に国の名勝に指定された。


 島津ヘリテージ.jpg



 仙巌園に入りますとすぐの所に、島津義弘公所用甲冑があります。

 島津義弘公甲冑.jpg



 鉄製150ポンド砲・・・実物はもの凄く迫力があります。

 鉄製150ポンド砲.jpg



 150ポンド砲の説明板

 鉄製150ポンド砲説明.jpg



 つつじ・・・さすがに鹿児島は南国ですね!・・・満開になっていました。・・・仙巌園には、つつじ以外にも、花がたくさん植えてあります。

 つつじ2.jpg



 仙巌園正門  (以下現地案内板より)
 明治4年(1871年)に廃藩置県が行われ、翌年、薩摩藩最後の藩主29代島津忠義夫人達は、鶴丸城から磯に居住を移しました。
 明治21年には、忠義本人も鹿児島に移り、その後、明治28年(1895年)に鹿児島の大工、大重伊三治に命じて建てさせたのがこの正門です。


正門.jpg



 この正門では、NHKの大河ドラマ「篤姫」のロケが行われました。

 正門篤姫ロケ地.jpg



 島津家水天渕発電所記念碑
 
水天渕発電所は明治40年(1907年)に、島津家が経営していた山ヶ野金山(やまがのきんざん)(横川町・薩摩町)に電力を供給するために姶良郡隼人(はやと)町に建てられた発電所です。
 ヨーロッパ風の石造りの建物は当時としては珍しく、昭和58年まで使用されていました。
 その後、九州電力株式会社の好意により、ここに記念碑として譲り受けたものです。


 島津家水天渕発電所記念碑.jpg



 島津家水天渕発電所記念碑説明.jpg



 九州の旬を求めての旅「その6」は、仙巌園(その2)を、ご案内致します。

 青海島育ちのマーくん



posted by 青海島育ちのマッサン at 10:55| 山口 ☁| Comment(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月17日

九州の旬を求めての旅 その4

 今日の九州の旬を求めての旅その4は、福岡から九州道を通り鹿児島までの道中を、ご案内致します。

 JR博多駅・筑紫口ビル・・・九州の旅2日目は、午前9時雨の中「JR博多駅・筑紫口」前を出発・・・福岡都市高速道から九州道に入り、鹿児島を目指します。


 博多駅筑紫口.jpg



 最初の休憩所は、福岡県八女郡広川町にある広川SA・・・昨年リニュアルされて、明るく広々してお店の数も増えて、利用しやすくなりました。

 広川SA1.jpg



 広川SA2.jpg



 雨の中を制限速度を順守して2番目の休憩所、熊本県氷川町にある宮原SAに到着しました。
 ここから鹿児島までの九州道には、ガソリンスタンドがありませんので、早めの給油をしました。


 宮原SA1.jpg



 宮原SAには、水車がありました。・・・運転の疲れが癒されます。

 宮原SA2.jpg



 3番目の休憩所、桜島SAに到着・・・このころには、雨も上がり少し青空が覗くようになりました。・・・つつじが咲いていました。

 桜島SA.jpg



 桜島SAには、鹿児島の観光案内があります。・・・観光情報をインプットして、最初の観光地・・・島津家の屋敷跡「仙巌園」を目指します。

 鹿児島観光案内.jpg



 回復した天気の中、「仙巌園」の駐車場に到着しました。・・・平日でしたが、観光バスや自家用車が多かったです。

 仙巌園駐車場.jpg


 駐車場から「仙巌園」に行く途中には、「鶴嶺神社」があります。
 鶴嶺神社には、島津家当主とそ家族が祀られています。


 鶴嶺神社.jpg



 鶴嶺神社の説明板

 鶴嶺神社説明.jpg


 
 九州の旬を求めての旅その5は、仙巌園をご案内致します。

 青海島育ちのマーくん


posted by 青海島育ちのマッサン at 11:47| 山口 ☁| Comment(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月16日

九州の旬を求めての旅 その3

 旬を求めての九州の旅1日目は、福岡に来ています。

 今日の福岡・旬の景色は、4月10日(火)のヤフードーム(その2)を、ご案内致します。

 福岡ソフトバンクホークスVS北海道日本ハムファイターズの1回戦は、5回の表が終り3対1でホークスがリードしています。
 スーパードライがとても美味しかったです!・・・(^o^)
 

 ホークスがリード.jpg



 グラウンド整備の時間には、ハニーズのパフォーマンス・ダンスがあります。 

 ハニーズ.jpg



 ホークスのラッキーセブン前の「ジェット風船飛ばし」の準備が始まっています。・・・スタンドが黄色一色に染まっています。

 ジェット風船準備.jpg



 ラッキーセブンのセレモニー・・・ホークスの応援歌「いざゆけ若鷹軍団」が始まりました。
 青海島育ちのマーくんも、ホークスファンと一緒に大声で歌いました。


 ラッキーセブン.jpg



 ジェット風船飛ばし・・・ホークスがリードしていますので、ジェット風船も気持ちよく飛んでいます。

 ジェット風船.jpg


 
 8回の守りからは、勝利の方程式・・・セットアッパー「森福投手」が登場・・・9回はクルーザー「ファルケンボーク」で、ホークスが勝ちました。

 森福投手.jpg



 ホークスの秋山監督・コーチ・選手が、ファンのみなさんに声援に対する感謝をしています。

 声援へのお礼.jpg



 これから、ヒーローインタビューが始まります。

 ヒーローインタビュー.jpg



 まず、投のヒーロー・・・山田投手・・・7回を1失点に抑えて、ゲームを作りました。

 山田投手.jpg



 次に、打のヒーロー・・・松田選手・・・4回に勝ち越しのツーランホームランを打ちました。

 松田選手.jpg



 ヒーローインタビューの後は、ホークスファン楽しみの「勝利の花火」が8発上がります。

 勝利の花火.jpg



 勝利の花火の後は、大勢のホークスファンで、応援歌「いざゆけ若鷹軍団」の大合唱です。
 本当に・・・気持ちよかー・・・でした。


 いざゆけ若鷹軍団.jpg



 セレモニー終了後のヤフードムの通路・・・大勢のホークスファンの嬉しそうな表情がいいですね。

 勝利に満足.jpg



 ヤフードームでのホークスの試合日程・・・次は、6月にホークスの熱烈応援に行く予定です。

 試合日程.jpg



 九州の旬を求めての旅(その4)は、鹿児島を目指します。
 
 青海島育ちのマーくん

posted by 青海島育ちのマッサン at 10:52| 山口 ☁| Comment(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月15日

九州の旬を求めての旅 その2

 「九州の旬を求めての旅」は、3泊4日で福岡、鹿児島、大分を、愛車マツダデミオで訪れました。(走行距離は、1100km)

 今日の福岡・旬の景色は、4月10日(火)のヤフードームを中心に、ご案内致します。

 下関の壇ノ浦PAから、関門橋と桜、門司港方面を望みました。


 関門橋.jpg



 九州道の鞍手PA・・・今が旬の「芝桜」が美しいところです。

 鞍手PA.jpg



 鞍手PA駐車場で、おもしろい姿の車とご対面・・・お子さんが喜びそうですね!

 おもろい車.jpg



 これからは、ヤフードームの様子をご覧ください。

 ヤフードーム・・・毎年5〜6回お世話になっています。


  ヤフードーム.jpg



 5番ゲート付近の様子・・・試合開始1時間前・・・大勢のホークスファンがつめかけています。

 5ゲート.jpg



 ヤフードーム内の通路・・・賑やかになってきました。

 ドーム通路.jpg


 福岡ソフトバンクホークス」と「北海道日本ハムファイターズ」のスターティングメンバー・・・隣にスーパードライが・・・待っています。

 スターティングメンバー.jpg



 本日の協賛スポンサー・・・雲海酒造・・・本格芋焼酎「さつま木挽」・・・スーパードライの後の2次会で、よくお世話になっています。・・・(^o^)

 スペシャル・スポンサー.jpg



 試合開始前のセレモニー・・・ハニーズのパフォーマンスダンス・・・見惚れました。・・・

 ハニーズ.jpg



 試合開始直前の国歌斉唱・・・青海島育ちのマーくんも、ホークスファンと一緒に「君が代」を歌いました。

 国歌斉唱.jpg



 九州の旬を求めての旅(その3)は、ヤフードムでの試合の様子やヒーローインタビュー等を、ご案内致します。

 青海島島育ちのマーくん


posted by 青海島育ちのマッサン at 07:04| 山口 ☀| Comment(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月13日

九州の旬を求めての旅(その1)

 この10日から13日まで、3泊4日で「九州の旬」を求めて旅に出かけ、先ほど帰宅しました。
 この間「長門市青海島今が旬」を、お休みさせていただきましたが、九州の旬でしっかりとパワーをいただきましたので、これからエンジン全開で再開します。

 再開後のトップバッターは、「九州の旬を求めての旅」その1と致しまして、「福岡、鹿児島、大分の旬」の予告編を、ご案内致します。


 まず、福岡から・・・プロ野球「福岡ソフトバンクホークスVS北海道日本ハムファイターズ」の熱烈応援に・・・熱い声援が届きまして?、3対1で、ホークスが勝ちました。
 幸先の良い九州の旅初日になりました。・・・(^o^)


 福岡ソフトバンクホークスのホーム球場・・・福岡 Yahoo! JAPAN ドーム・・・ここ4年間は年平均5〜6回お世話になっています。

 ヤフードーム.jpg



 ホークスのラッキーセブン・・・ジェット風船が元気よく飛んでます。・・・青海島育ちのマーくんも、ホークスファンのみなさんと一緒に、元気よく飛ばしました。

 ラッキー7.jpg



 鹿児島の城山観光ホテル・・・初めて利用しましたが、とてもサービスが良かったので、次の鹿児島旅行の際にも、また、お世話になろうと思っています。

 城山観光ホテル.jpg



 城山観光ホテルから、桜島を望みました。・・・もやがかかっていましたが、素晴らしい景色です。

 桜島.jpg



 3日目は、大分県日田市天ヶ瀬温泉の「浮羽別館 新紫陽」にお世話になりました。・・・初めて利用しましたが、料理と露店風呂(客室以外にも野趣あふれる場所にあります)がとてもよかったので、次回も利用したいと思いました。

 ホテル新紫陽.jpg



 客室露天風呂.jpg



 九州の旬を求めての旅」は、15日から連載致しますので、お楽しみにしていてくださいね!

 青海島育ちのマーくん

posted by 青海島育ちのマッサン at 17:32| 山口 ☔| Comment(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月26日

大分県中津市の福澤諭吉旧居・記念館

 今日の旬の景色(その2)は、先日大分県を旅行しました中から、福澤諭吉旧居・記念館を、ご案内致します。

 福澤諭吉は、天保5年(1835)に大坂の中津藩蔵屋敷で、13石2人扶持の下級武士福澤百助の次男として生まれました。
 1歳6ヶ月の時父と死別し、母子6人で中津に帰郷。貧しくとも信念を持った少年時代を過ごし、14歳になって儒学者白石照山の塾に入りました。
 
安政元年(1854)、19歳の時蘭学を志して長崎に遊学、翌年からは大坂の緒方洪庵の適塾で猛勉強に励みました。安政5年(1858)には、藩命により江戸の中津藩中屋敷に蘭学塾を開きました。これが慶應義塾のはじまりです。
 
 西洋の語学力と知識をたくわえたいと考えた諭吉は、万延元年(1860)「咸臨丸」に乗り込み渡米。以後、ヨーロッパ諸国も歴訪し、社会の制度や考え方などに旺盛な好奇心で見聞を広めました。
 その後『西洋事情』『学問のすゝめ』『文明論之概略』などを続々と著し、当時の日本人に西洋文明の精神を伝えました。

・・・福澤諭吉旧居・記念館HPより・・・



 福澤諭吉旧居

福澤諭吉・旧宅1.jpg



福澤諭吉・旧宅2.jpg



 福澤諭吉・旧居の説明

福澤諭吉・旧宅の説明.jpg



 福澤諭吉旧居の内部

福澤諭吉・旧宅内部.jpg



 福澤公園の説明

福澤公園説明.jpg



 福澤諭吉の銅像

福澤諭吉・銅像.jpg



 福澤諭吉旧居と記念館

福澤諭吉・旧宅・記念館.jpg



 一万円札の第一号券・・・超お宝です。・・・年末ジャンボで1等を当てて、福澤諭吉さんを団体でお迎えできれば、超最高なのですが・・・12月31日に期待しましよう。・・・動機が不純?ですかね・・・

一万円札.jpg


 福澤諭吉の代表的な著作の一つに、「学問のすゝめ」があります。

 「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らずと云へり」の書き出しで知られる福澤の代表的著作の一つ。新しい自由な考え方を生み出せない儒教思想を批判し、実証的な学問の重要性を説いています。
 当初は福澤が中津に洋学校(中津市学校)を開設するに当たり、中津の若者のために書いたものでしたが、やがて大ベストセラーとなり、17編まで合わせて、340万部が読まれたといわれます。

・・・福澤諭吉旧居・記念館のHPより・・・



 文学等の歴史探訪の旅も、いいものです。・・・温故知新・・・いろいろと「気付かされ」・「考えさせられ」ます。


 青海島育ちのマーくん

posted by 青海島育ちのマッサン at 11:46| 山口 ☀| Comment(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大分県宇佐市・昭和の大横綱双葉山の故郷「双葉の里」

 今日の旬の景色は、11月20日に旅行しました大分県の中から、昭和の大横綱・双葉山の生家と偉大な功績を伝える資料展示室からなります「双葉の里」を、ご案内致します。

 双葉の里は、大分県宇佐市にあり、前人未到の69連勝という大記録を樹立し、昭和の大横綱として称賛されています、第35代横綱「双葉山定次」の功績を後世に伝えるため、復元された生家と生家の横に建てられた資料展示館からなる複合施設です。

 資料展示館には、1912年2月9日に宇佐市下庄布津部に生まれた双葉山の、横綱として相撲界に残した数々の栄光の歴史とその人生の記録が残されています。
 また、復元された木造萱葺の13.5坪の平屋の生家は、双葉山が過ごした当時の間取りを再現したものとなっています。



 双葉の里」のモニュメント・・・木造りで素朴で力強さがあります。

双葉の里モニュメント.jpg



 生誕90周年時に造られた記念碑

双葉山生誕90周年記念碑.jpg



 双葉の里・・・向かって左側が資料展示室、右側が売店・休憩所になっています。・・・今年8月に生誕100周年を記念してリニューアルされたそうです。

双葉の里.jpg


 これからは、偉大な横綱「双葉山」の資料展示室を、ご案内致します。

 双葉山の像・・・実物大で堂々として力強さがあります。

双葉山像.jpg



 双葉山像の説明

双葉山像説明.jpg



 偉大な横綱「双葉山」・・・歴史年表の中にあります。

大横綱双葉山.jpg



 双葉山の名言集・・・代表的なものに、「我未だ木鶏たり得ず」があります。

双葉山名言集.jpg



 目標の克服・・・「追い越そう」とする努力よりも、「追い越されまい」とする努力の方が、はるかにむつかしい・・・

目標の克服.jpg



 双葉山が引退後の「日本相撲協会・理事長時代の時津風親方」・・・風格・威厳等があります。

時津風理事長.jpg



 資料展示室にあるお宝の一品・・・他にも数多くあります。

お宝.jpg



 これからは、双葉山の生家をご案内致します。

 復元された生家


双葉山生家.jpg



 生家の説明

双葉山生家説明.jpg



 生家の内部・・・当時の生活様式の一端がうかがえます。

双葉山・生家内.jpg



 双葉の里を訪れて、常に自分に厳しく、飾らず、派手なことを好まず、ひたすら正攻法で歩み続けた双葉山の人生が、ここに表れているような気がしました。


 青海島育ちのマーくん

posted by 青海島育ちのマッサン at 07:18| 山口 ☁| Comment(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月25日

大分県宇佐神宮(その2)

 今日の旬の景色(その2)は、今朝のその1に引き続きまして、大分県の宇佐神宮をご案内致します。


 宇佐神宮の説明板

宇佐神宮説明.jpg



 西大門を過ぎますと左手に、西中門が目に入ります。



西中門.jpg



 宇佐神宮上宮の一之御殿

一之御殿.jpg



 宇佐神宮上宮の南中楼門・・・宇佐神宮参拝の中心となっています。

宇佐神宮上宮の南中楼門.jpg



 宇佐神宮の御神木・・・樹齢800年とのこと・・・しっかりと、パワーがいただけそうです。

ご神木.jpg



 祈祷殿・・・各種願い事を叶えていただける有難いところです。・・・信じることは大切ですよ。

祈祷殿.jpg



 おみくじを結びつけるところ・・私の運勢は、残念ながら「末吉」でした。・・・でも、文面の内容は、まずまずでしたので、しっかりと祈りながら「おみくじ」を結びつけましたこともありまして、「福岡ソフトバンクホークス」が、日本一になりました。・・・感謝です。・・・(^o^)

おみくじ.jpg



 若宮神社・・・(御祭神:仁徳天皇)

若宮神社.jpg



 下宮大鳥居

下宮鳥居.jpg



 下宮・・・農業や漁業などの産業の発展充実をお守りする下宮 (左より一之御殿、二之御殿、三之御殿)

下宮.jpg


 宇佐神宮で、しっかりと「パワー」をいただきまして、福岡ソフトバンクホークスを熱烈応援した結果、超嬉しい日本一となりました。・・・しっかりと「ご利益」がありましたので、来年は心よりのお礼参りをしたいと思っています。

 青海島育ちのマーくん




 
posted by 青海島育ちのマッサン at 17:24| 山口 ☀| Comment(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大分県宇佐神宮11.20

 今日の旬の景色は、先日大分県を旅行しました中から、宇佐神宮をご案内致します。

 宇佐神宮は全国に4万社余りある八幡様の総本宮とのことです。八幡大神(応神天皇)・比売大神・神功皇后をご祭神にお祀りし、725年に創建されたそうです。

 皇室も伊勢の神宮につぐ第二の宗廟(そうびょう)として御崇敬になり、一般の人々にも鎮守の神として古来より広く親しまれてきているようです。



 宇佐神宮・一の大鳥居

一の大鳥居.jpg



 宇佐参宮線26号蒸気機関車・・・1916年〜1965年まで、宇佐神宮〜豊後高田間を走っていた蒸気機関車とのこと。・・・当時が偲ばれます。


宇佐参宮線26号蒸気機関車.jpg



 表参道に架かる神橋・・・いよいよ宇佐神宮の中に入ります。

 神橋.jpg



 武内宿禰を祭る黒男神社

黒男神社.jpg



 宇佐神宮関連の文化財を展示公開している宝物館

宇佐神宮宝物館.jpg



 宇佐神宮の紅葉・・・鮮やかな色付きです。

宇佐神宮の紅葉.jpg



 春宮神社(御祭神:菟道稚郎子命)

春宮神社.jpg



 手水舎(ちょうずや・てみずや)・・・身も心も清めます。

手水舎.jpg



 西大門・・・朱塗りの向唐破風造りで切妻屋根は桧皮葺。化粧垂木・華麗な格天井をもつ桃山風の豪華な造りで、文禄の頃に改築されたそうです。

西大門1.jpg



西大門2.jpg



 西大門をくぐれば、もうすぐ上宮です。・・・次回は、上宮から下宮までをご案内致します。 


 青海島育ちのマーくん

posted by 青海島育ちのマッサン at 06:00| 山口 | Comment(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月24日

大分県由布院の由布岳11.20

 昨日から広島に出張?し、マツダOB会に出席して先ほど青海島に帰ってきました。・・・この「OB会」の様子や「宮島の紅葉谷の絶景」等は、後日ご案内致します。

 今日の旬の景色は、先日大分県由布院を旅行した時の「由布岳」を、ご案内致します。


 日本を代表する温泉地の大分県湯布院に由布岳はあります。別名「豊後富士」とも言われ、その姿は優雅で美しいの一言です。標高は1584mで東峰と西峰の二つの山頂を持っています。

 11月20日の由布院は曇り空で、由布岳の山頂付近は、雲や霧でなかなかはっきりとした姿が見えませんでした。・・・残念・・・



由布岳1.jpg



由布岳2.jpg



 青海島育ちのマーくん

posted by 青海島育ちのマッサン at 17:56| 山口 ☀| Comment(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月23日

大分県竹田市久住高原スカイパークあざみ台11.19

 今日の旬の景色(その2)は、先日大分県を旅行した際の、阿蘇久住国立公園を一望する大パノラマ展望が日本一と絶賛されます「久住高原スカイパークあざみ台」を、ご案内致します。

 久住高原スカイパークあざみ台は、阿蘇久住国立公園の標高1036mの丘にあり、北に久住山の山並み、南に久住高原、その向こうに阿蘇五岳、別名「阿蘇の涅槃」そして南東方向に祖母・傾山を望む360度の大眺望です。四季折々、日々変化する景色に、同じものはないそうです。

 レストハウスでは、地元の皆さんが作ってくれる郷土料理のレストランと、お土産品コーナを初め、近隣農家の季節の野菜類、それを使った手作り加工食品や、手作り“おやつ”、そして、テイクアウトコーナのソフトクリームなどがあり、お食事やお土産のショッピングが楽しめます。

 また、久住高原スカイパークあざみ台では、ヘリコプター遊覧飛行もあるそうです。
 あざみ台展望所の西広場から飛び立って、久住山方向への2コースがあり、4月下旬から11月まで、予め予定した飛行日程に合わせて運行されているとのこと。・・・来年5月末の旅では、遊覧飛行をしてみたいと思っています。



 久住高原スカイパークあざみ台

あざみ台展望所.jpg



 久住連山方向・・・残念ながら雲と霧が出て絶景が観えませんでした。

久住連山.jpg



 久住高原スカイパークあざみ台には、歌人・詩人等の「与謝野晶子」の歌碑があります。

与謝野晶子歌碑.jpg



歌碑説明.jpg



 阿蘇5岳方向・・・こちらも残念ながらでした。

阿蘇連山.jpg



 久住高原スカイパークあざみ台からの大パノラマ

大パノラマ1.jpg



大パノラマ2.jpg



 久住高原の秋

久住高原1.jpg



久住高原2.jpg



 久住高原は、超開放的でしっかりと「パワー」をいただきました。・・・みなさんにもお勧めの「パワースポット」ですよ。


 青海島育ちのマーくん

posted by 青海島育ちのマッサン at 08:03| 山口 ☁| Comment(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大分県竹田市・くじゆう花公園11.19

 今日の旬の景色は、先日大分県を旅行した際の、竹田市のくじゅう花公園を、ご案内致します。

 くじゅう花公園は、大分県竹田市久住町の久住高原にあり、面積は約20ha、標高800mにある花の公園です。
 広い園内にはチューリップやラベンダー、コスモス、葉牡丹等季節に応じて様々な花が植えられ、日本百名山に数えられる久住山を借景とする美しい自然が満喫できます。
 


 くじゅう花公園の入場ゲート

くじゅう花公園入場ゲート.jpg



 くじゅう花公園の案内板

くじゅう花公園案内板.jpg



 くじゅう花公園の花

季節の花1.jpg



季節の花2.jpg



季節の花3.jpg



季節の花4.jpg



季節の花5.jpg



季節の花6.jpg



 季節を感じさせる紅葉

もみじ.jpg



 久住連山

久住連山.jpg



 くじゅう花公園では、11月12日(土)〜12月25日(日)の間「第3回久住高原光ファンタジア」が開催されています。・・・この久住高原光ファンタジアは、西日本最大級で「40万球の光の花畑と久住高原の四季」を、日本初!音楽に併せて演出!されているそうです。


 青海島育ちのマーくん


posted by 青海島育ちのマッサン at 06:20| 山口 ☀| Comment(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月22日

熊本県阿蘇猿まわし劇場11.19

 今日の旬の景色(その3)は、先日旅行しました熊本県の中から、阿蘇猿まわし劇場を、ご案内致します。

 11月19日は朝から雨・・・予定変更で「阿蘇の猿まわし」を見ました。・・・ 猿も芸人も一生懸命で、コンビの絶妙なかけ合いに劇場は抱腹絶倒! 舞台終了後の握手会で、いっそうお猿さんに親近感?を覚えました。・・・(^o^)

 阿蘇猿まわし劇場への通路とお店

阿蘇猿まわし劇場入口への通路.jpg


 
 阿蘇猿まわし劇場の入り口

阿蘇猿まわし劇場入口.jpg



 阿蘇猿まわし劇場内・・・収容人数は600名とのこと・・・広々としています。

阿蘇猿まわし劇場.jpg



今回の出演は、「小次郎・武蔵」と「福之助・笑」の2組・・・左が「福之助・笑」右が「小次郎・武蔵」さんです。


出演者.jpg



 福之助の玉乗り・・・身軽に器用に玉乗りをこなします。

玉乗り1.jpg



玉乗り2.jpg



玉乗り3.jpg



 小次郎の竹馬乗り・・・世界一高い竹馬にも難なく乗って歩き回ります。・・・小次郎・世界一・・・の声がかかりました。 

竹馬1.jpg



竹馬2.jpg



 南阿蘇の旬の景色・・・開放的で素晴らしいですね。

南阿蘇.jpg



 阿蘇猿まわし劇場での、芸人さんの軽妙なトークとお猿さんの愛嬌たっぷりの芸で、本当に楽しい旅の思い出ができました。 


 青海島育ちのマーくん
posted by 青海島育ちのマッサン at 18:00| 山口 ☀| Comment(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月21日

熊本県阿蘇市・阿蘇神社の旬の景色

 今日の旬の景色は、先日旅行してきました熊本県・大分県・福岡県の中から、熊本県の阿蘇神社を、ご案内致します。

 阿蘇神社に参拝しました時は、朝からの雨も上がり、薄日もさす天気で参拝日和となりました。

 阿蘇神社は古代から肥後一の宮と言われたそうで、この地方の地名も一の宮町となっています。創立は紀元前282年と伝えられており、神武天皇の孫、健磐龍命(たていわたつのみこと)ほか阿蘇国造りの神々を祀っているそうです。

 現在は広い境内に江戸時代末期に再建された社殿や楼門があります。特に大楼門は神社ではめずらしい二層式屋根の楼門となっており、日本三大楼門のひとつとされているようです。

 また、境内には高砂の松(えんむすびの松)があります。・・・一千年の歴史ある松だそうです。「縁むすびの願い事には特に効能あり」とされてきた松で、良縁を望む方は祈願してみると、きっと良い結果がでるとのこと・・・信ずる者は救われますよ!



 参道と大鳥居・・・阿蘇神社は参道が拝殿に向かわずに、阿蘇山(高岳/中岳)に向かって拝殿を横(西方)に真っ直ぐ南方に伸びています。

参道・鳥居.jpg



 阿蘇神社・石碑・・・隣に熊本のお神酒が奉納されていました。

阿蘇神社・石碑.jpg



 大楼門・・・日本三大楼門の一つ・・・十二脚唐門様式で、俗に二層楼山門式といわれ、高さ21 mの2階建になっています。

楼門.jpg



 大楼門の大しめ縄・・・迫力があります。

楼門・大しめ縄.jpg



 阿蘇神社・神殿・・・神話伝説、歴史等を感じさせます。

神殿.jpg



 高砂の松(えんむすびの松)・・・ありがたい松です。

高砂の松・えんむすびの松.jpg



 絵馬・・・各種願い事の絵馬がいっぱいてした。

絵馬.jpg



 花婿・花嫁・・・丁度タイミング良く、神前結婚式が終ったところで、気持ちよく撮影させていただきました。・・・末永くお幸せに・・・青海島にも来てくださいね。・・・青海島育ちのマーくんもお待ちしています。

花婿・花嫁.jpg


 青海島育ちのマーくん


 
posted by 青海島育ちのマッサン at 19:26| 山口 ☁| Comment(0) | 九州 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする